中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ:日本 > 沖縄

1: みつを ★ 2019/04/27(土) 17:35:42.65
1

尖閣沖 中国海警局の船4隻が接続水域を航行
2019年4月27日 16時23分

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。

4隻は午後3時現在、魚釣島の北西、およそ32キロから36キロを航行しているということで、海上保安本部が、領海に近づかないよう警告と監視を続けています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190427/k10011898991000.html 

続きを読む

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [KR] 2019/04/27(土) 07:26:18.34 BE:844481327-PLT(12345)
1

玉城デニー知事は26日の定例会見で、中国が主導する経済圏構想「一帯一路」に関し
「沖縄が日本のアジアへの玄関口として、一帯一路に関わっていけるか模索する」と述べた。
ただ現段階で、沖縄の具体的な関与の方法は「検討段階にはない」とした。習近平国家主席の沖縄訪問にも期待感を示した。

玉城氏は16日から19日までの日程で、日本国際貿易促進協会に同行して訪中。中国の胡春華副首相との会談で玉城氏は「一帯一路」について「日本の出入口としての沖縄の活用」を提案した。
胡氏からは「沖縄を活用することに賛同する」と発言があったという。

玉城氏は沖縄と中国の観光交流の促進、IT企業間の連携強化なども求めた。商務部の担当者との会談では、農作物の輸出拡大を要請し、中国側からは歓迎するとの返答があったという。
玉城氏は胡氏に対し、G20で訪日する習国家主席の沖縄訪問も要請した。習氏は過去に福建省の省長を務めており、沖縄と中国福建省の友好関係を考慮したという。

玉城氏は、習氏の来県によって「経済交流を加速し深めたい」と期待した。ただ日本の外務省とは調整しておらず、中国側からの返事も、現時点でないという。

会見では、記者から中国の海洋進出による安全保障への懸念を問う声が出た。
玉城氏は「国際交流などで、国家間の全体的なつながりを深化させるのは有益だ」と述べるにとどめた。

http://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/6630


続きを読む

1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [US] 2019/03/31(日) 10:43:40.55 BE:844481327-PLT(12345)
1

日本沖縄政策研究フォーラム(仲村覚理事)は30日、浦添市内で全沖縄国連先住民族勧告撤回大会を開催、中国人漫画家の孫向文氏が講演した。

孫氏は、親戚が2010年ごろに参加した沖縄へのクルーズ船の中で、沖縄の説明があった際、
「中国人女性が琉球の歴史に触れ、『(沖縄は)日本が中国から奪った』とウソの歴史を話していた」と説明し、政治関心のない親戚も洗脳されたと主張した。

那覇市のクルーズバースからも見える若狭の「龍柱」なども問題視。
中国人ツアー客らは県内で中国の影響が強い施設のみを巡るため「クルーズ船内で話した内容が証明されてしまう」とし、危機感を示した。

孫氏は中国の国内事情も説明。共産党の一党独裁に反対し、民主化を求めるも人もいると紹介。
ただ、「民主化しても反日を続けるかもしれない」と分析し、民主派の中には、中華思想が強く尖閣諸島の領有権を主張し続ける可能性がある一派もいるとした。

中国共産党はプロパガンダや工作活動を合法・非合法に関わらず行うと説明。
相手国の法律に従って「工作員を政治家にする」と問題視。
「中国共産党は、民主主義の方法を悪用して、その国の民主主義をつぶす」と述べ、合法的に工作活動を行い政治体制を変えてしまう可能性があると警鐘を鳴らした。
大会では、仲村氏の講演なども行われた。
国連が出した沖縄県民が先住民族であるとする勧告の撤回を求める決議書も採択された。
国連への人員派遣や、県議会や県内市町村議会での撤回要請決議の採択、基金の設立などが決議された。

https://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/6138

続きを読む

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US] 2019/03/12(火) 08:49:05.37 BE:844481327-PLT(12345)
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
友好県省を結ぶ中国福建省から沖縄県に贈られた獅子像の除幕式が11日、名護市喜瀨の万国津梁館であった。

獅子は閩南(びんなん)産の青石を使い、福建省で造られた。
高さは約160センチ、一対で重さ約3・4トン。玉を持つ獅子は太平を、子連れの獅子は子孫繁栄を願う。

福建省人民政府外事弁公室の李宏副主任は「獅子が双方の交流を見守り、福をもたらしてほしい」と願った。
県は除幕式にあわせ、宮城光男さんが制作した同館のシーサーと龍柱もお披露目した。

https://ryukyushimpo.jp/news/entry-887365.html
no title

続きを読む

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US] 2019/03/03(日) 07:33:19.84 BE:844481327-PLT(12345)
20190303_kennminntouhyounitakaikannshinn

県民投票に高い関心 宜野湾などで現地レポート 中国報道ウォッチ

http://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/5666

続きを読む

↑このページのトップヘ