中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 中国共産党

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2018/08/19(日) 15:03:28.12 BE:878978753-PLT(12121)
1

「三人っ子」時代の予兆? 来年の「えと切手」に見る中国の出産育児政策
http://www.afpbb.com/articles/-/3186374

中国郵政(China Post)は今月、2019年のえとをデザインした切手を発表した。2頭の大きな豚(「亥(い)年」は中国では豚)に
子豚が3頭。一部メディアは、これは中国が「三人っ子政策」開放する予兆ではないかと噂している。

 もちろん、切手のデザインのみで今後の政策を予想することは難しいが、これまでさまざまな出産・育児政策を打ち出し、
16年には全面的な「二人っ子政策」に踏み切り、徐々に開放を始めている。子育ての補助政策も増え、政府による奨励策は全国の都市、農村に広く浸透しつつある。

■現状に焦る政府?
 焦りとも取れる政府の出産・育児奨励政策は現状の出生率に関係している。
 統計によると、2000年から現在までの出生率は、長らく1.5~1.6人を維持している。これは深刻な「少子化」問題だと言える。
 出生率の低下によって最も懸念される問題は、高齢者の扶養、すなわち年金の問題だ。17年の中国全土の年金保険の加入者は3億5300万人で、
うち2億5900万人が在職者。すでに年金が支払われている9460万人に対し、年金による扶養率は2.73:1。高齢者一人を2.73人で扶養する計算だ。
 また、中国の生産年齢人口(15歳以上60歳未満)は、10年のピーク時から減少し続けている。
 中国社会科学院(Chinese Academy of Social Sciences)の蔡昉(Cai Fang)副院長は、「中国の人口によるメリットは、もうすでにない。
労働力が不足すれば、企業の投下資本利益率が低下し、それによって労働者の社会保険などにも大きな影響を及ぼすからだ」と話す。

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [US] 2018/08/08(水) 13:54:54.46 BE:478973293-2BP(1501)
習氏似だから殴られた? 暴行被害のタクシー運転手 当局、記事削除
 中国浙江省杭州市で起きたタクシー運転手への暴行事件を中国メディアが報じたところ、被害を受けた
運転手の容姿が習近平国家主席に似ているとインターネットで話題になり、「(習氏)本人を殴れないから、
代わりに殴ったのでは」といった皮肉を込めた書き込みが相次いだ。その後、記事は閲覧できなくなり、
習氏批判の拡大を警戒した当局が規制したとみられる。香港メディアが伝えた。
 事件は2日午前1時ごろに発生。運転手は男2人を乗せて目的地に到着したが、2人から支払いを拒否
された上に殴られ、頭部を6針縫うけがを負った。警察は乗客の男1人の身柄を拘束して調べている。
 事件が被害者の画像付きで報じられると、運転手の容姿に注目が集まり、ネット上では「習皇帝が民間
視察に行ったのか」といった書き込みが続出。「恨まれそうな顔だ」「自分も2発殴りたい」という習氏への
不満をにじませた投稿も相次いだ。
 米国との貿易摩擦激化を受け、中国では習指導部批判がくすぶっており、当局はネット上の言論統制を
強めている。今回の記事と書き込みもすぐに見られなくなったが、画像は交流サイトなどで拡散していると
いう。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/world/article/439523/

画像
no title

no title


続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2018/08/06(月) 11:52:08.40 ● BE:448218991-PLT(14145)
スクリーンショット 2018-08-06 17.35.19

北京オリンピックのスタジアム設計を手掛け、政府に批判的な言動でも知られる中国の
芸術家・艾未未(アイ・ウェイウェイ)さんの北京にあるスタジオが突然、取り壊されました。

 大きな音を立てて重機で破壊されるスタジオ。ここは艾さんが作品制作のために使ってきた
スタジオで、中にあった数々の作品は中国当局の作業員が運び出したということです。
スタジオが破壊される映像は艾さん自身もSNSに投稿しています。艾さんは
北京オリンピックメインスタジアムの設計を手掛けるなど芸術活動を続ける傍ら、
中国政府による人権抑圧を批判してきました。3年前から活動の拠点をドイツに移しています。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000133388.html

