中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 経済

1: みつを ★ 2018/11/24(土) 04:39:57.99 _USER9
https://jp.sputniknews.com/business/201811225615393/

ビットコイン大暴落 中国のマイニング業者がプラントをたたき売り
経済
2018年11月22日 19:30
(アップデート 2018年11月22日 19:49)

今週ビットコインの起こした5千ドルを切る大暴落は中国のSNS界で激しい論議を呼んでいる。これだけの大暴落はポータル「コインデスク」の発表では過去13カ月で初めて。新浪微博(Weibo)ではハッシュタグ「ビットコイン暴落」の記事が掲載されると閲覧回数は一瞬で9200万回を超えた。

スプートニク日本

中国のウエブマーケティングポータル「腾讯新闻(テンセント・ニュース)」によれば、今回の暴落で最も手痛い被害を受けたのは中小のマイニング企業。新疆ウイグル自治区、内モンゴル自治区のマイニング企業は大損害をだし、プラントのたたき売りを開始した。1年前に2万元で購入されたプラントが現在、最高値でも1千元で売却されているか、単に屑鉄として廃棄されている。

ビットコインの大暴落で最も大きな被害を受けているのは中小のマイニング業者。ビットマインのような大企業は政権によるビットコイン生産禁止令にもかかわらず、繁栄し続けている。中国、アジアの業界動向を報じる「テクノード」によれば、アジアの専門家らの予測ではビットコイン、仮想通貨にはまだ明るい未来があるとされている。

続きを読む

1: nemo(アメリカ合衆国) [US] 2018/11/23(金) 22:11:02.56 ● BE:725951203-PLT(26252)
K10011721571_1811232110_1811232124_01_02

日米欧のWTO改革案に中国反発 「新興国の意見も重視を」

アメリカや日本などは、中国などの新興国が自国の産業を不当に優遇する政策
をとれないように、国際的な貿易ルールを監視するWTO=世界貿易機関を改
革する案を提出しています。中国政府の高官は会見で、発展途上国の意見も重
視すべきだと述べて反発しました。

日本とアメリカ、それにEU=ヨーロッパ連合は、中国など新興国の不当な貿
易ルールなどを厳しく監視するため、WTOを改革する案を提出しています。

中国などが自国の産業を優遇する補助金を与えて外国企業を差別するような場
合には、罰則を設けるよう求めています。

これについて、中国商務省で貿易問題などを担当する王受文次官は23日に記者
会見を開き、改革に反対する中国の立場を説明しました。

王次官は「WTO改革は、発展途上にあるメンバーの利益を保障し、グローバ
ル化の中で直面している困難を解決するものでなければならない」と述べ、発
展途上国や新興国の意見を重視すべきだという考えを強調しました。

中国と激しい貿易摩擦を引き起こしているアメリカは、中国政府の補助金によ
って過剰に生産された鉄鋼が安く輸出され、市場をゆがめていると批判を強め
ています。

23日の王次官の発言は、中国はまだ発展途上にあり、自国産業への優遇策が必
要だという立場を示したものです。
----------
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181123/k10011721571000.html

続きを読む

1: 孤高の旅人 ★ 2018/11/20(火) 07:55:53.87 _USER9
逆風下の華為、スマホで「アップル超え」の秘策
2018/11/20 6:47
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37875020W8A111C1X13000/?nf=1

スマートフォン(スマホ)世界2位の中国・華為技術(ファーウェイ)が首位奪取をにらみ足場を固めようとしている。今年4~6月期に米アップルを抜き、7~9月期も2位を維持した。だが米中貿易摩擦という逆風が吹き、米国市場に本格参入するめどは立っていない。今までの高成長を持続できるのか。これまでの手法にこだわらない新しい経営戦略を打ち出そうとしている。
■6年ぶり、ドコモの基幹機種に
NTTドコモは今夏、フ…

この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。
今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題(11月20日まで)

