中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 中国共産党

1: ニライカナイφ ★ 2019/02/23(土) 09:00:29.72
◆ 中国ゲノム編集ベビーは「めちゃ賢いスーパーヒューマン」である可能性が浮上

・中国の双子に行われたゲノム編集はHIV感染を防ぐだけでなく、超賢い人間を作る可能性。
・マウスのDNAからCCR5遺伝子を切り取ることで賢くなったり、脳卒中からの回復が早くなったりすることが報告。
・遺伝子操作の影響は完全にはわかっておらず、今後も研究を続けその可能性と安全性を確かめる必要がある。

世界初のゲノム編集ベビーを誕生させたことで、科学コミュニティから総批判を受けた中国の科学者、賀氏。
彼が双子の胚をゲノム操作した目的は、親のHIVを感染させないことでした。
しかしこのゲノム編集によって、予想外にも「ものすごく賢い人間」を誕生させた可能性があるようです。

■ CCR5を切り取ると認知能力が向上

中国の双子のDNAからは、CCR5という遺伝子が切り取られていました。
CCR5とは、血液細胞の表面にあるタンパク質です。HIVウイルスはCCR5とくっつくことで血液細胞の中に入り込めるようになります(参考:「PubMed」)。
よってCCR5を無くしてしまえば、HIVに感染しないというわけです。

しかしもちろん、CCR5はHIVを感染させるために細胞に存在するわけではありません。
カリフォルニア大学の神経生物学者であるシルバ氏は、マウスのDNAからCCR5遺伝子を切り取ると、そのマウスが賢くなることを発見しました。

この研究結果からシルバ氏は、「中国で行われた遺伝子操作は、双子の認知機能にも影響する可能性がある」と述べています。
また、もともとCCR5がない人は脳卒中からの回復が早いことも雑誌「Cell」に報告されています。

■ 遺伝子操作の危険性と行く末

シルバ氏は中国の双子の件についても触れ、「人の機能低下を治すのと、機能をわざと向上させるのには大きな違いがある。
さらにその行為が何に影響するかわからない以上、軽率な施術は控えるべきだ」と警鐘を鳴らしました。

シルバ氏の言うように、後からその危険性が判明した治療法は多々あります。
例えば見た目の向上のために脂肪吸引術が行われていますが、過去には出血多量でなくなった例があります。
脂肪に入り込んだ細かい血管や神経などが吸引されることで、どんな影響があるか最初はわかっていなかったのでしょう。

双子に施された「CRISPR-Cas9(クリスパー・キャス9)」というゲノム編集技術にしても、CCR5の遺伝子を切り取るために色々な操作が行われ、それに伴い様々な影響が生じます。
どの段階でも、未知のことが起きている可能性、そして、何らかの影響がある可能性は完全には否定できません。

しかしアメリカのSF映画「ガタカ」のように、遺伝子操作の使い方を誤り、遺伝子操作された「優れた人間」と自然妊娠で生まれた人間が選別されるような未来は、誰も望んでいません。
遺伝子操作には多くの可能性があります。遺伝子操作の影響を一つ残らず明らかにすることは不可能かもしれませんが、可能な限り明らかにし、安全性を確かめる努力が必要になるでしょう。

ニコニコニュース 2019/02/22 18:01
https://news.nicovideo.jp/watch/nw4873008

続きを読む

1: 日本人 ★ 2019/02/19(火) 13:26:39.21
スクリーンショット 2019-02-21 6.47.22

中国で共産党の習近平(シーチンピン)総書記(国家主席)の思想や政策を学ぶスマホのアプリやPCソフト「学習強国」が、攻略法の紹介がネットで出回るなど異様なブームを見せている。党の方針に従って大半の党員が使い始めたためとみられるが、学習するとたまるポイントが少ないと指導を受けることもあり、党員からは悲鳴も上がっている。

