中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 香港

1: ジョフロイネコ(東京都) [US] 2019/09/29(日) 16:53:18.59 BE:123322212-PLT(13121)
スクリーンショット 2019-09-29 20.42.21

 香港で、デモ隊が身に付けている黒いマスクやTシャツなどが、中国本土から香港に輸出できなくなっていることが、JNNの取材でわかりました。

 中国現地の複数の企業が商品を香港に輸出できないと話していて、一部企業は日本や台湾、東南アジアへの輸出も止められて、迂回輸出もできないということです。

 デモ隊が着用するものを事実上、輸出禁止にし、抗議活動の鎮静化を図る狙いがあるとみられます。
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3790750.html

続きを読む

1: バーミーズ(東京都) [US] 2019/09/22(日) 13:44:39.47 BE:123322212-PLT(13121)
AS20190921001777_commL

 香港政府が、デモの際に参加者がマスクなどで顔を覆う行為を制限する「覆面禁止法」の制定を検討している。
過激化した一部のデモ隊を牽制(けんせい)する狙いがあり、中国側も立法化を後押ししている。
香港の民主派は、デモは国外に比べて平和的だと主張し、政府の動きに反発している。

混沌招いた、香港政府の初動ミス 民主派の照準は警察へ
 香港で続くデモでは、最前線で警察と対峙(たいじ)する参加者たちが、ゴーグルや防毒マスクなどで顔を覆っていることが多い。
警察が撃つ催涙弾への対策のほか、自身の顔を警察に撮影され、後に拘束されないようにするためだ。

 香港政府高官は今月中旬、立法化に向け検討を進めていると表明。中国共産党機関紙の人民日報海外版は18日、
「香港政府はためらうな」と早期制定を呼びかける評論を掲載した。香港メディアによると、欧州の国々や米国の州には、
覆面によるデモを禁止する法律があるという。

https://www.asahi.com/articles/ASM9P35CVM9PUHBI013.html

続きを読む

1: みつを ★ 2019/09/11(水) 01:57:12.82
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190910/k10012074721000.html

ドイツ外相 香港民主派団体幹部と面会 中国反発
2019年9月10日 21時59分香港 抗議活動

ドイツのマース外相が抗議活動が続く香港の民主派団体の幹部と面会し、中国外務省は「分裂分子を使って政治的なショーを行うのは間違いだ」と述べ、ドイツに対し強く反発しました。

香港の民主派団体「香港衆志」の幹部の黄之鋒氏は、9日、香港で続く抗議活動への支持を呼びかけるためドイツを訪れ、マース外相とも面会しました。

黄氏は、5年前に香港で行われた抗議活動「雨傘運動」を主導し、今回の抗議活動でも違法な集会への参加を扇動したなどとして先月、起訴されたほか、保釈後の今月8日にも一時拘束されていました。

面会に先立ち、マース外相は9日、「黄氏が自由の身となったことはよい兆候だ。表現の自由は基本的な原則で、いかなる制約もあってはならない」とツイッターに投稿し、抗議活動に理解を示していました。

中国外務省の華春瑩報道官は、マース外相の面会について記者会見で「断固たる反対を表明する」としたうえで「中国の分裂分子を使って注目を集め政治的なショーを行うのは大きな間違いだ」と述べ強く反発しました。

また、ドイツのメルケル首相が先週、中国を訪問したばかりだと指摘したうえで「マース外相が両国関係の発展に役立つことをし関係を破壊しないよう促す」と述べ、香港の問題に干渉しないよう要求しました。

黄氏「香港は冷戦時代のベルリン」

ドイツの首都ベルリンを訪れている香港の民主派団体「香港衆志」の幹部の黄之鋒氏は、9日、「私たちは自由な世界か、中国の独裁かという瀬戸際に立っている」と述べ、香港市民の自由や民主主義、それに人権が脅かされていると改めて強調しました。

そのうえで、黄氏は「香港は冷戦時代のベルリンと同じだ」と述べて、香港を東西に分割されていたころのベルリンにたとえながら、抗議活動への支持を呼びかけました。

no title

続きを読む

1: みつを ★ 2019/09/04(水) 20:04:17.46
【香港】条例撤回も周庭(アグネス・チョウ)氏「遅すぎた、これからも戦い続けます」

2019/09/04

周庭氏ツイート
https://twitter.com/chowtingagnes/status/1169188064066846721?s=21

条例の撤回は喜べません。遅すぎました。

この3ヶ月間、8人が自殺。
3人が警察の暴力によって失明。
2人がナイフを持つ親北京派に攻撃され、重傷。
1000人以上逮捕。
100人以上起訴。
怪我した人は数えきれないです。

私たちは、5つの要求を求めています。これからも戦い続けます。
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

続きを読む

1: みつを ★ 2019/08/26(月) 00:05:45.67
https://mainichi.jp/articles/20190825/k00/00m/030/336000c

香港警察、実弾初めて発砲 けが人なし 「デモ隊に襲われ危険」理由に
毎日新聞 2019年8月25日 23時11分(最終更新 8月25日 23時29分)

 政府への抗議活動が続く香港で25日夜、再び警官隊とデモ隊が激しく衝突した。香港の公共放送RTHK(電子版)は警察当局者の話として、警官が実弾を撃ったと報じた。警察側は「警官が襲われ、命に危険が及んだため」と説明しているという。「逃亡犯条例」改正案を巡り6月初旬にデモが本格化して以降、警察が実弾を撃つのは初めて。

 RTHKなどによると、郊外の荃湾地区で午後8時過ぎ、複数の警察官が若者らに殴られるなどし、応援で駆…
この記事は有料記事です。
残り223文字(全文430文字)

25日、香港の路上でデモ隊と衝突する警官=AP
no title

続きを読む

↑このページのトップヘ