中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 台湾

1: お断り ★ 2023/11/25(土) 09:40:04.08
「戦争か平和か選択」 台湾総統選で中国
24日、台湾野党が総統選候補者の一本化に失敗したことを受けて「台湾は平和か戦争か、繁栄か衰退かという選択を
詳細はソース Yahoo!ニュース 時事通信 2023/11/24
https://news.yahoo.co.jp/articles/bee6646e83d7d99dd66838903812976aa95d800d

続きを読む

1: ばぐっち ★ 2023/09/14(木) 00:23:50.26 ID:??? T
 戦後数十年にわたって「あり得ない」と考えられていた「次の戦争」が、目と鼻の先まで迫っている。人命が犠牲となり、世の中が大混乱に陥ってからでは遅い。今、この国にできることは何なのか。

「我々は台湾侵攻に関する24のシナリオを用意しました。そのうち19のシナリオで『中国はまず、日本国内の軍事拠点を叩く』という展開になっています。在日米軍基地だけでなく、自衛隊の基地もターゲットになる。開戦直後から、日本各地にミサイルが降り注ぐ事態にもなりかねません」

 戦略国際問題研究所(CSIS)。アメリカ政府や日本政府の意思決定にも深く関与し、安全保障分野においては世界最高の研究機関と言われるシンクタンクである。

 そのCSISが今年まとめた、160ページにわたるレポートが各国を震撼させている。

 ”The First Battle of the Next War”(次なる戦争の緒戦)―。「中国が台湾侵攻を決断したとき、何が起きるのか」を詳細にシミュレーションし、得られた結論がそこに記されているのだ。

 冒頭で警鐘を鳴らすのは、レポートの著者でCSIS上級顧問・元米海兵隊大佐のマーク・カンシアン氏である。氏が続ける。

 「通常、戦争シミュレーションは政府・軍関係者や学者といった参加者の主観にもとづき、多くても数回だけ実施されます。対して、我々は台湾侵攻のシナリオを『基本』『楽観』『悲観』に大別し、コンピュータを用いて計3350万回もの試行を重ねました。その結果、きわめて客観的な予測ができたと考えています。

 そのうち大部分のシナリオでは『台湾・アメリカ・日本は大きな損害を被るが、中国は台湾占領に失敗する』との結果になりました。しかしこれは、あくまで米軍が日本国内の基地をフルに使えて、自衛隊も米軍や台湾軍をサポートすることが前提です。日本国内の基地を使えなかった場合―これを我々は『ラグナロク(終焉)シナリオ』と呼んでいるのですが―、数ヵ月の戦闘ののち、台湾全域を中国が占領することになります」

カンシアン氏の共同研究者である、マサチューセッツ工科大学国際研究センター主席研究員のエリック・へギンボサム氏もこう指摘する。

 「我々のシミュレーションでは、ほとんどのシナリオにおいて、中国側は初手もしくは2手目で在日米軍基地へのミサイル攻撃を決断しました。

 米軍が台湾を支援する際、頼りにできるのは日本国内の基地だけだということ、これが最大の問題なのです。日米側が戦闘機を置いておける基地は沖縄など数ヵ所しかありませんが、中国は国内各地に戦闘機を分散させられる。もちろん米軍は空母を出撃させますが、現代の戦争では対艦ミサイルや戦闘機の大きなマトになるだけでしょう」(抜粋)
https://news.yahoo.co.jp/articles/fd07ea288922e97e62fb568f99fe3092ce3034e0?page=1

続きを読む

1: aka ★ 2023/08/09(水) 11:25:14.34 ID:??? T
【台北=大橋拓史】自民党の麻生太郎副総裁は8日、訪問先の台湾で講演し、台湾有事を念頭に「お金をかけて防衛力を持っているだけではだめで、いざとなったら台湾防衛のために(防衛力を)使う」と述べた。

「日本、台湾、米国をはじめとした有志国は強い抑止力を機能させる覚悟が求められている。戦う覚悟だ」とも強調した。

https://www.sankei.com/article/20230808-F6MMDS6Y5NN77HFUIBNZAFBWXE/#:~:text=%E9%BA%BB%E7%94%9F

麻生氏、台湾海峡情勢巡り「戦う覚悟だ」 台北での講演で抑止力強調
https://www.asahi.com/articles/ASR8851VMR88UTFK00R.html#:~:text=%E9%BA%BB%E7%94%9F  

続きを読む

1: 朝一から閉店までφ ★ 2023/07/27(木) 19:21:23.89 ID:??? T
2023/07/27 11:02
 【台北=園田将嗣】台湾紙・聯合報(電子版)などによると、台湾・馬祖列島の北竿島で24日、
「蜂に刺された男性がいる」と観光客から行政当局に通報があった。男性は中国からの密航者であることが判明し、
「自由を求めて(中国から)十数時間泳いできた」と話しているという。

 報道によると、男性は40代で、
https://www.yomiuri.co.jp/world/20230727-OYT1T50180/

続きを読む

1: チンした水溶き小麦粉 ★ 2023/07/29(土) 20:13:05.50 ID:??? T

 米政府は支援の具体的な内容を明らかにしていないが、AP通信によると、
航空機を撃墜可能な携帯式地対空防衛システム(MANPADS)の供与のほか、
情報収集・警戒監視能力の強化策が含まれる。

 米議会で超党派の合意を経て成立した2023会計年度の国防権限法には、
台湾に5年間で最大100億ドルの軍事支援を行うことが明記された。
米軍の備蓄から年間最大で10億ドル分の武器を無償で供与することも盛り込まれている。

読売2023/07/29 12:55
https://www.yomiuri.co.jp/world/20230729-OYT1T50247/

続きを読む

↑このページのトップヘ