中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 軍事

1: ばーど ★ 2018/10/18(木) 13:24:29.48 _USER9
no title


・中国に街灯の代わりとなる「人工月」が打ち上げられる予定
・人工月には太陽光を反射させるパネルが取り付けられており、その角度を変化させて照射位置を調整する
・その明るさは本物の月の「8倍」にも及び、直径10-80Kmのエリアを照らすことが可能

中国の歴史的都市「成都市」において、壮大なプランが浮上しています。なんと、宇宙に「巨大な人工月」を打ち上げて、街灯の代わりに街を照らしてもらおうというのです。

打ち上げの予定は2年後の2020年。その輝きは本物の月の「8倍」ほどになるとされており、直径で10-80キロメートルのエリアを明るく照らすことができるとのことです。先週、成都市で行われたイベント “2018 National Mass Innovation and Entrepreneurship” において、中国の宇宙開発企業「中国航天科技集団」がこの計画を発表しています。

打ち上げのテストは数年前から実施されており、2020年の打ち上げに向けての技術的な準備は完了しています。また、中国航天科技集団は中国の宇宙開発を請け負う主要企業ですが、この計画が中国政府の支援を受けているのかについては不明です。

no title


この「人工月」には太陽光を反射させられるパネルが取り付けられており、その角度を変化させることで、照射位置を調整します。

世界を見渡すと、過去にも同じように太陽光を利用した例があります。2013年、「太陽が届かない街」として有名であったノルウェーの谷底の街、リューカンに「3つの鏡」が設置されました。コンピューター制御されたその鏡は、間接的ではありますが、街に待望の「日光」を届けることに成功しています。

また、1990年台にはロシアが人工衛星 “Znamya” を打ち上げ、太陽の光を地球の夜間地域に反射させて、その地点を明るくすることに成功しています。その後もサイズを大きくした “Znamya2.5” が計画されましたが、こちらは打ち上げに失敗。開発者はさらなる挑戦への資金調達ができずに、結局その構想が実現することはありませんでした。

「人工月」の登場によって懸念されるのは「夜行性の動物」への影響ですが、光学の専門家は、この人工月の光は「夕暮れどき」のようなほのかなものであり、動物のルーティーンに影響が出ることは考えにくいと説明しています。

2018/10/18 nazology.
https://nazology.net/archives/22493

続きを読む

1: SQNY ★ 2018/10/18(木) 20:11:16.97 _USER
・米中国防相会談を前に、米戦略爆撃機が南シナ海を飛行

米国の戦略爆撃機が16日、南シナ海付近を飛行した。CNNテレビが報じた。

報道によると、米国のB52戦略爆撃機2機が16日、南シナ海付近で訓練を行った。

共同通信は18日、マティス米国防長官と中国の魏鳳和国防相がシンガポールで18日に会談すると報じた。

・South China Sea Controversy: US B-52 Bomber Jets Fly Near Disputed Islands
https://www.ibtimes.com/south-china-sea-controversy-us-b-52-bomber-jets-fly-near-disputed-islands-2725963

(B52戦略爆撃機)
no title


2018年10月18日 16:39 スプートニク日本
https://sptnkne.ws/jN5K

続きを読む

1: クロ ★ 2018/10/13(土) 08:42:59.55 _USER9
キャプチャ

 防衛省は今年4月からの半年間で航空自衛隊の戦闘機が外国機に対し、スクランブル=緊急発進を561回行ったと発表しました。

 防衛省によりますと、今年4月からの半年間で行ったスクランブルは前の年と同じ561回で、このうち中国機に対してが345回と最も多く、去年の同じ時期と比べ58回増えています。一方、ロシア機に対しては56回減り、211回となっています。中国については戦闘機が多く、ロシアの場合は、情報収集機に対するスクランブルが目立っています。

 防衛省は「引き続き我が国周辺における活動は活発な状況が続いている」として、日本周辺の海空域における警戒監視活動に万全を期すとしています。

TBS NEWS
12日20時57分
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3496857.html

続きを読む

1: みつを ★ 2018/10/01(月) 21:44:44.62 _USER9
https://jp.sputniknews.com/asia/201810015403327/

中国で開発された世界最大の水陸両用機、水上試験を行う
アジア
2018年10月01日 18:49

中国で開発された世界最大の水陸両用機AG600が新たに水上試験を行い、成功した。今回の試験では、高速による水上での滑走が評価された。1日、開発した中国航空工業集団が発表した。

スプートニク日本

AG600は8月27日から低速及び中速の滑走を含む複数の重要なテストを行っている。
今回は、水上での高速滑走のテストが行われた。中国航空工業集団は「航空機の全システムが通常モードで安定して作動している」と発表した。

今後は、最も重要な水上からの離陸試験が予定されている。

AG600は世界最大の水陸両用機で、消火作業や水上での救助活動を目的に開発された。またAG600には、海洋環境のモニタリング、乗客および貨物の輸送、資源探査ための追加装備を搭載することも可能。

no title

no title

続きを読む

1: しじみ ★ 2018/10/01(月) 14:21:31.92 _USER
(CNN) 中国の宇宙局は26日、同国が打ち上げた宇宙実験施設「天宮(ティエンコン)2号」について、2019年の7月に地球の大気圏に再突入する計画だと発表した。制御された状態で落下するとしている。

今回の発表の半年前には、中国初の宇宙実験施設「天宮1号」が制御不能な状態で地球に落下し、世界的なニュースとなっていた。地球の周回軌道から外れた天宮1号は今年4月、大気圏に再突入し南太平洋に落下。その大部分は海面に達する前に燃え尽きた。

16年に打ち上げられた天宮2号は、2年間地球の周回軌道上を回っている。同年には宇宙飛行士2人が施設内に1カ月間滞在し、中国における有人での宇宙滞在ミッションの最長記録を達成。国営メディアによると医学、物理学、生物学に関する実験を行ったという。

宇宙局の担当者はメディアを通じ、「天宮2号は2年間のミッションを完遂した。積載物はすべて良好な状態にある」と説明した。

今年4月に落下した天宮1号は11年に打ち上げられたが、16年3月に宇宙局が「機能を停止した」と発表した。原因は明らかにされなかった。

中国は22年前後に恒久的な宇宙ステーションの打ち上げを目指しており、天宮によるプログラムはそれに向けた最初の取り組みと位置付けられている。

no title


CNN
https://www.cnn.co.jp/fringe/35126192.html

続きを読む

↑このページのトップヘ