続きを読む

1: チンしたモヤシ ★ 2018/11/11(日) 16:09:44.36 _USER9
中国「独身の日」期間中の郵便物処理量、最高1日4億件

独身の日が終わると、大学などでは寄せられた荷物の山で慌ただしくなる(2017年11月14日撮影、資料写真)。(c)CNS/泱波
no title

no title

AFP 2018年11月11日 9:38 発信地:東京 [ 中国 中国・台湾 ]
http://www.afpbb.com/articles/-/3196980?cx_part=latest

【11月11日 東方新報】中国国家郵政局によると、「双11」(11月11日、独身の日)期間、EMS(国際スピード郵便)が今年最大のピークを迎えると言われており、初歩的な予測では11月11日から16日の間、全国の郵便局で速達を含めた郵便荷物を処理する業務量は18億7000万件、前年同期比で25%まで達する見込みだという。

 さらに1日の業務処理量は最高で4億1000万件、前年比23.9%の増加、期間中の平均業務量は1日3億1000万件、通常業務量と比較しても約2.4倍以上の業務量になると予測している。

「独身の日」などEMS業務の繁忙期が刻一刻と近づくころ、業界でも同期間中におけるサービス、安全保障などに関する問題が各界で注目を集める。

 これについて、国家郵政局市場監管司の辺作棟(Bian Zuodong)副司長は、「毎年のピークシーズンは、業界全体でサービスの質を向上させ、総合的な力を強化する重要な期間。同局も社会的効率性を高め、国民の経済発展を手助けするための重要な時期でもある」とコメントしている。(c)東方新報/AFPBB News

続きを読む

1: サーバル ★ 2018/11/09(金) 11:04:27.01 _USER9
中国の7億5300万人のスマホユーザーのほとんどが「中国製」のスマホを利用する昨今、しょっちゅう壊れるスマホで正常な取引ができるのかというものだ。

IT専門調査会社IDCによれば、2017年の出荷台数でみた中国市場のスマホのシェアはファーウェイ(華為)が首位であり、それにオッポ(OPPO)、ヴィーヴォ(Vivo)、シャオミ(小米)と国産スマホが続く。近年の国産スマホのスピーディな発展はまぶしいくらいだ。

だが、輝かしい発展の裏には必ず「ひずみ」が存在するのは中国社会の鉄則。市場シェア争奪のみに目を奪われる中国メーカーに、果たして「不良品」に対する呵責はあるのだろうか。中国のスマホメーカーを取引先に持つ中国在住の日本人総経理がこんなことを話していた。

「中国の電子部品業界は、不良が出れば新しいものと交換すればいいという認識が強い。日本のメーカーなら徹底的に原因を追及し改善しようとするんですが」

そもそも国産スマホの歴史は模造品から始まり、内陸部のアップルやサムソンを買えない層を中心にその後ローエンド版が広まった。100元(約1600円)のスマホで利益を出そうと思えば、組み込まれる部品は安価なものになるから、いつ故障が起きても不思議ではなかった。しかしそんな国産スマホも今は昔。日進月歩の技術力とシェア拡大で、多くの国民が支持するようになった。

上海在住で香港系物流会社に勤務する李瑞さん(38歳、男性、仮名)にとっては、国産スマホも“使い捨て”同然のようだ。李さんが今使っているスマホはレノボ製で、2か月前に1300元(約2万2000円)で購入した。使い心地を訪ねると、「1300元の国産品だからね、半年使えればそれで十分」という。本体価格1300元は使用中に不具合が出たとしても諦めがつく価格だ。

李さんの同僚が使うのは1800元(約2万8800円)のシャオミだ。ホワイトカラーも支持するシャオミなら、筆者も使ってみたいものだ。そう思って調べると、2018年第1四半期、シャオミは14%の高い故障率(モバイルデバイス診断企業ブランコ調べ)だった。

100台あれば14台が壊れる計算だ。発熱したり、画面がフリーズしたりするらしい。李さんのお母さん(66歳)は「壊れたら買い替えりゃいいんだよ」というが、そんな不安定な端末で行う「決済」なんて決して愉快なことではない。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58098?page=3

続きを読む

↑このページのトップヘ