中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 沖縄

1: 名無しさん 2017/09/11(月) 20:13:14.82 _USER9
■翁長雄志・沖縄県知事(発言録)

 (11日で沖縄県・尖閣諸島の国有化から5年になることを報道陣から問われ)ニューヨークで(2001年9月に)飛行機がビルに突っ込んで、その1週間後から沖縄への修学旅行がぴたっと止まった。米軍基地があるから危ないと。観光客を取り戻すのに3~4年かかった。もし尖閣でいざこざがあり、死者でも出れば、沖縄観光は一発で終わる。もう石垣に行く人はいなくなる。日本の立場を維持しつつも、平和外交で物事を解決してもらわなければ、私たちは立つ瀬がない。(東京・防衛省で日米地位協定改定の要請後、記者団に)
http://www.asahi.com/sp/articles/ASK9C5JB9K9CTPOB002.html
no title
7: 名無しさん 2017/09/11(月) 20:14:51.60 
>>1 
中国に何か言え 

48: 名無しさん 2017/09/11(月) 20:21:30.37 
>>1 
YOUは何しに中国へ? 

84: 名無しさん 2017/09/11(月) 20:29:01.87 
>>1 
なんでテメーが言わないんだよ 
やるべきことやらんで国の足ひっぱってばかりじゃあちらの工作員と言われるのも仕方ないで 

沖縄を明け渡すミッションとしか思えん 

121: 名無しさん 2017/09/11(月) 20:34:38.57 
>>1 
とにかくはよ県知事降りろや 

152: 名無しさん 2017/09/11(月) 20:40:21.32 
>>1 
領海侵犯を繰り返す中国に言うことは無いのか?無能知事 

179: 名無しさん 2017/09/11(月) 20:45:10.99 
>>1 
そんなことより翁長よ 
お前、背任罪と横領の疑いがあるんだが 

320: 名無しさん 2017/09/11(月) 21:14:52.79 
>>1尖閣で死人が出たら日中関係は終る。沖縄観光どころじゃない。 

387: 名無しさん 2017/09/11(月) 21:29:52.70 
>>1 
汚職野郎が何言ってんだ? 


続きを読む

1: 名無しさん 2017/09/05(火) 19:59:31.58 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
中国の国際友好団体のメンバーが4日、翁長知事を訪ね、交流の促進に向け連携していくことを確認しました。

翁長知事を訪ねたのは、中国国際友好連絡会の辛旗副会長です。
辛副会長らは、日中国交正常化45周年の一環として来日していて、翁長知事に「年間100万人の中国人観光客が沖縄を訪れている。日中関係が微妙な今だからこそ、古くからの交流がある沖縄と中国から関係を深めていきたい」とあいさつし、翁長知事に訪中するよう要請しました。

これに対し翁長知事は「2017年は県と福建省の友好関係も20年目の節目となっている。これからも関係を深めていきたい」と応じました。

http://www.qab.co.jp/news/2017090594227.html
no title

63: 名無しさん 2017/09/06(水) 07:47:32.10 
分かりやすいなぁ 


2: 名無しさん 2017/09/05(火) 20:00:17.26 
朝貢 


4: 名無しさん 2017/09/05(火) 20:00:58.15 
少しは隠せよ… 


5: 名無しさん 2017/09/05(火) 20:02:14.94 
着々と侵攻してるなあ翁長なら訪中するだろうけど…マジで沖縄乗っ取られるんじゃねえの 

続きを読む

1: 名無しさん 2017/08/06(日) 20:09:22.02 ● BE:844481327-PLT(13345) ポイント特典
沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で5日午前、新基地建設に反対する市民ら約120人が集まり、「違法な工事はやめろ」「人権侵害はやめろ」などと声を上げた。

台風5号の影響で時折、強い風が吹く中、市民は同日午前8時ごろから座り込みを開始。
午後0時現在、基地内への工事車両の進入や機動隊による排除はない。

ゲート前であいさつしたヘリ基地反対協議会の安次富浩共同代表は、12日に那覇市の奥武山公園陸上競技場で開催される県民大会への参加を呼び掛け、「5万人集まろう」と声を上げた。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/123649

沖縄タイムス辺野古・高江取材班 @times_henoko

8月5日午前8時10分、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ工事車両用ゲート前では、新基地建設に反対する市民約50人が座り込みを始めました。
台風の影響で時おり強い風が吹く中、「違法工事を許さない」などと訴えています。

no title

no title


沖縄タイムス辺野古・高江取材班 @times_henoko

8月5日正午、米軍キャンプ・シュワブ工事車両用ゲート前で座り込む市民約120人は、昼食のため、テントに移動しました。
弁当を食べて、午後の抗議行動に備えています。

no title

no title

44: 名無しさん 2017/08/06(日) 20:25:04.00 
パヨクは都合のいい時だけ欧米ガー世界ガー言ってて 
これ世界じゃ認めないよ 
こんなことしてるパヨクは支持されない


