中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 経済

1: お断り ★ 2022/07/18(月) 08:36:37.26
中国「減速」成長率わずか0.4%!日本経済を襲うその深刻な余波

中国の景気減速が鮮明になってきた。中国国家統計局が7月15日に発表した2022年4~6月期の国内総生産(GDP)は、物価の変動を調整した実質で前年同期比0.4%の増加にとどまった。

中国国内の小売売上高は5月は6.7%減と、3ヵ月連続で前年割れの状態が続いている。ゼロコロナ政策によって閉店に追い込まれた飲食店なども多く、5月の飲食店収入は21%も減ったという。
16歳から24歳の若年層に限ると失業率は4月の18.2%から5月には18.4%に上昇。これが消費をさらに冷え込ませる要因になっている。

詳細はソース 2022/7/17
https://news.yahoo.co.jp/articles/7534cd6430786df058c856ed85406ae9379883a8  
続きを読む

1: 香味焙煎 ★ 2022/05/03(火) 18:26:12.27
【北京=三塚聖平】中国国営中央テレビ(電子版)は3日、浙江省杭州市の国家安全局が「馬」という姓の人物を、国家安全を脅かした疑いで調査していると報じた。中国インターネット通販最大手、アリババ集団創業者の馬雲(ジャック・マー)氏だという噂が広がり、3日の香港株式市場でアリババの株価が一時急落した。

中央テレビは、杭州市国家安全局が4月25日、外国の反中敵対勢力と結託し、国家分裂や政権転覆を扇動した疑いで、「馬」という人物に対して刑事的な強制措置をとり、調査中だと伝えた。姓のみしか報じられなかったことに加え、アリババが杭州に本社を置いているため、中国の交流サイト(SNS)では「これは馬雲なのか?」という投稿が相次いだ。

その後、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報の前編集長、胡錫進(こ・しゃくしん)氏が自身のSNSで、調査を受けている人物の姓名は3文字だと指摘した。胡氏は、共産党政権の本音を非公式な形で代弁しているとみられており、姓名が2文字の「馬雲」氏だという噂を打ち消したという受け止めが広がった。「馬」という人物が誰なのかは明らかになっておらず、疑念が完全に払拭されていないという見方もある。

香港メディアによると、3日の香港市場でアリババ株の下げ幅が一時は9%を超えたが、その後は持ち直す動きを見せた。

馬氏は、2020年10月に金融当局を批判するような発言を行った。その直後に、アリババ傘下で電子決済サービス「支付宝(アリペイ)」を運営する金融会社「アント・グループ」が、上海と香港で計画していた株式上場が延期に追い込まれた。こうした経緯から、馬氏が強制権を持った調査を受けているという観測が一気に広がったとみられる。

産経ニュース
2022/5/3 18:19
https://www.sankei.com/article/20220503-IHGOESFTKFM5BCLYCWGAFLG5V4/

続きを読む

1: お断り ★ 2022/01/10(月) 00:06:44.75
中国で公務員志望者数が増加 1人の枠に2万人の応募も

昨年は、書類審査を経た受験者数が初めて200万人を突破。それに対する採用枠は約3万1200人で、倍率はなんと約64倍である。
 4年制の大卒や大学院卒が条件とされていたり、経験者優先だったりするが、各地域で受験資格は若干異なる。例えば、チベット阿里地区の郵便局では、大学の専門や経験の有無、党員かどうかなどを問わない。このため、「一等局長以下」のポストで、採用数1人に対して、応募数は2万人に上り、今までの公務員試験では最高倍率となった。

コロナ、政府に翻弄される産業界 有名企業勤務の30代もリストラ
 給料も高く、みんなにうらやましがられていたのに、「なぜ?」と聞いたら、会社の業績が急落し人員削減の一人となったという。「住宅ローンの支払いがあるし、子どもの教育費もかかるから、とにかくどこかで働かないといけない」と、切羽詰まった様子だった。「僕のような人がクビにされるだけでなく、百度(バイドゥ)、字節跳動(バイトダンス)、アリババなどのテクノロジー、エンターテインメント業界の大手企業が、業績とは関係なしに大幅なリストラを行っている。これから失業者は増えるだろう」と嘆いた。

たとえ解雇されなかったとしても、働く人は大きな悩みを抱えている。それは、長時間残業など、過酷な労働環境が強いられることだ。近年、中国では過酷な労働状況を示す「996」(朝9時から夜9時まで週6日間勤務)などの言葉が流行語となっている。

