中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 軍事

1: ばーど ★ 2018/06/17(日) 18:55:30.43 _USER9

中国の大陸間弾道ミサイル(ICBM)「東風5B」
no title


 【北京時事】中国の新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「東風41」が近く実戦配備されるという見方が強まっている。東風41の最大射程は1万2000キロ以上で北米全域に届くと推定。移動式の多弾頭型で従来のICBMよりも迎撃が困難とされる。東風41配備に向けた動きは、米国との通商摩擦が激化する中、トランプ政権を軍事的に威嚇する思惑もありそうだ。
 米ニュースサイト「ワシントン・フリー・ビーコン」は今月5日、10回目の東風41の発射実験が5月27日に中国内陸部で行われたと報じた。これを受け、中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は「(10回目の実験ならば)実戦配備は近い」という軍事専門家の見解を伝えた。
 東風41は固体燃料を使い、最大で10発の弾頭を搭載可能と推定される。命中精度は従来型よりも大幅に向上し、中国の軍事専門家は「誤差100メートル」と分析。「中国軍の最も破壊力のある核ミサイル」(ワシントン・フリー・ビーコン)と評される。
 北米を射程に入れる中国軍のICBMとしては「東風5B」や「東風31A」などがある。しかし、東風5Bの燃料は液体で発射台が固定式のため事前に探知されやすい。東風31Aは移動式だが、搭載弾頭は3発程度にとどまるとみられている。
 東風41の発射実験には、米国に外交的な圧力をかける意図がうかがえる。10回目の実験が行われたとされる日は、ロス米商務長官が貿易協議のため北京入りする6日前だった。また、昨年11月にトランプ大統領が訪中した際も2日前に東風41の発射実験が行われたという。

(2018/06/17-14:17)
時事ドットコム
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018061700231&g=use

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [IT] 2018/06/13(水) 23:54:04.06 BE:479913954-2BP(1931)
2009年の水上主力艦
no title


        ↓

2019年の水上主力艦
no title


旧式艦は新型艦に置き換えられた
no title

no title

no title


世界最大最強055型艦の量産開始
no title

no title



中国海军次世代054B型导弹护卫舰CG
https://m.sohu.com/a/219972394_600562/?pvid=000115_3w_a

続きを読む

1: きつねうどん ★ 2018/06/12(火) 12:19:44.05 _USER
(CNN) イスラエルの情報企業イメージサット・インターナショナル(ISI)は11日、複数の国が領有権を争う南シナ海パラセル(西沙)諸島のウッディー島をとらえた衛星画像を公開し、中国が同島から撤去したと思われていたミサイル発射台が再び出現したと伝えた。

ISIは6月初旬、それまで多数の地対空ミサイル発射台が設置されていた場所に何もなくなっている画像を公開し、中国が発射台を撤去したらしいと分析していた。

この時点で軍事専門家は、発射台はメンテナンスのため一時的に撤去されただけではないかと指摘。米ランド研究所のティモシー・ヒース氏は、「同島の塩分と湿気による腐食作用が原因で、ミサイルシステム紅旗9は、メンテナンスのため定期的に撤去して本国に送り返す必要がある」と話していた。

ISIが公開したウッディー島の衛星画像では、5月20日の時点で写っていた海岸のミサイル発射台と思われる設備が、6月3日の画像で姿を消し、8日の画像では再び出現している。

南シナ海では米軍が活動を強化する一方、複数の国が領有権を争う島に中国が初めて爆撃機を着陸させるなど軍事拠点化を進める中で、緊張が高まっている。

no title


6月3日の画像で姿を消したミサイル発射台とみられる設備が、8日の画像では再び出現している

https://www.cnn.co.jp/m/world/35120685.html

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2018/06/12(火) 02:32:56.57 BE:416336462-PLT(12000)
「暗剣」と名付けられた中国の最新型無人航空機が世界初の第6世代戦闘機となる可能性があるとの見解を、「MilitaryWatchMagazine」誌の専門家らが述べている。
記事執筆者らの指摘によると、この戦闘機は近いうちに運用が開始される。一方、「暗剣」は無人機でも有人機でもある可能性があり、また有人機と共に使われる無人機であるかもしれないという。
​記事執筆者らは、「暗剣は恐らく、中国の最先端ミサイルで武装し、音速よりも数倍速いスピードで飛行できることになるだろう。このことは、暗剣を凄まじい脅威にしている」と書いている。
この6月には、ネット上に暗剣の最初の写真が出現している。

https://jp.sputniknews.com/asia/201806114979357/
no title

no title

no title


おまけ:関係ないけどJ-20の最新画像
no title

続きを読む

1: みつを ★ 2018/06/11(月) 00:23:58.15 _USER9
1

http://www.afpbb.com/articles/-/3177608?cx_position=43

中国の気象衛星「風雲2号H」打ち上げ成功
2018年6月10日 11:00 発信地:中国

【新華社西昌】中国は5日午後9時7分(日本時間同10時7分)、四川省にある西昌衛星発射センターから運搬ロケット長征3号Aで気象衛星「風雲2号H」の打ち上げに成功した。

 同衛星は中国の第一世代静止軌道気象観測衛星の最後の1基で、計画では4カ月間軌道上でテストし、東経79度の赤道上空に静止させる。中国の気象観測能力を高め、「一帯一路」沿線国への気象予報や防災減災などの観測サービスを提供するのに役立つ。

「風雲2号」は1986年に研究開発が始まり、1997年からこれまでに8基が打ち上げられた。今回の「H」衛星は「風雲2号」シリーズ衛星の中で信頼性が最も高く、性能が最も安定している。(c)新華社/AFPBB News

続きを読む

↑このページのトップヘ