中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 欧米

1: アルカリ性寝屋川市民 ★ 2018/10/06(土) 07:10:44.37 _USER9
中国の台頭で世界各国に変化が起きている。それは小さな友好国スイスも例外ではない。中国から干渉されていると感じるスイスの政治家は多く、スイス企業は次々と中国資本に買収されている。スイス国内では連邦政府が妥協ばかりしているとの批判が高まっている。

バーバラ・ギジ下院議員(社会民主党)には気がかりなことがある。連邦議会議員数人が今春、自身が提起する調査要求他のサイトへへの署名を拒否したが、その理由が中国への懸念だったのだ。「ベルンの中国大使館から電話が来るのを恐れたり、中国との関係を安易に傷つけたくなかったりしたのだ」とギジ氏は語る。この調査要求は当り障りのない内容だっただけに、署名を拒否した議員の態度は腑に落ちなかったという。

調査要求の内容は、1991年以降にスイスと中国が「内密に」行った人権を巡る会談の評価だ。連邦政府には会談の影響評価と報告書の公表を求めている。

一連の会談は今年6月に16回目を迎えた。連邦外務省のプレスリリース他のサイトへには毎回、対中会談は「国内外の人権問題についてオープンかつ互いに批判的な議論」が行われたと記載されている。

これらの会談の成果については議論が割れている。非政府組織(NGO)は以前から会談の内容についてより詳細な情報を開示するよう要求しているが、国は前述の文言を繰り返すばかりだ。例えば、スイスと中国が2013年に締結した自由貿易協定では人権に関する規定が盛り込まれず、批判が上がったときも国は同様の対応を取った。

中国大使館はスイスの連邦議会議員に政治的圧力をかけようとしているのだろうか?「それはあり得る」と、クリスタ・マルクヴァルダー連邦議会議員(急進民主党)は語る。国民議会(下院)の外務委員会で委員長を務めていた8年前、単純な質問書が問題になった。「この質問書を議題に上げないようにと電話で頼まれた。そこで私はスイスの民主制度が中国とは全く違うことを説明した」

特にチベットに関して中国に冗談が通じないことは、連邦情報機関も認識している。同機関は2016年版状況報告書他のサイトへで「強大化する中国と世界大国の台頭」を重点にページを割いた。それによると、スイスが中国の「自信にあふれ、挑戦的な態度」を目の当たりにするのは特に亡命チベット人のコミュニティーに関してだ。「中国はダライ・ラマ14世の公式歓迎を今や全く容認しておらず、公式歓迎が行われる場合には遡及的に様々な措置を講ずると警告している」という。

ダライ・ラマ14世、9月に15回目のスイス訪問
訪問のきっかけは、チューリヒ州リコンのチベット協会が設立50周年を迎えたことだった。この協会はチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の委託を受けて設立されたアジア以外で唯一の修道院。スイス連邦政府は2005年以降、現在83歳のダライ・ラマ14世を公式歓迎しておらず、チベット人コミュニティーがこの点を繰り返し批判している。連邦政府は対立をあおりたくない点と、頻繁にある訪問を不必要に政治問題化したくない点をその理由に上げている。

法治国家スイスに反する中国の振る舞い
スイス国内に中国の影響が及んでいると感じるのは政治家だけにとどまらない。スイス被抑圧民族協会と複数のチベット人団体は最近、スイス連邦政府と連邦議会に対し、スイス在住チベット人の権利保護を強化するよう請願書を提出した。

いくつかのNGOは今春、自由貿易協定がチベット人コミュニティーに与える影響を分析した報告書を発表。それによると、スイスのチベット人コミュニティーは協定締結後、「中国の権力誇示」をより一層肌で感じるようになった。

その例が中秋節で起きた出来事だ。中秋節は中国で祝われる行事で、14年秋にバーゼルで催しが行われた。当時の中国大使があいさつのスピーチをしているときに、欧州チベット青年協会のメンバー多数が中国のチベット占領に反対の声を上げようとした。しかし中国側の警備員は活動家たちが手に持っていたプラカードを取り上げ、女性1人を地面に押し付けた。
https://youtu.be/yL1FnYRLEdo




