中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 中国共産党

1: 仮面ウニダー ★ 2023/01/16(月) 08:43:54.88
在日本中国大使館は15日、中国入国時に求めている入国前48時間以内のPCR検査の陰性証明について、電子版ではなく紙に印刷して携帯することを17日から義務付けるとした通知を発表した。

また入管当局のサイトなどでの陰性結果の申告が必要となる。

通知は、中国へ向かう便に乗客が搭乗する前に、航空会社が陰性証明書の確認をして、証明書がなければ搭乗できないとした。

証明書には検査時間や検査機関の名称・連絡先などの記載が必要とも規定した。(共同)

2023/1/16 07:38
https://www.sankei.com/article/20230116-P4XUUTMRC5LNHLG4UIXWWZYILQ/

続きを読む

1: クロケット ★ 2023/01/11(水) 16:59:00.80
編集委員 中沢克二


老人を尊重する「敬老」という伝統がいまも生きる儒教の国、中国。
14億人の巨大人口を抱える国家でまん延する新型コロナウイルス感染症が、2億人の高齢者を苦境に追い込みつつある。

2022年12月中下旬から1日当たりの老人の死者数が未曽有の高水準に達した。

中国の頭脳といわれる中国科学院、工程院のアカデミーメンバーである「院士」もこの1カ月あまり、80歳以上を中心に死者が目立つ。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCD090G20Z00C23A1000000/

続きを読む

1: 少考さん ★ 2023/01/09(月) 22:18:08.33
※産経新聞

中国「戦狼外交」報道官が異動 国境関連部門へ
https://www.sankei.com/article/20230109-KUQEISOX3BMYHHM66YYJFOY7PI/

2023/1/9 21:18 三塚 聖平

【北京=三塚聖平】中国メディアは9日、中国外務省で報道官を務めていた趙立堅(ちょう・りつけん)氏が異動したと伝えた。趙氏は2020年から報道官を務め、攻撃的な発言で自国の主張を繰り返す「戦狼(せんろう)」と呼ばれる中国の外交姿勢を体現する存在となっていた。

中国メディアによると、趙氏は同日までに外務省の国境海洋事務局副局長に就任した。趙氏は新聞局でも副局長を務めていた。国境海洋事務局は、陸上や海上の国境に関連する外交政策の立案などを担当している。

(略)

趙氏が外務省で記者会見したのは昨年12月2日が最後だった。その後、趙氏が新型コロナに感染したと香港メディアなどが報じていた。

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

※関連リンク
https://img.caixin.com/2022-08-01/165934608129420_480_320.jpg

続きを読む

1: お断り ★ 2023/01/06(金) 15:06:25.92
中国、半導体への巨額投資休止へ-新型コロナが景気や財政圧迫
中国経済の低迷がいかに財政を圧迫し、習近平指導部の半導体育成を巡る野心を妨げているかも浮き彫りにしている。
詳細はソース ブルームバーグ 2023/1/4
https://news.yahoo.co.jp/articles/36bce6f266c356e9ae68d9cb11b3f50b8dc38817

続きを読む

1: ペルシャ(ジパング) [TW] 2023/01/08(日) 13:43:07.41 BE:754019341-PLT(12346)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
中国・遼寧省の元公安局長、105億円相当の賄賂で猶予付き死刑判決

https://www.yomiuri.co.jp/world/20230107-OYT1T50230/

中国中央テレビなどによると、山東省泰安市の中級人民法院(地裁)は6日、総額約5億4000万元(約105億円)相当の賄賂を受け取ったとして収賄罪に問われた元遼寧省公安局長の李文喜被告(72)に対し、執行猶予(2年)付きの死刑判決を言い渡した。
(略)

続きを読む

↑このページのトップヘ