中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ:日本 > 沖縄

1: ◆Hikaru.CGk Hikaru ★ 2019/02/11(月) 10:55:50.33
1

NHK NEWS WEB 2019年2月11日 10時25分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20190211/k10011810941000.html

11日午前、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域に入ったのが確認され、
海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けています。

第11管区海上保安本部によりますと、11日午前8時ごろ、中国海警局の船4隻が尖閣諸島の久場島沖の接続水域に相次いで入ったのが確認されました。

4隻は午前9時現在、久場島の北西およそ30キロを航行していて、海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けています。

続きを読む

1: みつを ★ 2019/01/14(月) 17:22:58.57
1

尖閣沖の接続水域 中国海警局の船4隻が航行
2019年1月14日 16時39分

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。

14日午後3時現在、4隻のうち3隻は尖閣諸島の久場島の東、およそ41キロから44キロを、残る1隻は大正島の西およそ44キロをそれぞれ航行していて、海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190114/k10011777261000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005  

続きを読む

1: ◆Hikaru.CGk Hikaru ★ 2019/01/05(土) 12:46:04.89 _USER9
 沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で5日、中国海警局の「海警」4隻が日本の領海に侵入した。
尖閣諸島沖での中国公船の領海侵入は昨年11月11日以来で、今年初めて。

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、
海警「1305」「2305」「2401」「31241」が午前10時20~35分ごろ、魚釣島北北西の領海に侵入した。

JIJI.COM 2019年01月05日12時09分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019010500306&g=soc

続きを読む

1: ■忍法帖【Lv=12,ぶとうか,tdu】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2019/01/03(木)12:03:54 ID:???

2019年01月03日

 尖閣諸島(沖縄県)周辺の日本領海への中国公船の侵入が、昨年12月は1回も確認されなかったことが
海上保安庁への取材でわかった。
領海侵入が1か月間ゼロだったのは、政府が同諸島を国有化した2012年9月以降初めて。

 尖閣諸島の領有権を主張する中国は、12年9月から中国海警局などの公船による領海侵入を繰り返す
ようになり、14年以降は一度に4隻ほどが侵入し、2時間程度航行する行為を月2~3回続けてきた。
しかし、昨年9~11月は月1回となり、12月はゼロだった。

 昨年の侵入回数と延べ隻数もそれぞれ19回、
70隻と、12年以降最少となった。同庁は「減った理由はわからない」としている。

 これに対し、ある政府関係者は、安倍首相が昨年10月に日本の首相として7年ぶりに中国を公式訪問し
首脳会談が開かれるなど、日中関係の改善が背景にある可能性を指摘している。

(ここまで373文字 / 残り112文字)

https://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20190103-OYS1T50001.html


続きを読む

1: チンしたモヤシ ★ 2018/12/29(土) 15:05:20.33 _USER9
中国、尖閣領海への侵入頻度減少
米と摩擦抱え月1日に
2018/12/28 18:33c一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/451299739096810593?c=39546741839462401

2016年8月、沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域を航行する中国公船。背後には漁船も見える(第11管区海上保安本部提供)
no title


 【北京共同】中国が沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海に公船を侵入させる頻度を減らしている。日本の海上保安庁によると、9月以降は侵入日数が月1日で推移し、12月は28日夕までゼロ。中国は米国との摩擦を抱えており、日本が「強固な同盟関係」と強調する米国と共に中国に対抗する事態を避ける狙いがある。

 中国は、2012年9月の日本政府による尖閣国有化後、尖閣周辺の領海に公船を侵入させ続けている。国有化後に1日も侵入がなかった月はなく、最も多かった同年12月は8日に上った。

 16年8月の侵入日数は6日で、1日に侵入を何度も繰り返す事態が起き、緊迫した。

続きを読む

↑このページのトップヘ