続きを読む

1: 名無しさん 2017/07/03(月) 19:54:12.37 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
 【札幌市で宮城隆尋】日本平和学会(君島東彦会長)の春季研究大会は最終日の2日、「アイヌと琉球民族にとっての植民地主義と憲法」
をテーマにした部会を開き、高良沙哉沖縄大准教授、上村英明恵泉女学園大教授らが登壇した。琉球併合(琉球処分)から現在の米軍基地
問題まで沖縄の自己決定権が侵害され続けている状況や、北海道への和人の入植と激しい同化政策にアイヌの人々がさらされてきた
経緯などについて議論した。

 高良さんは、米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古への新基地建設に反対する民意が日本政府に無視されていることを挙げ
「憲法論議で具体的に平等権の問題として(沖縄への)差別が語られていない。憲法の平和主義と安保(体制)の矛盾から来る、
具体的な人権侵害(基地被害など)を語るべきだ」と指摘した。

 その上で「沖縄で少数だが独立論が消えないのは、日本と沖縄の関係が侵略から始まったからだ」と強調。中国脅威論に対しては
「帰属問題ではない。大国が沖縄を取るという考えは植民地主義的だ。私たちは所有物ではない」と批判した。

 上村さんは日本が敗戦によって朝鮮半島などの植民地を放棄したことを挙げて「北海道と沖縄は同じ法体系にある“内地”となっても
植民地支配が続いた。日本は戦後、自らの植民地主義を検証しなかった。日本の近代史、明治以降をどう評価すべきか、問い直すべきだ」
と指摘した。
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-526177.html
153: 名無しさん 2017/07/04(火) 12:28:35.13 
また中国の工作~? 

5: 名無しさん 2017/07/03(月) 19:57:09.77 
札幌にすんでて未だにアイヌがどこに存在するかがわからん 

158: 名無しさん 2017/07/04(火) 16:19:01.71 
>>5 
君の心の中に住んでいるよ 


続きを読む

1: 名無しさん 2017/04/29(土) 08:59:50.97 ● BE:844481327-PLT(13345) ポイント特典
国連本部で開かれている第16回先住民族世界会議で、アジア地区代表による声明に「沖縄人の理解がないままに新基地建設を強行している」とする文言が盛り込まれた。
国連の場で沖縄の基地問題への理解が着実に広がっていることを示すものである。

沖縄の民意を無視して強権的手法を取り続ける日本政府を揺さぶる意義は大きい。
今後も国際社会への訴えによって共感を広げる努力を続けたい。

会議に出席した友知政樹沖縄国際大教授はNGO主催のイベントで、名護市辺野古で工事が強行されていることを報告した。
日米両政府を批判し工事中止を強く求めたことに対し、アジアや南米の参加者から危機感を共有する発言があったことも心強い。

新基地建設やオスプレイ配備に対し、沖縄では選挙や大規模集会などあらゆる方法で反対の意思を示してきた。
しかし、日本政府はこの民意を踏みにじり、言論表現の自由の表出である抗議行動を警察力で封じ込めながら、強行を繰り返している。
このような状況を打開する努力の一つとして国連の場で訴えているのである。
今回の声明では「国連による度重なる勧告にもかかわらず日本政府が沖縄の人々を先住民と認めていない」とも批判した。
先住民とは、ある土地に元来住み着いている人間集団のことである。沖縄にルーツを持つ人々がそのようなアイデンティティーを持っていることが、国連での議論の前提にある。
日本に併合され同化政策が取られた歴史を踏まえれば、先住民として自己決定権を主張するのは自然なことだ。

友知教授によると、声明に対し日本政府代表が「立ち入り禁止区域に入るなど違法な抗議活動が行われている」と発言した。
15年に翁長雄志知事が国連人権理事会で「沖縄の人々の自己決定権がないがしろにされている」と訴えた時も「日本の国家安全保障は最優先の課題だ。
辺野古移設計画は合法的に進められている」などと主張した。

沖縄の自己決定権侵害の問題として議論されている場でこのような筋違いの主張しかしない日本政府は、国際的な信用を失っている。
沖縄に対する差別政策を直ちにやめ、沖縄の自己決定権、民意を尊重することなしに、信用を取り戻すことはあり得ないことを知るべきである。

http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-487275.html
269: 名無しさん 2017/04/29(土) 21:34:31.05 
なんだシナ新報か(´・ω・ `) 


268: 名無しさん 2017/04/29(土) 21:33:12.11 
支那畜新聞まだあったんだ 


5: 名無しさん 2017/04/29(土) 09:02:51.80 
中国は完全に奪いにきてるな 

続きを読む

↑このページのトップヘ