中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 台湾

1: ごまカンパチ ★ 2019/06/20(木) 07:59:02.29
https://jp.reuters.com/article/hongkong-extradition-taiwan-idJPKCN1TK0B0
 香港で暮らすユン・シウカンさん(67)にとって、元英領の当地から中国本土への犯罪容疑者引き渡しを可能にする逃亡犯条例改正案が決定打となった。
ユンさんは荷物をまとめ、中国統治下にあるこの街を捨て、民主主義を誇りとする台湾で新たな生活を始めることにした。
中国政府の支配が香港のあらゆる面に浸透し、市民の自由が失われつつあることに嫌気がさしたのだ。

「自由と民主主義がなければ、牢獄に入れられたようなもの、強制収容所で暮らすようなものだ。自由がないなら、死んだ方がましだ」。
香港で16日に起きた大規模抗議デモの参加者に台湾の旗を振りながら、彼女は言った。
「台湾には自由がある。民主的な選挙が行われ、憲法が民主主義を守っているからだ」

1997年に英国から中国に返還された香港では、「一国二制度」の下で独立した司法制度を含めた一定の自由が認められている。
中国本土の司法制度が共産党の支配下にあるのとは対照的だ。

中国が「一国二制度」を侵害しているとして、この数年で台湾に移住した数千人の香港住人の列に、ユンさんも加わることになる。
中国は、いつか台湾にも同制度を導入することを目指している。
中国は、自治を守る台湾を自国の一部とみなしており、支配を回復するための武力行使を排除していない。

香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は15日、条例改正案の審議棚上げを決めたが、それでも16日には主催者推計で
約200万人が抗議デモに参加し、改正案の撤廃と林鄭長官の辞任を要求した。
香港の一部富豪実業家らも、改正案を懸念して個人資産を香港から外に移し始めた。

<民主主義の希望の光>

 香港の抗議活動に対しては、警察がゴム弾や催涙ガスを用い、ここ数十年間で最も暴力的な衝突が起きた。
2012年に中国共産党の実権を握った習近平・国家主席に対して、この国際金融ハブが突き付けた最大の難局となった。
自らへの「一国二制度」適用に圧倒的な抵抗を示している台湾は、香港支持を明確にしている。
中国からの圧力がエスカレートする中でも台湾は断固とした姿勢を維持しており、中国側からの「再統合」の呼びかけに強く反発する人が多い。

今回の条例改正案は、香港と中国政府の関係を複雑にしてきた一連の問題の1つだ。
中国本土からの移民流入と、本土からの投資が一因となった不動産の価格高騰に、香港の人々は不満をつのらせている。
民主的な改革を妨害し、選挙に介入、そして中国指導者に批判的な書物を専門に扱う香港の書店主が2015年以降で5人失踪した事件を画策するなど、
中国の介入は行き過ぎだと批判する声は根強い。

チャンと名乗る30歳の男性は、香港市民の自由を侵害する中国政府の急激なペースに驚かされたと話す。
「自宅に強盗に入られたのに、勝てなかった自分が出ていかなければいけなくなったようなものだ」
と、2016年に台湾に移住し、両親にも引退生活を台湾で送るよう手配するつもりだというチャンさんは言う。

公式統計によれば、台湾居住権を得た香港とマカオの住人の数は、2018年は1267人に達し、10年前から倍以上に増加した。
マカオは元ポルトガル領で、現在では香港と同じように中国支配下の特別行政区だ。
こうした移住は、民主主義を訴えて香港を数カ月間マヒ状態に追い込んだ2014年の「雨傘運動」後に急増し、その勢いは衰えていない。
2019年1─4月の台湾移住者は約400人で、前年同期比で40%増加した。

「来年、妻と一緒に台湾に引っ越す」。
こう話すのは、20代後半の香港市民メルビン・チューさん。政治的自由の問題を懸念していると語る。
「香港の状況は悪化している。次の世代のことが心配だ」

