中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 台湾

1: ニライカナイφ ★ 2018/08/20(月) 13:33:18.20 _USER9
◆台湾総統、NASA訪問 米の厚遇に中国反発も

台湾の総統府は20日、外遊中の蔡英文総統が米現地時間19日午前、米テキサス州ヒューストンの米航空宇宙局(NASA)ジョンソン宇宙センターを訪問したと発表した。
台湾メディアによると、台湾の総統が米本土の政府関連機関を直接訪れるのは初めて。

米国が台湾との親密さを見せつけ、中国をけん制している可能性がある。
中国は反発しそうだ。

写真:米ヒューストンのジョンソン宇宙センターで説明を受ける台湾の蔡英文総統(19日、蔡氏のフェイスブックより)
no title


蔡氏は12~20日にかけて中南米を歴訪し、19日には帰路の経由地であるヒューストンに滞在。
同センター内にあるミッションコントロールセンターなどを視察した。

蔡氏は自身のフェイスブックに訪問について投稿した。
現場で説明に当たった宇宙飛行士から「宇宙から美しい台湾の明かりが見えたと聞いた」と書き込んだ。
宇宙センター訪問は政治色は濃くないものの、米政府が従来の慣例を破る訪問を認めたのは間違いない。

今回の外遊では蔡氏に対する米の厚遇ぶりが鮮明になっている。
蔡氏は13日、往路でロサンゼルスに立ち寄った際にレーガン大統領図書館を訪問。

レーガン氏の米台関係への貢献をたたえる談話を発表した。
台湾の総統が米本土の公開の場で談話を出すのは異例。
従来、米国は中国への配慮から台湾の総統が領内を経由する際にはメディア対応などを厳しく規制していた。

米は通商やアジアの安全保障を巡って中国との摩擦が激化しており、台湾問題を中国をけん制するための外交カードとして活用する場面が増えている。
3月には台湾とのあらゆるレベルの高官の往来を促進する「台湾旅行法」を成立させた。
同法が成立して以降、蔡氏が米を訪れるのは初めてだった。

蔡政権は中国が掲げる、中国大陸と台湾が一つの国に属するという「一つの中国」原則の承認を拒み、中国は圧力を強めている。
米台の接近は中国の神経を逆なでしている。

蔡氏が12日、台湾資本のコーヒーチェーン「85℃」のロサンゼルスの店舗に立ち寄ったところ、中国のネット上で「台湾独立を支援する企業だ」との批判が殺到。
同社の中国店舗に不買運動が呼びかけられる騒ぎになった。

日本経済新聞 2018/8/20 10:04
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34333820Q8A820C1EAF000/

続きを読む

1: たんぽぽ ★ 2018/08/18(土) 17:15:43.99 _USER
1

(ベリーズ 18日 中央社)蔡英文総統は17日午後(台湾時間18日午前)、外遊先の中米ベリーズで報道陣との座談会に臨み、中国のネットユーザーが台湾発祥のカフェチェーン「85度C」を「台湾独立派企業」として不買呼び掛けをしていることに言及した。

 蔡総統は、中国は尊敬される大国として地域発展のけん引役になることを望んでいるとした上で、台湾への外交圧力やいじめは責任ある国の行為ではないと指摘。「自らの行いが目的に背いていないかじっくり考えるべき」と呼び掛けた。

不買運動は、蔡総統が12日、経由地だった米ロサンゼルス滞在中に現地の85度Cに立ち寄ったことを受けて広がった。中国の現地法人は15日、「一つの中国」原則を前提とした「92年コンセンサス」の支持を強調したが、今度は台湾内部から、同社の対応に反発する声が上がっている。

蔡総統は、中国がいつの日か尊敬される大国になることに期待していると述べ、中国の指導者がこのような大望を抱いているのなら、現在の行いは自らが目指す地域内での役割に相反するのではと疑問を投げ掛けた。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://japan.cna.com.tw/news/apol/201808180004.aspx

続きを読む

1: マカダミア ★ 2018/08/13(月) 23:04:46.34 _USER
1

 【台北=田中靖人】台湾で初めてとなる「慰安婦像」が南部・台南市の繁華街に設置されることが13日、分かった。

 人権団体を名乗る設置者が、野党、中国国民党の馬英九前総統の出席の下、14日に除幕式を行うとの取材案内を報道機関に送付した。設置場所は国民党台南市支部の敷地内で、同支部が産経新聞の取材に関与を認めた。

 設置者は「台南市慰安婦人権平等促進協会」を自称。台湾には元慰安婦だと名乗り出た女性2人が生存しているが、支援してきた人権団体「台北市婦女救援基金会」は、促進協について「詳しく知らないし連携していない」と答えた。

