1: 名無しさん 2017/01/05(木)09:41:11 ID:???
邦人多数虐殺「通州事件」 中国共産党の扇動判明 蜂起部隊に工作員接触

 日中戦争(1937~45年)の開始直後、北京郊外で邦人多数が虐殺された37年7月の「通州事件」で、
蜂起した親日地方政権の中国人部隊が、中国共産党の扇動工作を受けていたことが、中国での研究で明らかになった。
日中戦争は今年で開始80年となるが、「抗日民族統一戦線」の結成を急ぐ当時の共産党が、
敵対する親日政権の軍・警察組織に離反を働きかけたことで、惨劇につながる蜂起の素地が事前に
形成されていたことが裏付けられた。(編集委員 山本秀也)

続き 産経ニュース 全2ページ
http://www.sankei.com/world/news/170104/wor1701040025-n1.html



続きを読む