中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: ウイグル

1: ミントソーダ ★ 2019/09/03(火) 13:26:05.71
2019年8月29日
no title


一部抜粋 詳細はリンク先で

Unknown pills and forced injections.

Those are not fictional horrors from scary movies, but the reality many Uighurs in mass arbitrary internment are faced with today in China.

In Xinjiang, human rights abuses against Uighur women and children abound.

Uighurs, a predominantly Turkic-speaking ethnic minority in Xinjiang, are being seriously repressed by the Chinese government. Since 2017, more than 1 million Muslim minorities, including Uighurs, have been taken to detention without any proper trials.

Detainees are forced to show their loyalty to the Chinese Communist Party and deny their Islamic faith. Forced labor and torture are common.

Uighur women testify to the horrors they have endured, including new reports of forced sterilization. One Uighur woman interviewed by French television said she was constantly injected with a substance during her detention that stopped her periods.

https://abcnews.go.com/International/nightline-granted-rare-tour-chinese-vocational-centers-muslim/story?id=65248173
https://s.abcnews.com/images/International/mihrigul-tursun-abc-ay-190828_hpEmbed_16x9_992.jpg
"I am not a terrorist," Tursun said she had told Chinese authorities numerous times while being detained.


参考
マンガ「私の身に起きたこと」~とあるウイグル人女性の証言~
https://1kando.com/138616?fbclid=IwAR25BL3VwJXOM8fSThr-DGAn6LJfCNhXqjXHzZofQSn5UOTLHoEhvrkpWO4#Rap2Yqt.twitter_responsive
https://pbs.twimg.com/media/EDSKVnUUEAA_kow.jpg

続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2019/07/15(月) 15:46:39.68
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190715-00000008-jij-cn
 100万人以上のウイグル人が「強制収容所」で不当に拘束されているとされる中国新疆ウイグル自治区の現状はどうなっているのか。
強制収容所では拷問が横行し、在日ウイグル人が海外報道や関係者証言を集計したところ「施設内の死者は100人を超える」との情報もある。
在外ウイグル人は「中国当局は中国人と違う文化を消し、われわれを中国人にしようと狙っている」と絶望感を強める。

◇わが子亡くした女性証言
 2009年にイスラム教徒の少数民族ウイグル族と漢族が衝突し、多数の死傷者が出たウルムチ騒乱から10年を迎え、明治大(東京都千代田区)で
ウイグル人の証言を聞く集会があった。
インターネットを通じて映像で登場した米国在住のウイグル人女性、メヒルグル・トゥルスンさん(29)は15年、滞在先のエジプトから
生後45日の三つ子とともに里帰りした際、ウルムチ空港で突然拘束された。子供と引き離され、強制収容された。

「暴力や電気ショックを受け意識を失い、注射や正体不明の薬を投与され、記憶力がなくなった。施設内で9人の女性が死亡したのを目の当たりにした。
子供が重体と言われて仮釈放された際、三つ子のうち一人は遺体で引き渡された」。
18年まで計3回収容されたが、子供がエジプト国籍だったため同国政府の働き掛けで奇跡的に出国できた。

施設内では習近平国家主席の長寿を祈らされ、「共産党は神様だ」と強要された。
トゥルスンさんの家族・親族26人も拘束され、同じウイグル人の夫は、消息不明になった妻を捜そうとエジプトから新疆に入ったが、
ウルムチ空港で拘束され、懲役16年の判決を受けた。

◇家族と連絡取れない
 中国政府は、イスラム教の過激思想に染まるのを防ぐため職業訓練の名目で収容施設を自治区の各地に設立。
これに対して米国務省は今年3月、中国当局がウイグル人80万~200万人以上を拘束し、「宗教や民族の独自性を消去しようとしている」と非難している。

 ウイグル問題を研究し、明治大での集会を企画した同大商学部の水谷尚子准教授は
「強制収容所の拡大が伝えられたのは16年から。以降、規模は爆発的に拡大している。
ウイグル人には火葬の習慣がないのに、17~18年には収容所近くに9カ所の大規模火葬場が建設された」と指摘する。

 水谷氏や在日ウイグル人によると、中国当局は16年、ウイグル人に対して従来厳格だったパスポート発券要件を緩和。
多くのウイグル人が新疆から海外旅行などに出掛けたが、17年に入ると一転、海外に行ったり、海外に家族・親族がいたりするウイグル人が
一斉に強制収容所に連れて行かれた。海外の「テロ勢力」に関係していると主張し、不当拘束の口実にしている可能性がある。
在日ウイグル人の多くも、家族が強制収容所に入れられ、「連絡が取れなくなっている」という。
職業訓練など不必要なはずの学者や企業家、文化人らが多く収容されているのは、中国当局がウイグル知識人に警戒を強めている表れだ。

 このほか新疆ではウイグル人家庭に中国当局者が監視のため寝泊まりしたり、イスラム教徒向けの「ハラル食堂」が閉鎖されたりしている。
子供が両親から離れ、寄宿学校に入り、中国語と中国文化を集中的に学ばされるケースも拡大。
新疆から「ウイグル」は消し去られようとしている。
スクリーンショット 2019-07-15 22.13.30
 

