中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: インド

1: アイアンクロー(茸) [US] 2020/05/10(日) 22:20:54.82 ● BE:271912485-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
中印両軍、国境で殴り合い
2020年05月10日20時36分

 【コルカタ(印)ロイター時事】インド国防省は10日、北東部シッキム州の中国との国境で、小規模な衝突が発生したと発表した。国防省は詳細を明らかにしていないが、インド紙ヒンドゥスタン・タイムズによると、騒ぎが起きたのは9日で、両軍総勢150人の殴り合いになった。軍関係者は同紙に、インド軍4人、中国軍7人が負傷したと語った。

 国防省の声明は「双方からの攻撃的な振る舞いで若干の軽傷が生じた。現地レベルで話し合い、双方を引き離した」と述べている。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020051000226&g=int

画像
no title

続きを読む

1: ひよこ ★ [CA] 2020/04/28(火) 11:06:05.37 _USER9
https://www.sankei.com/world/news/200428/wor2004280003-n1.html
2020.4.28 07:02

no title

27日、インドのニューデリーにある医療キャンプで、感染対応にあたる医療従事者ら(AP)


 インド保健当局は27日、新型コロナウイルス感染後にできる抗体を調べるため中国の2社から調達した検査キットを返却する方針を明らかにした。インド医学研究評議会が「精度のばらつきが大きい」として、地方の当局に使用中止を要請した。地元メディアが伝えた。地元メディアによると、インド政府は50万キット以上を調達。地方の当局が使い始めたが、検出数が少ないといった報告があり、医学研究評議会が精度を調べていた。

 抗体検査は無症状感染者も含めて感染歴を調べることになるため、地域の感染状況の把握につながり、外出自粛などの政策判断に使える可能性があるとされている。米ニューヨーク州や中国・武漢市などで実施されたが、精度が不十分との指摘も出ていた。(共同)

続きを読む

1: みつを ★ 2020/03/03(火) 19:27:11.39
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56334300T00C20A3MM8000/

中国、日本入国者の隔離発表 インドはビザ無効に
2020年3月3日 18:58


【北京=多部田俊輔、ニューデリー=馬場燃】中国の上海市や北京市は3日、新型コロナウイルスの感染が逆流するのを防ぐため、日本から入国した駐在員や旅行者らに14日間の自宅待機や外出制限などの隔離を求めることを決めた。インドも日本人などに事前発給したビザを無効にし、渡航を一時停止すると発表した。日本企業の海外事業運営に大きな支障が出そうだ。

上海市政府は自宅隔離の対象国を明らかにしていないが、在上海日本総領事館は「日本から上海への渡航者は3日以降、自宅や指定施設で14日間隔離することを求められた」と明らかにした。上海の在留邦人は2018年時点で4万人を超える。日本の大手メーカーの上海法人幹部は「中国に戻ろうとしていた駐在員の自宅隔離は工場再開を遅らせる可能性が高い」と危機感を示す。

北京市政府は3日の記者会見で日本、韓国、イタリア、イランの4カ国から入国したすべての渡航者を対象に自宅隔離などを求めると発表した。これまでは日本を名指していなかったが、国名を明示することで外出制限などの管理が厳しくなる可能性がある。

インド保健・家族福祉省は3日、日本、韓国、イラン、イタリアの4カ国を対象にインド大使館が発給済みの通常ビザを保有していても、未入国の場合は渡航を一時停止すると発表した。入国時に空港で発給する「到着ビザ」などは2月末から制限していたが、対象を広げる。2月1日以降に4カ国を訪れた外国人の入国も制限する。

続きを読む

1: みつを ★ 2019/06/03(月) 22:06:35.67
スクリーンショット 2019-06-03 22.52.15

BREAKING: Indian air force plane has gone missing near border with China

https://twitter.com/spectatorindex/status/1135532378703556609?s=21
2019/06/03 

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2019/02/19(火) 17:22:30.45 ● BE:448218991-PLT(14145)
1

インド洋の島国モルディブで中国一辺倒の外交政策や独裁的な政治手法をとってきた前大統領が
在任中のリゾート開発に絡み資金洗浄を行った疑いなどで逮捕されました。

モルディブのヤミーン前大統領は在任中の去年、民間企業がリゾート開発に絡んで政府から不正に
取得した100万ドル、日本円でおよそ1億1000万円を自身の銀行口座に移し、資金洗浄を行った
疑いや裁判で有利な証言をするように証人を買収しようとした疑いが持たれていて、1
8日逮捕されました。ヤミーン前大統領はいずれも容疑を否認しているということです。

2013年に就任したヤミーン前大統領は中国の巨額な資金によるインフラ整備を推し進めるなど
中国一辺倒の外交政策を貫くとともに野党指導者らを次々と逮捕するなど、独裁的な政治手法で
知られ、去年9月の大統領選挙で再選を目指しましたが、インドとの関係を重視するソリ大統領に
敗れていました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190219/k10011820201000.html

続きを読む

↑このページのトップヘ