中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 軍事

1: チンしたモヤシ ★ 2019/10/14(月) 03:46:48.82
急増する中国の軍事費、過去10年で83%増
Forbes Niall McCarthy 2019/10/13 07:00
https://forbesjapan.com/articles/detail/30170

中華人民共和国の建国70周年を祝う軍事パレード / Photo by Kevin Frayer (Getty Images)
no title

主要国の軍事費支出額の増減率(2009年~2018年)
no title


中国は、国慶節(建国記念日)の2019年10月1日、共産党体制による中華人民共和国の建国70周年を祝い、北京の天安門広場で大規模な軍事パレードを行った。

香港で数か月にわたって続いている抗議デモの影響で、こうした記念行事が大きな注目を集めることはなかったが、
このパレードは、中国当局が自らの技術的な偉業と、世界の超大国という地位への着実な歩みを披露する場となった。

中国を率いてきた新旧の指導者たちが見守るなか、少なくとも1万5000人の兵士たちが天安門広場を行進した。
また、核弾頭の搭載が可能な大陸間弾道ミサイルや、とどろくようなエンジン音をあげる数々の主力戦車が登場したほか、上空を戦闘機やヘリコプターが飛行した。

中国は近年、軍事費への支出を増やしている。
目指しているのは、2049年をめどに、軍装備品をソビエト連邦時代のものから最新鋭レベルに一新することだ。
そうした軍備現代化への取り組みは、アメリカがイラク戦争ならびにアフガニスタン紛争という、2つの血なまぐさい泥沼の戦いに陥っていた時期に進められてきた。

ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)のデータによれば、
アメリカが2018年に注ぎ込んだ国防費は6490億ドル(約70兆900億円)で、この額に肩を並べられる国はほかにはない(中国の軍事費は2500億ドル[約27兆円])。
しかし、過去10年間の軍事費増加率を見ると、中国が飛び抜けて高くなっている。

2009年から2018年までの10年で、中国の軍事費は83%増加した。軍事費を急増させた成果が、北京で行われた今回の軍事パレードで世界に披露されたわけだ。

これに対して、次々と武器を購入しているサウジアラビアの同時期における国防費の増加率は「わずか」28%だった。
同じく軍の近代化を推進しているロシアの場合、2009年以降の軍事費は27%増となっている。
アメリカは2009年から2018年にかけて、軍事費が17%減少しているが、トランプ大統領はアメリカの軍事費の減少傾向に歯止めをかけることに大いに乗り気だ。
その背景には、中国とロシアの双方が軍備の全面的見直しを進めていることがある。

翻訳=遠藤康子/ガリレオ

続きを読む

1: ジャパニーズボブテイル(茸) [ニダ] 2019/09/22(日) 13:18:20.30 ● BE:271912485-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
ソース
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


各国比較
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1175622641866002433/pu/vid/720x1280/s5h3zNXO9efzgRO4.mp4


中国、3週連続軍事パレード演習
2019.09.22(Sun)

【北京共同】中国は21日夜から22日にかけて、建国70年となる10月1日の軍事パレードや記念式典に
向けた大規模な予行演習を北京中心部で実施した。週末の深夜を使った訓練は3週連続。万全の準備で
本番を迎え、国力増強を世界にアピールする構えだ。

 演習は天安門広場を中心に広範囲を通行止めにして非公開で行われた。21日午後には、演習に参加すると
みられる戦車が繁華街で待機する光景が目を引いた。

 目撃者によると、パレードのルートになるとみられる幹線道路では、戦車のほか、シートで覆われた巨大な
筒状の物体を積んだ車両が多数通行した。

https://www.daily.co.jp/society/world/2019/09/22/0012722955.shtml

続きを読む

1: プロキオン(北海道) [CN] 2019/08/21(水) 14:23:39.26 BE:422186189-PLT(12015)
1

台湾のネットメディアによると、台湾が長年かけて自主開発した中距離巡航ミサイル「雲峰」の量産を開始した。
アナリストによると、雲峰の飛行距離は2000キロで、台湾南部の高雄から北京を納める距離だ。

https://www.epochtimes.jp/p/2019/08/45749.html

続きを読む

1: Ψ 2019/08/12(月) 11:21:02.90 ID:xRPlLTLu
防衛省は2020年度予算の概算要求で、5兆3000億円超を計上する方針を固めたという。
防衛費は7年連続で増額しており、来年度は過去最大額となる。
中国メディアの今日頭条は9日、「安倍首相は5.3兆円かけて戦争の準備をしている」と主張する記事を掲載した。

 記事はまず、安倍首相は得意としているはずの外交で最近行き詰っていると分析。
2日には、ロシアのメドベージェフ首相が北方領土の択捉島を訪問し、軍事演習を行ったことに言及し、
日本は抗議しているものの新たな進展が見られないと指摘した。
また、日韓関係も史上最悪と言われるほど悪化しているが、その韓国は竹島(韓国名:独島)の海域で軍事演習を行う予定であると伝えた。

 また、北朝鮮との関係でも「日本海にミサイルを発射して射程内にあることを誇示」した北朝鮮とは現状では改善は見られないと分析し、
「外交が得意という安倍首相だが、令和に入ってからずっと厳しい」と評している。

 さらに米国との関係について、安倍首相の親密な友人であるトランプ大統領も、
「日韓関係の緊張緩和には何の役にも立っていない」と分析。歴史問題にも半導体問題にも米国は関心がなく、
自国の利益のことしか見えていないと論じた。

 それで記事は、「日本はこの外交的に四面楚歌であるのを利用して、2020年度の防衛予算を史上最高となる5兆3000億円にする予定だ」と主張。
これは安倍政権発足以降、7年連続の増加であり、外交協議で得られないものは「こぶし」を使って力ずくで
奪うつもりなのだろう、と推測している。

 確かに日本の防衛予算は過去最大額となっているが、だからと言って「戦争の準備」というのは飛躍しすぎではないだろうか。
とはいえ、日本が各国との板挟みになり難しいかじ取りを迫られているのも確かだ。
しかし、韓国との関係については悪化も懸念されるものの、日本側の意思をはっきりと示すことも必要だと言えるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)

http://news.searchina.net/id/1681519

続きを読む

1: 朝一から閉店までφ ★ [US] 2019/06/29(土) 08:44:46.85 _USER9
Record china配信日時:2019年6月28日(金) 11時40分

2019年6月27日、中国国防部のウェブサイトは同部定例記者会見の内容を公開し、中国通信機器大手ファーウェイに中国軍のバックグラウンドは存在しないとの見解を伝えた。

同部の任国強(レン・グオチアン)報道官は27日の同部定例記者会見の席で、記者から「中国軍の一部研究者とファーウェイの従業員が共同研究を実施したとブルームバーグが報じた。この件についてどう思うか」との質問を受けた。

これに対し任報道官は「一般の学術研究についてはコメントを差し控える」とした上で、「周知のとおり、ファーウェイは自力で発展した中国の民間企業であり、いわゆる中国の軍隊のバックグラウンドは何ら存在しない」と述べた。

環球網は同日、任報道官の発言を伝えるとともに、5月末から6月初めにかけて行われたアジア安全保障会議(シャングリラ会合)の席で同部の魏鳳和(ウェイ・フォンハー)部長が「ファーウェイは民間企業であり、ファーウェイのトップが元軍人だからといって軍部と関係があると認識してはならない」と語ったことを併せて紹介している。(翻訳・編集/川尻)

https://www.recordchina.co.jp/b725090-s0-c10-d0135.html

続きを読む

↑このページのトップヘ