中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 台湾

1: puriketu ★ 2021/01/25(月) 23:17:57.61
スクリーンショット 2021-01-26 15.06.44

アメリカのバイデン政権が中国に対して、台湾への圧力を停止するよう求める声明を発表したことについて、
中国外務省は「台湾独立勢力に誤ったメッセージを送らないよう求める」と反発しました。

アメリカ国務省のプライス報道官は23日、声明を発表し、中国に対して、台湾への軍事、外交、それに経済による圧力を停止し、
民主的に選ばれた台湾の代表者との対話を進めるよう強く求めました。

これについて、中国外務省の趙立堅報道官は25日の記者会見で「台湾は中国の不可分の一部だ。
台湾独立や外部勢力の干渉に断固として反対する決意が揺らぐことはない」と述べました。

そのうえで「アメリカには、台湾に関する問題を慎重かつ適切に処理し、台湾独立勢力に誤ったメッセージを送らないよう求める」と反発しました。

大統領就任式に台湾の代表が正式に招待されたことに続き、今回の声明の発表で、
バイデン政権としては、トランプ前政権が進めてきた台湾との関係強化の方針を基本的に継続する姿勢を示しました。

一方、中国としてはアメリカの政権交代を機に関係改善を模索したい考えで、主権に関わる問題では一歩も譲らない立場を示しながらも、
バイデン政権の出方を慎重に見極めるものとみられます。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210125/k10012832681000.html

続きを読む

1: ばーど ★ 2021/01/24(日) 11:52:35.45
【ワシントン共同】米国務省のプライス報道官は23日、台湾に対する軍事、外交、経済的な圧力を停止するよう中国に求める声明を発表した。台湾との関係強化も表明した。

2021/1/24 10:32 (JST)1/24 10:49 (JST)updated
https://this.kiji.is/725886312800010240?c=39550187727945729

続きを読む

1: 首都圏の虎 ★ 2021/01/22(金) 00:18:57.76
※ロイター

[台北 21日 ロイター] - 中国当局は本土に滞在する台湾人に対して優先的に新型コロナウイルスワクチンの接種を実施しているが、台湾政府は人気取り政策の一環とみて神経を尖らせている。

台湾ではワクチン接種は始まっていないが、中国本土では台湾人に対して無料で接種が行われている。

共産党序列4位の汪洋全国政治協商会議主席は今週、台湾人が「祖国との統一」に利益を感じられるように、台湾人に対して包括的な便益を提供するよう政府関係者に指示した。

中国本土でワクチンの接種を受けた台湾人の数は明らかでない。

この問題を調査している台湾の安全保障当局者は「これは中国本土に対する台湾のビジネスパーソンの忠誠心を強め、与党民進党に一段と圧力を加える戦略だ」と語った。

台湾で対中政策を担当する大陸委員会は声明を発表し、ワクチンの接種は医療専門家の問題であり「政治的な宣伝活動として利用すべきではない」と指摘。中国でワクチン接種を受ける際には「安全性と必要性を慎重に評価」すべきとし、今後も状況を注視していく考えを示した。

台湾当局は中国製ワクチンのリスクを繰り返し指摘し、中国で接種を受けても台湾に戻った際には2週間の自主隔離を義務付けている。

これに対し、中国の国務院台湾事務弁公室は台湾政府が「政治的な目的」で中国のワクチンに対する「根拠のない懸念」を広めていると非難し、ワクチンは「非常に安全」と主張している。

台湾は英アストラゼネカ製のワクチン1000万回分を含む約2000万回分のワクチンを手配したが、配布は3月以降になる予定だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f8130adcd5506e765ea8d2b16f3238bdc38dc6cf

続きを読む

1: Felis silvestris catus ★ 2021/01/21(木) 17:50:12.30
https://news.yahoo.co.jp/articles/fe88947f50bb8a9c994180b28af3f9a39858c9d9
 【台北共同】台湾の台北駐米経済文化代表処(駐米代表部に相当)の蕭美琴代表は20日、バイデン米大統領の就任式に出席した。台湾メディアによると、正式な招待を受けての出席は米台が断交した1979年以来初めて。

 米国務長官に指名されたブリンケン氏は19日に対中強硬政策を維持する考えを表明。台湾外交部(外務省)はブリンケン氏がこの中で「台湾が国際社会でより重要な役割を果たすことを望んでいる」と述べ、バイデン政権として台湾支持を継続していく方針を明確にしたとして、謝意を表明した。

 蕭氏はフェイスブックに「非常に光栄だ」と書き込んだ。
【関連記事】

続きを読む

1: Felis silvestris catus ★ 2020/12/15(火) 18:03:11.37 _USER9
https://www.recordchina.co.jp/b860291-s0-c30-d0052.html?utm_source=nordot
新型コロナウイルス対策の模範とも言われた台湾のネット掲示板PTTで、日本のコロナ対策が話題になっている。台湾メディアの聯合報が13日付で伝えた。

記事は、新型コロナが依然世界で猛威を振るっていることに言及し、「公衆衛生大国である日本でさえも、感染者増の苦境から逃れることはできていない」と指摘。これについて、PTT上であるユーザーが「私が見た限り、日本人は毎日マスクをしていて、気を緩めることもなかった。それに、衛生面にも非常に気を遣っている。でも、感染者は増え続けている」とし、「日本の一体どこに問題があるのだろうか?」と問いかけたことを紹介した。

これに対し、他のユーザーからは多数のコメントが寄せられ、「日本人は中国人に対する警戒が甘い。多くの観光地は中国の街と化している」「隔離政策が緩いと思う。マスクの問題ではない気がする」「市民の多くは公的な対策に関心が薄いので、協力が得られないのでは」「当初、中国人や韓国人の入国を制限しなかったから」「初めのころ、まだ東京五輪を開催できると訴えたかったから全面的な国境封鎖をしなかった。反応が遅すぎた」といった意見が並んだという。

このほか、「日本にいる友人いわく、日本の隔離政策は『仏系』(緩い)らしい」「居酒屋はまだいいけど、風俗店にもどんどん行ってるからね」「日本人はいまだにかぜ程度にしか思ってないんだよ」「単純に言って、SARS(重症急性呼吸器症候群)で死者が出ていない国は大ごととは思ってないんだと思う」「クルーズ船の乗客の“現地解散”からしておかしかった。今はこれでも国民は自制している方」といった見方も寄せられたと記事は伝えている。

13日に日本全国で確認された感染者は2388人、重傷者は583人で過去最多を更新した。(翻訳・編集/北田)

続きを読む

↑このページのトップヘ