中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 軍事

1: ばーど ★ 2021/01/13(水) 09:09:22.21
※読売新聞

 【北京=中川孝之、ワシントン=蒔田一彦】中国軍が南シナ海で2020年8月に行った対艦弾道ミサイルの発射実験の際、航行中の船を標的にしていたことを、中国軍の内情を知りうる関係筋が明らかにした。米軍高官もこの事実を認めている。「空母キラー」とも呼ばれるミサイル2発が船に命中したとの複数の証言もあり、事実とすれば、中国周辺に空母を展開する米軍の脅威となる。

 発射実験は8月26日、海南省とパラセル(西沙)諸島の中間の海域で行われた。関係筋によれば、無人で自動航行させていた古い商船を標的に、内陸部の青海省から「東風(DF)26B」(射程約4000キロ)1発を先に発射。数分後、東部の浙江省からも「DF21D」(射程1500キロ超)1発を発射した。ミサイル2発は「ほぼ同時に船を直撃し、沈没させた」という。

 別の関係筋も、ミサイル2発が商船に命中したと証言した上で、海域周辺に展開していた米軍の偵察機やイージス艦に「中国軍のミサイル能力を誇示した」と明かした。中国軍が南シナ海で動く標的に発射実験を行ったのは初めてとみられる。船の位置を捕捉する偵察衛星などの監視体制、ミサイルの精密度が着実に向上していることを示す。

 米インド太平洋軍のフィリップ・デービッドソン司令官は11月下旬、オンライン形式で開かれた安全保障関連の公開フォーラムで「中国軍は動く標的に向けて対艦弾道ミサイルをテストした」と認めた。実際に船に命中させたかどうかについては明言しなかった。

1/13(水) 5:02配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/549f34b04337ae3792a9e805aa8389a2be320be1

続きを読む

1: シリウス(茸) [ニダ] 2020/12/03(木) 17:06:48.71 BE:668024367-2BP(1500)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
中国の無人探査機 月の土採取・保存に成功
2020年12月3日 16:32

中国の無人探査機が月の土を採取し保存することに成功しました。

中国メディアによりますと、無人探査機「嫦娥5号」は、日本時間の2日、月に着陸し、表面の土などのサンプルを採取して保存することに成功したということです。

探査機は今月中旬ごろの帰還を目指していて、無事に持ち帰ればアメリカ、旧ソ連に続いて3か国目になります。

https://www.news24.jp/sp/articles/2020/12/03/10776896.html

続きを読む

1: ばーど ★ 2020/11/03(火) 21:38:26.31
【北京時事】中国国営新華社通信は3日、共産党の第19期中央委員会第5回総会(5中総会)で採択した第14次5カ年計画(2021~25年)と35年までの長期目標に関する基本方針の全文を明らかにした。それによると、軍創立100年に当たる27年に「奮闘目標を実現する」と定めた。
 
目標の詳細は不明だが、台湾侵攻や南シナ海をめぐる紛争などで米軍の介入を阻止できる軍事力の獲得を目指していることが考えられる。党機関紙・人民日報系の環球時報英語版(電子版)は、27年の新目標について「西太平洋での覇権国家による脅威に対抗できる能力を持つ軍」の実現を目指しているという専門家の見方を伝えた。

2020年11月03日20時52分 時事
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020110300667

続きを読む

1: マスク着用のお願い ★ 2020/10/26(月) 22:14:04.97
https://twitter.com/reutersjapan/status/1320711786039894016?s=21

「強い軍なくして、強い祖国は存在し得ない」と、中国の習近平国家主席。
スクリーンショット 2020-10-27 8.38.50


続きを読む

1: クロストリジウム(愛知県) [CZ] 2020/08/04(火) 18:38:39.15 ● BE:156193805-PLT(16500)
sssp://img.5ch.net/ico/monaazarashi_1.gif
河野太郎防衛相は4日午前の記者会見で沖縄県・尖閣諸島周辺海域で中国公船が平成24年9月の尖閣国有化以降、最長の111日間、連続航行したことに関し
「必要な場合、自衛隊として海上保安庁と連携し、しっかり行動したい」と述べた。
一義的には海保が対処するとの考えも示した。

どういう事態が発生すれば自衛隊が行動するのかなどの問いには「手の内は明かさない」として回答を避けた。

尖閣の接続水域では30年1月、潜った状態の外国の潜水艦1隻と中国海軍のフリゲート艦1隻が航行。
海上自衛隊が情報収集と警戒監視に当たった。
防衛省は潜水艦も中国海軍のものと判断している。

海保によると、中国公船は4月14日から尖閣周辺で航行し、8月2日まで連続で確認された。

https://www.sankei.com/politics/news/200804/plt2008040013-n1.html

続きを読む

↑このページのトップヘ