中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 軍事

1: 名無しさん 2018/02/15(木) 02:54:09.45 _USER9
中国、世界最大の無人船試験場建設に着手 アジア初

香港に向かうコンテナ船(2008年1月12日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / LAURENT FIEVET
1

2018年2月14日 8:57 発信地:北京/中国
http://www.afpbb.com/articles/-/3162333?cx_part=top_block&cx_position=3

【2月14日 AFP】中国は、係争水域の南シナ海(South China Sea)に面した港の沖合で、無人船航行技術の試験場建設に着手した。完成すれば世界最大となる。無人船舶の航行技術は軍用・民用いずれにも応用できる。国営新華社(Xinhua)通信が13日報じた。

 同通信によれば、試験場はマカオに接する同国南部の港湾都市、珠海(Zhuhai)沖に建設されている。

 無人の「自律航行」技術はまだ黎明(れいめい)期にあるが、実用化されれば、軍用・民用を問わず船を遠隔操作できるようになる。また、無人船では貨物用のスペースをより広く取れる上、巨額の人件費を削減できるため、運輸業界に革命をもたらす可能性もある。

 珠海の無人船試験場の総面積は約770平方キロメートルで、完成すれば世界最大になるとみられるほか、同種の施設としてはアジア初となる。

 欧州連合(EU)や米国では既にさまざまな無人船開発計画が存在する。またノルウェーは今年、電動の自律航行貨物船を世界で初めて進水させる予定。

 中国はこの分野で追い上げを図っており、河川輸送や島しょ部への物資運搬に用いる独自の自律航行船「筋斗雲(Jindouyun)」を年内に進水させる計画。(c)AFP


続きを読む

1: 名無しさん 2018/02/09(金) 23:51:29.69 _USER9
1

2/9(金) 23:27配信 産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000602-san-cn
 【北京=藤本欣也】中国空軍は9日、国産の次世代ステルス戦闘機「殲(J)20」を実戦配備したと発表した。
レーダーに捕捉されにくい同機の配備を受け、東シナ海や南シナ海の海洋権益拡大に向けた軍の動きが活発化する恐れがある。

 米軍のステルス戦闘機、F22を意識して開発された殲20は2011年に試作機が初飛行。
16年に広東省珠海で開かれた航空ショーで初公開された後、昨年7月の中国人民解放軍建軍90周年の軍事パレードで披露されていた。

 空軍の申進科報道官は9日、「空軍の総合作戦能力がさらに引き上げられ、
国家の主権、安全、領土を守る神聖な使命を担うのに有益だ」と意義を強調した。

 中国空軍はこのほど、ロシアから購入した最新鋭戦闘機「スホイ35」が
南シナ海上空で訓練を行ったことも明らかにしており、軍備増強を着実に進めている。

続きを読む

1: 名無しさん 2018/02/06(火) 16:08:54.08 _USER
 中国国防省は6日、地上配備型の弾道ミサイル迎撃システムの技術実験を実施したと発表した。実施日は5日。場所などの詳細は明らかにしておらず、「所期の目的を達成した。実験は防御的なものであり、特定の国を念頭に置いたものではない」とのみ伝えた。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
https://www.asahi.com/articles/ASL263Q6FL26UHBI00Q.html

続きを読む

1: 名無しさん 2018/02/03(土) 07:17:52.44 ● BE:194767121-PLT(13001)
1

2018年2月1日、中国メディアの参考消息は香港メディアの記事を引用し、日本はロケットを弾道ミサイルに改造して1カ月に1基生産できると伝えた。 

香港メディアのアジア・タイムズ・オンラインは1月23日、「日本のイプシロンロケットは大陸間弾道ミサイルとして使えるか?」と題する記事を掲載した。 

1月18日、日本はイプシロンロケットの打ち上げに成功し、地球観測衛星を予定の軌道に投入したが、記事はイプシロンロケットが固体燃料を使用しており、1.2トンの物を軌道に投入できると紹介した。 

これについて、宇宙安全の専門家であるJohn Pike氏は、ロケットを他の目的に使用する可能性があると指摘していると記事は紹介。日本は「核兵器を搭載できるミサイルに改造することができ、中国や北朝鮮に対抗する手段を日本の意思決定者に提供することができる」と述べたと伝えた。 

この専門家は「日本は1年もかからずにこの種の改造を行える」と主張。「イプシロンは大型の固体燃料ロケットだ。ロケットの先頭にある衛星を核弾頭に代えるだけでいい」と述べている。 

http://www.recordchina.co.jp/b565793-s0-c10.html

続きを読む

1: 名無しさん 2018/02/02(金) 18:56:38.29 _USER
 香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト電子版は1日、中国貴州省で1月に起きた空軍機の墜落事故で、少なくとも12人の乗組員の男女が死亡したと、軍に近い関係者の話として伝えた。習近平指導部は技術力が伴わないまま軍拡路線を急速に進め、深刻な事故が頻発している可能性があると指摘している。

 同紙によると、事故は1月29日の演習中に発生。墜落したのは新型の空中給油機で、急速に落下したため誰も緊急脱出できなかった。事故により、軍の士気が著しく低下しているという。

 中国軍は空軍機が飛行訓練中に事故を起こしたと発表したが、死傷者が出たかどうかなど具体的な状況は明らかにしていない。(共同)

ソース:産経ニュース<中国軍の新型機墜落で12人死亡 軍の士気低下 「技術伴わぬ軍拡」香港紙>
http://www.sankei.com/world/news/180202/wor1802020008-n1.html


続きを読む

↑このページのトップヘ