詳細 DIAMOND ONLINE 2022/1/6
https://news.yahoo.co.jp/articles/a650c3a34341a459c5bcd75772a836bfdf5b8285

続きを読む

1: お断り ★ 2021/12/28(火) 20:29:25.67
1020万毕业生在路上,2022年稳就业的任务空前艰巨
2022年、1020万人の新卒者を迎え、安定雇用されることは前例がないほど困難になっている

就職状況を観察する上で最も重要なのは、大学生の就職状況です。

中国の農民労働者は職業選択の自由度が非常に低いため、彼らが失業とされることはほとんどありません。 彼らが働かなければ彼らの家族の生活はどうなるのか。
いくら経済状況が悪く、賃金が低くても、仕事を選り好みできません。彼らの限られた貯金では生活を支えきれないのです。
最悪の場合、農業人口が増えるだけで、1エーカーの土地に1人ではなく2人で作付けすることになるだけで、失業者となるわけではないのです。

しかし、大学生は別で、選択の自由度が高い。
仕事が見つからなければ、自宅で就職浪人をするか、進学するか、選択肢としてあります。
2021年末には、ITなど急成長している業界でも解雇が相次ぐというニュースがありました。
バイトダンス、アリババ、テンセントといった第一線で活躍する企業からも‌人員解雇のニュースが流れてきました。
以前は、この時期には大企業の年末ボーナスが過去最高額となることが多かったのですが、今年は解雇のニュースが相次ぎ、
大企業が開示したばかりの決算報告書があまり芳しくないことも相まってインターネット関連業界も冷え込むという声が非常に大きくなっています。

捜狐 2021/12/21 ソース中国語 『1020万毕业生在路上,2022年稳就业的任务空前艰巨 』
https://www.sohu.com/a/510409151_405849

前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1640573371/

続きを読む

1: 新種のホケモン ★ 2021/12/09(木) 18:50:39.22 _USER
中国の不動産開発会社、中国恒大集団は流動性危機の中で初めて、ドル建て債でデフォルト(債務不履行)に陥った。

今月6日に猶予期間を終了したドル建て債の利払い不履行によって、フィッチ・レーティングスが長期発行体デフォルト格付けを「一部債務不履行(RD)」に引き下げた。同社は恒大と同業の佳兆業集団の同格付けもRDと、これまでの「C」から引き下げた。

フィッチ、中国恒大と子会社を一部債務不履行に格下げ

フィッチ、佳兆業を一部債務不履行に格下げ

許家印会長が25年前から築き上げてきた不動産帝国の崩壊が始まったほか、債権者には投資資金回収に向けた闘いの開始も意味する。中国政府も不動産セクターの債務危機が経済全体に広がることを防ぐ課題に直面する。中国人民銀行(中央銀行)は6日に預金準備率引き下げを発表し、市場は一定の冷静さを維持している。

6月時点で総額3000億ドル(約34兆円)以上の負債があることを開示した中国恒大は、3日の取引所への届け出で、オフショア債権者と再編計画について「積極的」に協議する計画だとしていた。公募および私募の全てのオフショア債を再編計画に含める計画だと事情に詳しい関係者が述べていた。

中国恒大、債務再編に全てのオフショア債を含める計画-関係者

192億ドルのドル建て債保有者は大幅な債務減免要請に見舞われそうだ。このプロセスは長期間を要し、中国経済へのリスクともなり得る。

中国恒大の債務再編、共産党に主導権-債権者には痛しかゆし

中国恒大のドル建て債の一部は額面1ドルに対して約20セントと、ディストレスト債の水準で取引されている。債権者にとっては同社が住宅販売と資産処分を加速できるかどうかが鍵になる。

中国恒大会長、資金確保に向けた迅速な資産売却に抵抗-英紙FT

当局も介入しており、中国恒大が本拠を置く広東省の政府は先週、再編計画について債権者と協議するとの同社発表後に許会長を呼んで説明を求めている。

当局はリスク管理と内部コントロール強化、通常業務継続を求め作業グループを送り込む計画。6日の発表によれば、リスク管理委員会の過半数を政府系の代表者が占める。

中国恒大、デフォルトは不可避の様相-中国最大の債務再編へ

原題:

Evergrande Defaults for First Time as China Debt Strains Spread(抜粋)

(c)2021 Bloomberg L.P. 12/9(木) 18:32
https://news.yahoo.co.jp/articles/1e441bedce40346d2611c33752df77937ae94936

続きを読む

↑このページのトップヘ