中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 軍事

1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2019/01/05(土) 10:22:38.30 ● BE:601381941-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
中国、「すべての爆弾の母」を実験 国営メディア

【1月5日 AFP】中国国営メディアは、非核兵器として最強の威力を持つ爆弾、
通称「すべての爆弾の母(Mother Of All Bombs、MOAB)」の「中国版」の実験が行われたと伝えた。
MOABは米国でアフガニスタンが使った兵器の呼称。

国営兵器メーカー「中国兵器工業集団(Norinco)」のウェブサイトで公開された短い動画には、大型の爆弾が
平原に投下され、巨大な火の玉と黒煙が発生する様子が捉えられている。

国営新華社(Xinhua)通信は2日、ソーシャルメディア上でこの爆弾について初めて伝えた際、
「中国版の『すべての爆弾の母』」と表現。核兵器以外では最も強力な爆弾だと説明した。

爆弾は中国のH6K爆撃機から投下されたが、実験が行われた日や場所、爆発の規模に関する詳細は伝えられていない。

MOABは米国が保有する兵器の中でも、従来型の爆弾として最強の威力がある。同国は2017年、イスラム過激派組織
「イスラム国(IS)」が使っていたアフガニスタン東部のトンネル網を破壊するため、MOABを使用した。

中国国営タブロイド紙、環球時報(Global Times)は4日、軍事専門家の話として、中国が今回爆発させた爆弾は
全長が5~6メートルあるものの、米国のものより軽いと伝えた。一方、爆発の威力については、
「地上の防衛施設を容易に吹き飛ばす」ほど強力だとした。(c)AFP

no title


http://www.afpbb.com/articles/-/3205100

続きを読む

1: ばーど ★ 2019/01/03(木) 17:42:54.54 _USER9
https://twitter.com/XHNews/status/1080693793052024832
China Xinhua News?認証済みアカウント? @XHNews

What does the far side of the moon look like?
China's Chang'e-4 probe gives you the answer.
It landed on the never-visible side of the moon Jan. 3

no title

no title

no title


続きを読む

1: きつねうどん ★ 2018/12/31(月) 06:10:20.12 _USER
 【北京=中川孝之】中国国営新華社通信は30日、世界で初めて月の裏側への着陸を目指す無人探査機「 嫦娥 じょうが4号」が30日、予定していた月面軌道への進入に成功したと報じた。1月にも着陸を試みる模様だが、報道は着陸時期には触れていない。

 嫦娥4号は12月8日、運搬ロケットに搭載して四川省から打ち上げられた。新華社通信は、宇宙開発を担う国家航天局などの話として、嫦娥4号が12日に初めて月面軌道に乗り、30日朝、「月の裏側に着陸する準備のため」に別の軌道に進入したと伝えた。この軌道は月面から約15~100キロ・メートルを通っているという。

https://www.yomiuri.co.jp/science/20181230-OYT1T50068.html

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(禿) [ニダ] 2018/12/29(土) 00:21:00.01 BE:155743237-PLT(12000)
AI兵器開発、米中が火花 静まりかえった北米攻撃CG
2018年12月28日07時43分
https://www.asahi.com/articles/ASLDQ7JF6LDQUHBI029.html

中国で行われたドローンの飛行実験では、山腹から119機が次々と飛び立ち、AIが機体を制御して群集飛行をしてみせた
no title


赤土がむき出しになった中国の山あいを、ドローン(無人機)が鳥の群れのように舞った。
その数119。人工知能(AI)が機体を制御し、集結や分散を繰り返す。
攻撃目標を発見すると、2群の編隊に分かれてぐるりと取り囲んだ。
パイロットはいない。地上からの指示もない。

5月、中国の国有企業「中国電子科技集団」が開いたAI技術の発表会。
同社が世界記録と誇る固定翼ドローンの群集飛行実験のビデオが披露された。
「生物が群れをなすのは種の生存のため。ドローン群集は未来の戦争で勝利のかぎを握る」。

no title


映像ではこんな説明に続き、北米の地図が映し出された。「攻撃」の文字。
ここから先は架空のCG映像だが、人工衛星を通じて指令が送られ、
無数のドローンによる攻撃で高層ビルが立ち並ぶ都市が火に包まれた――。
発表会場に集まった軍や企業、大学関係者ら約300人は静まりかえったという。
no title


>2以降に続く

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/12/27(木) 23:22:50.39 _USER9
中国政府は、「中国版GPS」とも呼ばれる独自の衛星測位システム「北斗」について、27日から全世界で運用を始めたと発表しました。

中国の衛星測位システム「北斗」は、中国がアメリカのGPSに対抗して開発を始めたもので、2012年からアジア太平洋地域を中心に運用しています。

中国政府は、この1年で最新の衛星を19機打ち上げるなど、システムの構築を加速させていて、27日、全世界で運用を始めたと発表しました。全世界での運用は、当初、2020年ごろの開始を予定していましたが、事実上、前倒しした形です。

提供する位置情報の誤差については10メートル、アジア太平洋地域では5メートルとしていて、再来年までにさらに12機の衛星を打ち上げるなどして精度を高めるとしています。

中国政府で「北斗」を管轄する部門の冉承其報道官は27日の記者会見で「今後も性能を向上させて人類に貢献していく」などと述べて意欲を示しました。

中国政府は2030年までに世界の宇宙開発をリードする「宇宙強国」の仲間入りを果たすという目標を掲げていて、衛星測位システムのほかにも、独自の宇宙ステーションの建設計画などを進めています。

2018年12月27日 23時11分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181227/k10011762001000.html

続きを読む

↑このページのトップヘ