中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 軍事

1: ■忍法帖【Lv=23,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/08/18(土)10:29:58 ID:???
2018年08月17日07時06分
[? 中央日報日本語版]
中国が南シナ海をより詳しく監視できる衛星システムを開発中だと中国官営メディア「中国新聞網
(China News Service、CNS)」が16日、報道した。

報道によると、中国は来年から2021年までに南シナ海上空に光学衛星6基とハイパースペクトル
(hyperspectral)衛星2基、合成開口レーダー(SAR)衛星3基など計10基の人工衛星を
打ち上げる計画だ。

このうち最初の衛星は2019年下半期に打ち上げられるものと予想される。衛星に搭載されたカメラと
自動認識技術を通じて、中国は海上を航行する船舶を監視することができる。このようなシステム開発計画は
昨年12月に発表された。

中国科学院の三亜遠隔探知およびデジタル研究所のヤン・ティエンリャン研究員は「(衛星10基の打ち上げが
完了すれば)南シナ海を航海するすべての船舶はもちろん、すべての暗礁と島々が『衛星の目』監視下に置かれることになる」

(以下略)

http://japanese.joins.com/article/091/244091.html


続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/08/17(金) 07:13:09.49 BE:123322212-PLT(13121)
 日本政府が1960年代後半に核兵器である弾道弾迎撃ミサイル(ABM)の国内配備を検討し、米国政府と協議を重ねていたことがわかった。
ABMは米国が東西冷戦期にソ連や中国と対立する中で開発。当時すでに日本政府が唱えていた「非核」の方針に反する極秘協議で可能性を探った。

 米政府が秘密指定を解除した日米安全保障高級事務レベル協議(SSC)の議事録などから判明した。SSCは今も続く日米の外務・防衛当局間の高官協議で、
佐藤栄作首相(当時)の了承を得て67年に発足。同年5月の初会合から68年1月の第3回まで、日本側の関心に米側が応じる形でABMが主要議題となった。

 議事録によると、初会合で米側は検討中のABMについて「大統領用資料」をもとに説明。日本側は牛場信彦外務事務次官が「『日本でも配備を』と
国民から圧力があるだろう」とし、日本に届く中国の中距離ミサイルをABMで迎撃することへの関心を伝えた。

 米国は67年9月にABM導入を発表。ソ連を刺激すれば核大国同士の軍拡競争に陥る恐れから、急速に核ミサイル開発を進めていた中国向けとされた。
同盟国にも配備するかが焦点となり、前月の第2回会合でジョンソン駐日大使が日本の意向を「確実に考慮する」と表明。第3回会合では、
米側が「日本のミサイル防衛と防空」や中国の核能力を説明し、議論は海上配備の特性や迎撃高度による地上の放射能汚染の差など、
自衛隊での運用も視野に入れた具体論に踏み込んだ。
https://www.asahi.com/articles/ASL8G6V73L8GUTFK00L.html

続きを読む

1: しじみ ★ 2018/08/17(金) 12:50:16.25 _USER
米国防総省は16日、中国の軍事・安全保障の動向に関する年次報告書を公表した。報告によると、中国海軍は、上陸作戦などを担う陸戦隊(海兵隊)について、現状の約1万人規模(2個旅団)を2020年までに3万人以上の規模(7個旅団)に拡大する計画であることが判明した。

 陸戦隊には、新たに「遠征作戦」などの任務も付与されるとしている。中国が自国の一部と主張する台湾への軍事行動や、尖閣諸島(沖縄県石垣市)の占拠などを視野に兵力を増大させている可能性がある。

 報告書は、陸戦隊の拡大を「中国海軍に関する昨年の最も重要な変化の一つ」と指摘した。

 陸戦隊は中国の広域経済圏構想「一帯一路」をにらみ、海外に展開する軍事拠点の「先遣部隊」の役割を担うとみられる。昨年8月に北東アフリカのジブチに設置された中国軍初の海外基地で、既に活動が確認されたとしている。

 報告書はまた、中国海警局(沿岸警備隊)の船艇が昨年、尖閣諸島の周辺12カイリ内を「10日に1回」の頻度で航行したと指摘。南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島では3つの人工島の軍事拠点化が引き続き進行中であるとした。