続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2019/07/14(日) 14:32:36.84
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190713-00000024-jij_afp-int
 中国・新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)におけるウイグル人や他の少数民族への処遇をめぐり、
日本や欧米諸国などが今週、国連人権理事会(UN Human Rights Council)に中国を非難する書簡を提出した。
これを受けて今度は、37か国の国連大使らが12日、中国の対応を擁護する書簡を公開した。

 同自治区では、主にウイグル人ら100万人が収容施設に拘束されていると伝えられており、欧州連合(EU)各国や、オーストラリア、カナダ、
日本、ニュージーランドの大使らは今週、中国の処遇を非難する文書に署名していた。

 これに対し、ロシアやサウジアラビア、ナイジェリア、アルジェリア、北朝鮮など、37か国のグループは12日、中国政府に代わって共同書簡を公開。
ミャンマーやフィリピン、ジンバブエなども署名した。

この書簡には、
「われわれは、人権の分野における中国の顕著な成果をたたえる」
「テロリズムや分離主義、宗教の過激主義が、新疆の全ての民族に多大なダメージをもたらしていることにわれわれは留意している」と記されている。

国連人権理事会では通常、各国が非公開の席で交渉し、公式決議を作成しようとするため、公開書簡の形で応酬する事態は珍しい。
スクリーンショット 2019-07-15 10.23.29


続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2019/07/05(金) 23:55:22.00
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00010007-nishinpc-int
 中国新疆ウイグル自治区で2009年に起きた少数民族、ウイグル族の「ウルムチ暴動」から5日で10年。
中国政府の厳しい抑圧から逃れ、日本に渡ったウイグル族の人たちは家族の安否すら分からず、不安な日々を過ごしている。
民族の危機に焦燥する在日ウイグル族の今を報告する。

 「弾圧やめろ」「家族を返せ!」。
最後は絶叫だった。6月29日、20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に合わせて大阪市で行われた中国政府への抗議デモ。
イリハム・マハムティさん(49)は約70人の同胞とともに声を張り上げた。
2001年に来日し、08年に日本ウイグル協会を設立した。デモや講演を通じてウイグル族の現状を訴える活動を行ってきた。
中国の新疆ウイグル自治区には母と妹が暮らす。最後に電話で話したのは17年4月。
母は「何かあったらこっちからかけるから」と素っ気なかった。2カ月後、米国籍の親戚が実家を訪ねた。
母は親戚に「息子から電話があると、2カ月は静かな生活ができなくなる」と話したという。

 国際電話がかかれば、すぐに警察が来る。中央政府の情報機関も来る。入れ代わり立ち代わり何度も来て、しつこく尋問する。
「息子は何を話したか」「おまえは何を話したのか」
最後の電話から2年余り。母と妹の近況は分からない。「外国に住むウイグル人は皆、同じ状態。古里の家族に迷惑が掛かるから、連絡もできない」

    ■   ■

 協会によると、日本で暮らすウイグル族は約3千人。中国の抑圧政策は日本での生活も脅かしている。
デモに参加した20代の男性は17年夏、留学先の大学を除籍になった。実家からの送金が途絶え、学費が払えなくなったためだ。
14年に来日し、日本語学校を経て大学へ。学費は姉が送金してくれていた。
ところが国外に送金したことを理由に姉の身分証が突然、無効に。中国では身分証がなければ生活できない。実際に住居も追い出された。
その後、身分証は再発行されたが、姉は「もう送金できない」と伝えてきた。

 男性は周囲の援助でいったんは復学できたが送金は復活せず、今年2月、再び除籍に。留学ビザも無効になった。
「でも帰国はできない。帰れば外国に行ったことがあるだけで収容所に送られる」と日本での難民申請に希望を託す。

 徳島大大学院の留学生サウティ・モハメドさん(41)は日本で働き、いずれ日本国籍を取得するつもりだった。
だがパスポートの期限が22年に切れる。この状況で中国大使館に行っても「帰国を迫られるだけ」。
まだ学生のサウティさんに日本国籍取得は困難だ。残るは難民申請しかないが、昨年の難民申請者1万493人に対し、在留が認められたのは82人。
狭き門に不安は大きい。

    ■   ■

 デモに参加した在日ウイグル族の多くは顔全体をお面で覆っていた。イリハムさんは「中国当局も怖いが、勤め先の会社に知られるのも怖い」と話す。
在日ウイグル族の勤め先は中国と取引がある場合が多い。そのため、会社は従業員がデモなどに参加するのを嫌がるという。
それでも抗議活動への参加者は急増している。
「以前は日本人支援者ばかりでウイグル人は数人だった。それが昨夏の東京でのデモには約150人が集まった」とイリハムさん。

 それは民族が置かれた状況への危機感の表れだ。デモに参加した20代の女性は語った。
「家族のことを考えれば抗議活動に加わるのは怖い。でも私たちが黙れば中国政府が喜ぶだけ。今はウイグル人全体が家族。声を上げ続けるしかない」


スクリーンショット 2019-07-06 10.34.17


続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2019/06/28(金) 21:20:10.40
https://www.afpbb.com/articles/-/3232609
 20か国・地域(G20)首脳会議の開幕を翌日に控えた大阪で27日、在日ウイグル人らが中国によるイスラム系少数民族弾圧に対する抗議デモを行った。

ウイグル人がかつて独立を宣言した「東トルキスタン・イスラム共和国」の旗や日章旗を掲げ、道路を行進する一幕もあった。
スクリーンショット 2019-06-29 10.39.14
 

続きを読む

↑このページのトップヘ