※長いので続きはソースで 2018-10-05 08:30 
https://www.swissinfo.ch/jpn/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%AE%E5%8F%B0%E9%A0%AD_%E5%A4%E4%BA%A4%E5%B9%B2%E6%B8%89-%E7%9B%B8%E6%AC%A1%E3%90%E8%B2%B7%E5%8F%8E-%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%A8%E3%AE%E4%BB%E3%8D%E5%88%E3%84%E6%B9%E3%92%E6%A8%A1%E7%B4%A2%E3%99%E3%8B%E3%B9%E3%A4%E3%B9/44451244

続きを読む

1: みつを ★ 2018/09/29(土) 00:49:48.46 _USER9
1

EUが対アジア新戦略立ち上げへ、中国の「一帯一路」に対抗
2018年9月28日 22:26 
発信地:ブリュッセル/ベルギー [ ベルギー ヨーロッパ 中国 中国・台湾 ]

【9月28日 AFP】中国の習近平(Xi Jinping)国家主席が掲げる大経済圏構想「一帯一路(One Belt One Road)」に対する疑念が高まる中、欧州連合(EU)は他国に返済不能な融資を負わせないことを売りとした、アジア向けの代替戦略を立ち上げようとしている。

 EU加盟国は来月開催されるアジア欧州会議(ASEM)の首脳会合に合わせ、交通や物流、デジタルやエネルギー資源調達網の整備を強化し、環境や労働基準の導入の推進も目的とした新たな「アジアとのつながり戦略」を策定する見通しだ。

 EUは対アジア新戦略について他の国や組織を意識したものではないと主張しているものの、中国が融資する巨額の資金によって各国に鉄道や道路や港湾を建設する「新シルクロード構想」は、一時の輝きを失いつつある。

 EUのフェデリカ・モゲリーニ(Federica Mogherini)外交安全保障政策上級代表(EU外相)によると、この新戦略は数か月前からアジア各国と協議が進められており、多くの国が「欧州流の考えに関心を示している」という。

 モゲリーニ氏は記者会見で、「われわれの構想は地域社会に雇用を創出し、経済成長を実現し、そして地域の利益となることを目的としている」「この構想が他のものと違いがあるのかについてあえて言うつもりはないが、これはわれわれ独自の案だ」と述べた。

 欧州委員会(European Commission)のジャンクロード・ユンケル(Jean-Claude Juncker)委員長はこれまで、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の「米国第一主義」のみならず、アジア・アフリカへの中国の積極的な関与にも対抗できるよう、EU経済の影響力に見合ったさらに力強い外交戦略を推し進めるよう呼び掛けていた。

 オランダのクリンゲンダール研究所(Clingendael Institute)に所属するEU・アジア関係の専門家、マーイケ・オカノヘイマンズ(Maaike Okano-Heijmans)氏によると、中国のソフトパワー戦略への対応の遅れについて一部でEUを批判する声も上がっており、新たな戦略は「非常に重要な一歩」だという。

 オカノヘイマンズ氏は「中国の資金力に対抗できるものはいない」としながらも、EUの対アジア戦略について「未来の展望がないと批判されることはもうない。問題はいかにしてこれを一部の国の真の代替案とするかだ。この構想には資金が必要だ。とにかくたくさんの資金がかかる」と指摘した。

■負債、そして「デジタルシルクロード」への懸念
リンク先に続きあり
(c)AFP/Damon WAKE
http://www.afpbb.com/articles/-/3191373?cx_part=latest 
 

続きを読む

1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/23(日) 12:13:15.15 _USER
no title

▲「大便禁止」のポスター(別ソース:観察者網)
no title

▲台湾とチベットの一部が表示されていない中国地図(別ソース:観察者網)
no title

▲「助けて」と叫ぶ中国人親子(別ソース:観察者網)

2018年9月22日、中国メディアの観察者網によると、在スウェーデン中国大使館の報道官は同日、スウェーデン・テレビが21日夜に放送したニュース番組について、内容や司会者の発言が中国と中国人に対する侮辱・攻撃に当たるとして、同テレビ局に対し「強く抗議」したことを明らかにした。

番組内で使用された中国地図にチベットや台湾が描かれていなかったほか、司会者が中国人を差別するような発言をしたという。報道官は「人類が道徳的に許せるラインを超え、良心に挑戦するものであり、メディアの職業倫理に著しく違反している」と非難した。

最近、中国とスウェーデンの対立が激化している。スウェーデンの首都ストックホルムで先日、地元警察が中国人観光客を粗暴に扱ったとして、中国政府がスウェーデン政府に抗議する事態に発展していた。(翻訳・編集/柳川)