さらに、中国空軍が核兵器運用任務を正式に付与されたとし、大陸間弾道ミサイル(ICBM)、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)と戦略爆撃機で構成される核運搬手段の「3本柱」が中国で初めて確立されたと指摘した。

 中国空軍は戦略爆撃機による長距離渡洋爆撃を実施可能な範囲を急速に拡大させるとともに、米国や同盟諸国への攻撃を想定した訓練を進めているという。

 報告によると2017年の中国の軍事予算は1900億ドル(約21兆円)超。28年の軍事予算は2400億ドル以上になる見通し。

産経ニュース
https://www.sankei.com/world/news/180817/wor1808170014-n2.html

続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2018/08/08(水) 10:42:17.47 _USER9
◆上空から人々を監視するハト型のスパイドローンが既に中国で飛行している件に関して

まるでディストピア系SF映画からアイデアを借りたかのようだ。
中国政府は人民を監視する方法を発展させてきた歴史があるが、最新の監視システムは、ハトに偽装したドローンなのだそうだ。

平和の象徴とされるハトが人々を監視するスパイになってしまうのだ。
もはや無邪気にバードウォッチングなどできる時代ではなくなってきた。

■ハトが飛ぶのと同じ高度でハトのように動くスパイドローン

この鳥に偽装されたスパイドローンは非常にクレバーなシステムである。
ドローンは普通のハトと同じくらいの高度を飛行可能で、本物のように羽ばたくことすらできる。
既に中国国内30の機関、5州以上でこのハト型ドローンを投入したらしい。

■すでに新疆ウイグル自治区でウイグル人を監視している

コードネーム「鳩」計画を進めたのは西北工業大学のヤン・ウェンチン准教授である。
ヤン氏によれば、ドローンはまだ小規模でしか運用されていないが、中国共産党は近い将来、上空をこれで埋め尽くすよう計画しているという。

技術的ポテンシャルは大規模運用できるほどに高く、軍や民間セクターがドローンに求める需要を満たすだけのユニークな利点があるという。
すでに新疆ウイグル自治区で共産党に不満を持つウイグル人を監視するために利用されている。
平和のシンボルであるはずのハトが、歓迎されざる支配のシンボルとして採用されているのだから皮肉が利いている。

■ディストピア世界のはじまり

中国流のディストピア的SF世界へ向けた動きの事例として一笑に付すのは簡単だ。
だが、この事実を知った今、今度外出したときに、あれは本当に鳥だろうかと疑念を抱かずにはいられないだろう。

中国がこの戦略を推し進めるのならば、おそらく他国もそれに追従することだろう。
どこに機械のスパイが潜んでいるか分かったものではない。

あの便利なスマートスピーカーは、本当に家電のオンオフと天気とニュースを告げるだけなのだろうか?スマホはどうだろう?
秘密を隠しておきたければ、自分自身からすらも隠さねばならない。

それがそこにある間はこのことを忘れてはいけない。
秘密を意識することすら許されないのだ。

さもなければ、あなたの秘密は知れてしまうだろう。
文明を享受した生活にはそれ相応のリスクが伴っているということを忘れてはならない。

■写真
no title

no title

no title


カラパイア 2018年08月07日
http://karapaia.com/archives/52263391.html

続きを読む

1: すらいむ ★ 2018/08/06(月) 17:28:50.65 _USER9
中国、超音速飛行体の実験成功=ミサイル防衛突破の新兵器か

 【北京時事】ミサイル開発などを担う中国の国有企業、中国航天科技集団はこのほど、超音速の飛行体の発射・飛行実験に成功したと発表した。

 中国紙・環球時報英語版は6日、この飛行体が「核弾頭を搭載可能で、予測できない軌道により現行のミサイル防衛網を突破する兵器だ」との専門家の見方を伝えた。

 「星空2」と命名された飛行体は3日朝、中国北西部の発射場からロケットで打ち上げられた。
 上空で切り離された後、高度30キロをマッハ5.5~6の速度で400秒以上飛行。
 これにより、衝撃波を利用して飛行する「ウエーブライダー」技術の開発に中国で初めて成功したという。 

時事通信 2018年8月6日 15時44分
http://news.livedoor.com/article/detail/15120145/

続きを読む

↑このページのトップヘ