 促進協によると、「慰安婦像」は台湾人の作家が制作した女性像。背後に中国語、英語、日本語、韓国語で説明文の看板を設置する。看板には1937年の南京攻略後、30万人が「虐殺やレイプ」に遭ったとの記述のほか、慰安婦について人数が「20万ないし40万人」との主張や「国連人権委員会で性奴隷と認定された」との内容が記された。

 馬氏は在任中、慰安婦問題で日本に謝罪を要求した。設置場所は日本統治時代の百貨店を改装した施設前で日本人観光客も多い。

http://news.livedoor.com/article/detail/15154778/

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(家) [US] 2018/08/10(金) 06:22:35.38 BE:844628612-PLT(14990)
スクリーンショット 2018-08-10 9.49.20

‪台湾の統一派団体幹部を聴取 中国から資金か
https://www.sankei.com/world/news/180809/wor1808090034-n1.html

【台北=田中靖人】台湾の台北地方検察署は9日、中国との統一を主張する政治団体「中華統一促進党」
が中国当局から資金を得た政治献金法違反などの疑いがあるとして、張安楽総裁(党首)と次男を事情聴取した。
台湾の司法当局は6月に中国によるスパイ事件で別の統一派政党「新党」の幹部も起訴しており、中国の内政干渉疑惑への追及を強めている。

台湾の一部報道によると、張氏は中国当局から年500万元(約8150万円)の資金を得て、
反「台湾独立」運動や民主進歩党の蔡英文政権への抗議活動に人を動員していた疑いが持たれている。

促進党は所属員に暴力団「竹聯●(=封の下に綿のつくり)(ちくれんほう)」の構成員が含まれることで知られる。
張氏自身も竹聯●(=封の下に綿のつくり)の元構成員で、「白狼」の異名があった。
竹聯●(=封の下に綿のつくり)にも中国当局から年間3000万元が流れていた疑いがあるという。

台北地検は7日に促進党の幹部や会計担当者ら4人を聴取したほか、党本部などを家宅捜索し、パソコンや資料を押収した。
9日、事情聴取のため台北地検に出頭した張氏は、記者団に「売国集団の民進党こそ清貧な者はほぼいない」と主張した。
張氏は台湾メディアの取材に、台湾に持ち込んだ資金は中国で経営する会社のものだと説明した。

促進党は反日団体としても知られる。
昨年には同党の元台北市議らが日本統治時代の技師、八田與一の銅像を破壊し、有罪判決を受けている。

関連ソース
‪ 沖縄の翁長知事が死去、中国でも速報=「安倍政権に立ち向かった」「福州市の栄誉市民」
http://news.livedoor.com/article/detail/15132173/‬

続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2018/08/08(水) 22:43:08.69 _USER
◆中国が世界最長の海底トンネルを計画 中国~台湾間の135キロ 指摘の声も挙がる

中国政府は中国本土と台湾を結ぶ世界最長の海底トンネルを建設する計画を進めていることがわかった。
中国福建省から台湾海峡を渡って、台湾新竹市を結ぶ長さ135kmの海底トンネル設計案が国務院傘下の中国工程院の資金支援を受け、昨年完成した。

トンネルは2030年までに完成させ、もし完成することが出来れば世界最長の海底トンネルとなる。
現在の世界最長の海底トンネルはフランスとイギリスを結ぶ37.9キロの海峡トンネル。
その海峡トンネルの3.5倍にもなる。

世界の土木学で20世紀の七不思議に選ばれた英仏海峡トンネルは1.6兆円の資金が使われ6年の歳月を経て1994年に完成した。
中国政府の設計案によると、このトンネルは列車が走るメインのトンネルのほかに電力線、通信ケーブル、非常口などを備えたサポートトンネルなど計3つのトンネルで構成される。

メイントンネルの直径は10メートルで英仏海峡トンネルよりもやや広い。
トンネルを広くしたのは列車が250キロの速度で走ることを想定しており、より多くの貨物輸送を可能にするためだという。
一方、英仏海峡トンネルは最大速度が160キロに制限されている。

しかし、この海底トンネルの発表に対して指摘の声も挙がって居る。
台湾の海底には2つの地震断層があり、技術的に建設だけで30年かかると見られている。

また政治的な問題もあり、中国が一方的に建設を行うという可能性があるのだ。
台湾と合意なしに建設を強行した場合は台湾の反中感情は高まると見られている。

ゴゴ通信 2018/08/06 18:54:33
http://gogotsu.com/archives/41998

続きを読む

↑このページのトップヘ