アプリは党の思想や政策の普及を担当する党中央宣伝部が開発し、1月に配信が始まった。「学習」は中国語で「習氏に学ぶ」という意味にもなる。習氏が唱える「新時代の中国の特色ある社会主義思想」を学ぶ場と位置づけ、約9千万人いる党員を中心に「学習」を呼びかけた。

中国メディアによると、江西省のある県ではすでに全党員がダウンロード。スマホが使えない老人には家族のスマホを使わせるという徹底ぶりだ。アップルの無料アプリ部門では今月12日、SNSアプリ・微信(ウィーチャット)や動画投稿アプリ・抖音(ティックトック)を抜きダウンロード数で1位になった。
https://www.asahi.com/sp/articles/ASM2L6FXLM2LUHBI01R.html?iref=sp_new_news_list_n 

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(家) [NL] 2019/02/19(火) 20:29:24.37 BE:754019341-PLT(12345)

習氏「西側の『司法独立』歩まぬ」と明言 中国共産党指導を強調 理論誌で欧米に反論
https://mainichi.jp/articles/20190219/k00/00m/030/144000c

中国共産党の政治理論誌「求是」は今月発行の最新号で、習近平党総書記(国家主席)の司法制度に関する演説を掲載した。
習氏は「西側の『憲政』『三権分立』『司法の独立』の道は歩まない」と明言。
党の指導を前提とする独自の「法治」を正当化し、欧米で高まる中国の司法制度への批判に反論した。
(略)

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2019/02/17(日) 16:15:38.41 ● BE:448218991-PLT(14145)
sssp://img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif
【北京時事】中国の外交を統括する楊潔※竹カンムリに褫のツクリ)共産党政治局員は16日、
ドイツで開かれた「ミュンヘン安全保障会議」で質問に答え、中国の通信機器大手・華為技術
(ファーウェイ)の製品を排除する動きに対し、「企業に『バックドア(裏口)』を仕組んだり
情報を集めたりするよう求める法律は中国にはない」と強調した。中国国営新華社通信が
17日伝えた。(2019/02/17-14:49)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021700270&g=int

続きを読む

1: nemo(アメリカ合衆国) [US] 2019/02/17(日) 20:25:22.53 ● BE:725951203-PLT(26252)
sssp://img.5ch.net/ico/nurupo_ga_1.gif
----------
中国改革派の重鎮 共産党元幹部の李鋭氏が死去

中国共産党の元幹部で、民主化を求める学生運動を軍が鎮圧した天安門
事件で武力行使に反対し、その後も政治改革や言論の自由の重要性を訴
え続けた改革派の重鎮、李鋭氏が亡くなりました。101歳でした。

李鋭氏は、建国の父、毛沢東の秘書を務め、中国全土を混乱に陥れた文
化大革命の時代に投獄されたものの、その後、名誉を回復し、1980年代
には中国共産党の人事を取りしきる中央組織部の副部長を務めました。

一線を退いたあとも、1989年に民主化を求める学生らの運動が軍に鎮
圧された天安門事件が起きた際には、武力行使に反対する書簡を党中央
に送ったほか、その後も改革派の雑誌などで政治改革を通じた民主化や
言論の自由の重要性を訴え続けました。

また、2010年に民主化運動の象徴的な存在だった劉暁波氏が服役中に
ノーベル平和賞に選ばれた際には「中国には言論や出版の自由を認めた
憲法があるにもかかわらず、実現していない」と、言論統制を批判す
る書簡をインターネットで公開しました。

習近平国家主席に対しても、権力の集中や個人崇拝的な宣伝方法を念頭
に批判的な意見を述べていて、言論の自由に制限のある中国で一定の影
響力を持つ改革派の重鎮として知られてきました。

関係者によりますと、李氏は去年3月から体調を崩し、北京の病院に入
院していましたが、16日に亡くなったということです。
----------
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190216/k10011817661000.html
no title

続きを読む

↑このページのトップヘ