一部の若者は、香港を脱出したいあまり、36歳以下の台湾男性に義務付けられている兵役に参加して居住権を得ようとしている。
台湾の居住権を得るには、通常150万香港ドル(約2000万円)程度の費用がかかる。

no title


※続きはソースで

続きを読む

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/06/10(月) 22:53:53.95 _USER
(台北 10日 中央社)蔡英文総統は10日、香港で9日に中国本土への犯罪容疑者移送を可能にする「逃亡犯条例」改正案に抗議する大規模デモが発生したのを受け、デモ参加者への支持を表明した。蘇貞昌行政院長(首相)ら閣僚や各市の市長も支持を示した。 

蔡総統は10日、フェイスブックで、世界の人々と同様に台湾も香港人の主張を支持していると言及。「一緒に香港の後ろ盾になり、一緒に台湾を守ろう」と台湾の人々に呼びかけた。蔡氏は前日にもフェイスブックを更新。自由や民主主義を求める「香港住民の心の声が尊重されるべきだと思う」と声援を送り、「一国二制度が台湾人の選択肢になることはない」と強調した。蔡氏の投稿には、将来の台湾を現在の香港のようにしないよう訴えるコメントが香港人を名乗る人から多数寄せられた。 

蘇院長は、台湾は「一時的な利益やきれいごとに警戒を緩めることで香港の二の舞になってはならない」と警鐘を鳴らした。 

台中市の盧秀燕市長は10日、中国が主張する「一国二制度」に反対する姿勢を表明。桃園市の鄭文燦市長はフェイスブックで、香港住民を激励した。 

(葉素萍/編集:荘麗玲)

http://japan.cna.com.tw/news/achi/201906100005.aspx
中央社フォーカス台湾 2019/06/10 19:44

取材に応じる蔡英文総統
スクリーンショット 2019-06-11 6.53.34


続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [CN] 2019/06/02(日) 10:34:41.79 ● BE:299336179-PLT(13500)
スクリーンショット 2019-06-02 13.09.17

【シンガポール時事】中国の魏鳳和国務委員兼国防相は2日、シンガポールで開かれた「アジア安全保障会議」で演説し
、他国が台湾の分離独立を図るのであれば、全ての犠牲を払って戦う選択肢しかないと述べた。

 また、人民解放軍は自衛目的だと強調した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190602-00000028-jij-cn

続きを読む

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/05/18(土) 21:40:05.37 _USER
キャプチャ

(台北 18日 中央社)台湾の対中政策を所管する大陸委員会が16日に発表した最新の世論調査で、中国が提唱する「一国二制度」による台湾統一に反対する人が83.6%に上り、賛成の5.6%を大きく上回った。台湾の未来や両岸(台湾と中国)関係の発展については、88.3%が2300万人の台湾人が自ら決めるとする政府の主張を「支持する」と回答し、「支持しない」とした人は4.2%にとどまった。 

台湾に対する中国の圧力に関しては、台湾周辺で軍機や軍艦を飛行・航行させて台湾を威嚇することに賛同できない(82.0%)、台湾への武力行使を放棄しないとする習近平氏の主張を受け入れない(82.6%)、台湾の世界保健機関(WHO)参加を妨害することに賛同できない(87.7%)など、大多数が反感を示した。 

統一工作を進める中国と向き合う政府の姿勢については、台湾の主権と民主主義体制を堅持することに78.5%が支持を表明した。 

同調査は5月10日から12日にかけて20歳以上の成人を対象に電話で実施され、1088人から回答を得た。 

(繆宗翰/編集:塚越西穂)

http://japan.cna.com.tw/news/achi/201905180001.aspx
中央社フォーカス台湾 2019/05/18 13:24

続きを読む

1: 靄々 ★ 2019/04/30(火) 20:29:50.23
台湾で日本への抗議デモ「平成最後の日選んだ」

 【台北=杉山祐之】台湾の「中華海域漁業権益協会」は30日、日本大使館に相当する日本台湾交流協会台北事務所の前でデモを行い、「釣魚台(尖閣諸島の台湾名)は中華民族固有の領土」と主張し、周辺海域での日本側の台湾漁船取り締まりなどに抗議した。

 中国との連携も訴えた。主催者側は「平成の最後の日を選んだ抗議だ」と説明した。

http://news.livedoor.com/article/detail/16395867/
2019年4月30日 19時28分 読売新聞オンライン

続きを読む

↑このページのトップヘ