続きを読む

1: みつを ★ 2018/08/04(土) 02:32:23.33 _USER9
1

中国のばらまき外交批判した元教授、米メディアの電話取材中に連行
2018年8月3日 17:18 
発信地:北京/中国 [ 中国 中国・台湾 米国 北米 ]

【8月3日 AFP】中国政府を批判する公開書簡を先月発表した山東大学(Shandong University)の元教授、孫文広(Sun Wenguang)氏が、米国営ラジオ放送局ボイス・オブ・アメリカ(VOA)の番組に電話取材で出演中、自宅に押し入ってきた治安当局者に連行された。

 80代の孫氏は1日、中国東部・山東(Shandong)省の済南(Jinan)にある自宅でVOAの中国語番組に電話出演していたところ、治安当局が突然押し入ってきた。

「また警察が邪魔しにきた」と孫氏は言い、侵入者は8人だとVOAに告げた。「私の家に入ってくるのは違法だ。私には言論の自由がある!」というのが、孫氏の最後の言葉だった。

 中国では、習近平(Xi Jinping)国家主席の個人崇拝を積極的に推進する共産党が批判的な人々の弾圧を強めており、それが生放送で浮き彫りになったかたちだ。

 VOAによると孫氏は先月、習主席のアフリカ訪問に合わせ、アフリカでの中国のばらまき外交を批判する公開書簡を発表していた。この公開書簡はインターネット上でも確認できるが、AFP独自の事実確認はできていない。

 孫氏は番組の中で、治安当局者に向かって「私の言っていることを聞け。間違っているか?」と問いかけた。さらに「国民は貧しい。アフリカに金をばらまくのはやめよう」「こんなふうに金を浪費するのは、わが国や社会にとって無益だ」と侵入者たちに呼び掛けたところで、通信は途絶えた。(c)AFP/Becky Davis

http://www.afpbb.com/articles/-/3184861?cx_part=top_topstory&cx_position=1 
 

続きを読む

1: ごまカンパチ ★ 2018/07/31(火) 03:08:00.29 _USER9
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180730-00000559-san-cn
 中国の習近平国家主席の母校、清華大の教授が7月下旬、指導者への個人崇拝を厳しく批判し、国家主席の任期復活や
天安門事件の再評価を要求する論文を発表、中国内外で波紋が広がっている。
体制側の知識人が中国共産党指導部に“反旗”を翻すのは異例の事態だ。

 発表した清華大法学院の許章潤教授(55)は安徽省出身。西南政法大を卒業後、オーストラリアのメルボルン大に留学し法学の博士号を取得した。

 7月24日、北京の民間シンクタンクを通じてインターネット上に公開した論文で、許氏は
「国民は今、国家の発展や家族の安全に対し途方に暮れている」と指摘。
3月の全国人民代表大会(国会に相当)で国家主席の任期を撤廃した憲法改正などを問題視した。

 任期撤廃に関しては「改革開放(の成果)を帳消しにし、恐怖の毛沢東時代に中国を引き戻し、滑稽な、指導者への個人崇拝をもたらすものだ」と非難。
任期制に復帰するよう求めた。

 特に、指導者への個人崇拝については「まるで時代遅れの強権国家のようだ」「今すぐブレーキをかけなければならない」と主張。
「なぜこのような知能レベルの低いことが行われたのか、反省する必要がある」と痛烈に批判した。

 さらに1989年に大学生らの民主化運動を武力鎮圧した天安門事件に関し、「今年か(発生30年を迎える)来年の適当な時期の再評価」を要求。
「これらのことは現代政治の一般常識であり、国民全ての願いだ」と党に再考を促した。

 許氏の論文について、天安門事件で失脚した趙紫陽元総書記の側近だった鮑●(ほうとう)氏は賛意を示す一方、許氏の安全を危惧している。
現在、中国本土では許氏の論文がネットで閲覧できなくなっている。

 中国では最近、習氏への個人崇拝に対する批判が表面化している。
5月にも名門、北京大で「毛沢東は個人崇拝を推し進め…人民は無数の災禍を経験した」
「習氏は個人崇拝を大々的に推進している…警戒を強めるべきだ」などとする壁新聞が出現、関心を集めた。

●=杉の木へんを丹に

続きを読む

↑このページのトップヘ