ソース:レコードチャイナ<スウェーデンのテレビ局が中国を侮辱=中国大使館が抗議「道徳的に許せるライン超えた」>
https://www.recordchina.co.jp/b647186-s0-c10-d0054.html

関連記事:観察者網(中国語) 22日、在スウェーデン中国大使館の報道官は、スウェーデン・テレビが21日夜に放送した
https://www.guancha.cn/politics/2018_09_22_473057.shtml

関連スレ:【中国】 暴力を受けた様に演技する親子~ルール無視の中国人観光客をスウェーデン警察が追い出し(動画)[09/18]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1537265803/

続きを読む

1: みつを ★ 2018/07/05(木) 00:43:56.54 _USER9
スクリーンショット 2018-07-05 17.38.50

https://www.sankei.com/smp/world/news/180705/wor1807050002-s1.html

「中国と手を携えて試練に向かい合うべき」 中国首相がEU委員長との電話会談で対米結束呼びかけ
2018.7.5 00:13

 中国メディアによると、中国の李克強首相は4日、欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長と電話会談した。李氏は保護主義色を強めるトランプ米政権への対応を念頭に「国際情勢は複雑で単独主義や保護主義が台頭している。中国とEUは手を携えて試練に向かい合わなければならない」と述べ、結束を呼び掛けた。

 中国とEUは今月中旬に北京で首脳会談を実施する予定で、李氏は投資協定の締結交渉の推進や気候変動問題での協力を確認したいとの考えを示した。ユンケル氏は「多国間主義と自由貿易を支持するために中国とともに力強い声を発していきたい」と応じた。(共同)

続きを読む

1: カプチーノ ★ 2018/07/02(月) 22:31:17.60 _USER9
カナダ東部のオンタリオ州トロント市の中国系団体が今年10月に「南京大虐殺犠牲者記念碑」の建立を目指していることが1日、分かった。
中国系住民が多く居住するトロント市近くのリッチモンドヒル市にある、私営墓地に設置する計画だ。
また、西部バンクーバーでは中国系国会議員が、旧日本軍が1937(昭和12)年に中国・南京を占領した12月13日を「南京大虐殺記念日」に制定するようカナダ政府に求める署名運動を始めた。
カナダを舞台にした歴史戦の動きが活発化していることは、日本政府も把握している。

記念碑設置計画は「トロント華人団体連合総会」と「カナダ中国洪門(フリーメーソン)民治党トロント支部」が6月21日にトロント市内で記者会見し、発表した。
記念碑は1冊の本の形(高さ3・72メートル、長さ9・2メートル、幅4・88メートル)で、「黒く重い歴史」の象徴とするため黒っぽい大理石か花崗岩を使用する予定だ。
記念碑設置は昨年9月から検討され、将来的には「南京大虐殺犠牲者記念館」設立の構想もあるという。

設置場所は公園内も検討したとされるが、日本政府などが欧米で慰安婦像を公用地に設置する動きを阻止するケースが相次いだこともあり、許可を得ることが難しいと判断したようだ。

トロント華人団体連合総会は85年に創立され、多くの中国系団体を傘下に収めているとされる。
中国政府との関係も強く、中国政府の「工作機関」と呼ぶ現地メディアもある。

同会の前主席と現主席は中国福建省出身で、いずれも97年以降にカナダに移住した。
日中関係筋は、今回のような移住者が日本との歴史問題に積極的に関与する背景について
「中国共産党下で教育を受けた海外移住者の中国への愛国心と、ビジネスのために中国政府と良好な関係を結んでおきたいという思惑がある」と分析する。

一方、カナダ西部ブリティッシュ・コロンビア州のバンクーバーでは、州選出の国会議員、ジェニー・クワン氏が今年5月から「南京大虐殺記念日」制定の署名活動を始めた。
クワン氏は昨年11月の連邦議会で、いわゆる「南京大虐殺」に言及し、カナダの反日団体「カナダALPHA」の活動をたたえていた。

記念日制定の動きは一昨年からオンタリオ州や中部マニトバ州の議会で起きていたが、現地での反対活動などによって順調に進んでいない。
現地紙などによると、クワン氏は今年10月までに10万人以上の署名を集め、カナダ政府に記念日制定を求める考えだという。
記念日制定に反対する現地の日本人たちは危機感を強めている。


2018.7.2 11:56
産経ニュース
https://www.sankei.com/world/news/180702/wor1807020015-n1.html

続きを読む

↑このページのトップヘ