中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 北朝鮮

1: ばーど ★ 2018/06/19(火) 11:26:22.91 _USER9
スクリーンショット 2018-06-19 13.39.22

中国の国営メディアは北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が19日と20日の2日間中国を訪問すると伝えました。

NHKの取材班は、日本時間の19日午前11時ごろ、北京の空港に、北朝鮮の専用機が到着したのを確認しました。

この機体は旧ソビエト製のジェット旅客機、イリューシン62型でキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の専用機と同じ機体で、キム委員長が乗っていたものとみられます。

北京の空港などでは現在、警察による厳重な警備体制がしかれています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180619/k10011485061000.html?utm_int=all_contents_just-in_001

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [US] 2018/06/14(木) 07:28:38.77 ● BE:201615239-2BP(2000)
 12日の米朝首脳会談で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長がトランプ
米大統領に対して「安倍晋三首相と会ってもよい。オープンだ」と述べていたことが13日、
分かった。これを受け、日本政府は日朝首脳会談の本格調整に入った。安倍首相は14日に拉致
被害者家族と首相官邸で面会を予定しており、ここで拉致問題解決に向けた交渉方針を説明する意向だ。

 複数の政府関係者が明らかにした。金氏の意向については12日中に米政府から複数のルート
で日本政府に伝達されたという。

 米朝首脳会談で、トランプ氏は「完全な非核化を実現すれば経済制裁は解くが、本格的な経済
支援を受けたいならば日本と協議するしかない」との旨を金氏に説明。その上で「安倍首相は
拉致問題を解決しない限り、支援には応じない」と述べたとされる。

 この説明を受け、金氏は、安倍首相との会談に前向きな姿勢を示したという。会談中に北朝鮮
側は「拉致問題は解決済み」という従来の見解は一度も示さなかったという。

 政府関係者によると、水面下の米朝折衝でも、北朝鮮側は日朝協議に前向きな姿勢を示して
いたという。

 トランプ氏は米朝首脳会談後の記者会見で、拉致問題について「共同声明に盛り込まなかったが、
(会談で)取り上げた。安倍首相の最重要課題でもあるからだ」と説明。安倍首相は12日夜、
トランプ氏との電話会談後、拉致問題について「日本が北朝鮮と直接向き合い、解決していかね
ばならないと決意している」と述べた。

https://www.sankei.com/smp/politics/news/180614/plt1806140003-s1.html

続きを読む

45: スタス ★ 2018/06/12(火) 17:49:06.85 _USER9
1

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180612/k10011474951000.html?utm_int=all_contents_just-in_001 

「日本の拉致問題を取り上げた」トランプ大統領 
2018年6月12日 17時37分 

アメリカのトランプ大統領は、米朝首脳会談でキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長に対し日本の拉致問題を取り上げたことを明らかにしました。これはトランプ大統領がシンガポールで開いた記者会見で明らかにしました。 

このなかでトランプ大統領は「拉致問題は安倍総理大臣にとって大事な問題だ。この問題を提起した。彼らは取り組んでいく。共同声明には記されなかったが、取り組んでいくことになる」と述べました。 

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/06/12(火) 15:43:49.48 _USER9
1

6/12(火) 15:30配信

聯合ニュース

[速報]合意文書「正恩氏、朝鮮半島の完全非核化を約束」=AFP

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000082-yonh-kr

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/06/10(日) 16:21:32.62 _USER9
1

シンガポール紙のストレーツ・タイムズ(電子版)によると、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が10日午後2時(日本時間同3時)過ぎ、シンガポールのチャンギ国際空港に到着した。専用機ではなく、中国国際航空の旅客機を使用したとしている。
https://www.sankei.com/world/news/180610/wor1806100022-n1.html 

続きを読む

↑このページのトップヘ