中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ:日本 > 沖縄

1: ◆mZB81pkM/el0 (東京都) [FR] 2019/07/12(金) 08:49:41.97 ● BE:844481327-PLT(13345)
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
11日の県議会最終本会議では、中国公船による領海侵入に関する意見書も審議され、全会一致で可決された。
意見書では、中国公船が尖閣諸島の周辺海域に侵入を繰り返し、漁民に不安を与えていると批判。
尖閣諸島は日本固有の領土で、国際法上も疑問の余地がないと指摘した。

総務企画委員長の渡久地修氏(共産党)は「宮古・八重山地域住民をはじめ県民の生命・安全、領土・領海を守る立場から、
政府に対し、尖閣諸島と周辺海域が歴史的、国際法上も我が国固有の領土、領海であることを国際社会へ明確に示すべき」と訴えた。

平和的な外交で中国との関係改善を図ることも求めた。
宛先は首相のほか外務、防衛、国土交通、沖縄担当の各閣僚。

https://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/7948

続きを読む

1: 孤高の旅人 ★ 2019/06/09(日) 10:18:03.68
尖閣に中国船、58日連続で確認…最長更新続く
09:40
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190609-OYT1T50005/

 沖縄県石垣市の尖閣諸島沖の接続水域(領海の外側約22キロ)で8日、海上保安庁の巡視船が中国公船4隻を発見した。この海域での航行確認は58日連続で、2012年9月の同諸島国有化以降、最長を更新し続けている。5月には領海への侵入が4件起きており、海保は警戒を強化している。


 同諸島の領有権を主張する中国は、日本による国有化以降、連日のように公船3~4隻を接続水域に航行させ、月に数回のペースで領海侵入を繰り返している。

 海保によると、昨年の領海侵入は月1~2回で推移し、12月には国有化以降、初めてゼロとなった。しかし今年1月以降は月に3回程度に増加し、5月は4回になった。1か月の領海侵入が4回以上となるのは16年8月(6回)以来。接続水域の航行も長期化し、これまでの最長期間は43日間(14年8~9月)だったが、今回は58日に達した。
 日中関係は改善基調にあり、今月下旬には習近平
シージンピン
国家主席が来日を予定している。
 そうした中での公船の動きには、中国が領有権の主張では「譲歩しない」との立場を明確にする狙いがある。中国はパトロールと称する公船の航行が「常態化した」と公表している。この海域で中国の海上法規が適用されているとの既成事実化を図るものだ。

続きを読む

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US] 2019/05/29(水) 07:47:41.18 BE:844481327-PLT(12345)
八重山日報【金波銀波】「中国は八重山の新聞をチェックしているのでは」―。

「中国は八重山の新聞をチェックしているのでは」―。
尖閣諸島海域から石垣港に戻った仲間均石垣市議が苦笑した。尖閣と石垣島の中間あたりの海域で、中国公船「海警」の待ち伏せに遭った

◆仲間氏が尖閣海域に出漁するのは約2年ぶり。当時は仲間氏が出漁しても「海警」は見て見ぬふりだった。

今回、仲間氏は本紙の取材に応じ、事前に尖閣出漁の計画を大々的にアピール。中国側に情報が伝わっている可能性を念頭に置いた上で出漁した

◆すると「海警」は反応した。放置できないと思ったのだろう。仲間氏の漁船を約1時間にわたって追尾した

◆「海警」は今や文字通り軍事組織であり、上意下達は徹底しているはずだ。最高指導部レベルが、日中関係なども考慮した上で、現場に指示を出しているに違いない。
仲間氏の出港情報を新聞報道で事前にキャッチし、対応を検討した可能性は十分ある

◆宮古島や与那国島の陸上自衛隊駐屯地に整備された「保管庫」「貯蔵庫」を巡り、反対派が防衛省批判を強めている。
弾薬が貯蔵されることを防衛省が隠していたというのだ。弾薬を持たない軍隊などあるわけがなく、貯蔵庫の中身を詳細に公開する軍隊もあるまい。
尖閣を狙う隣国は、沖縄の新聞を熟読しながら、高笑いしているに違いない。

http://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/7191


続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2019/05/26(日) 23:57:21.50
◆ 中国公船が漁船を追尾 仲間氏「尖閣取りに」と危機感 2隻の領海侵入も

「尖閣諸島を守る会」代表世話人の仲間均石垣市議は23、24の両日、漁船「高洲丸」に乗り、尖閣諸島周辺で漁をした。
高洲丸は24日午前、石垣島へ戻る途中で、中国公船「海警」に約1時間にわたって追尾されたが、海上保安庁の巡視船に護衛され、事故などはなかった。

石垣港に帰港後、仲間氏は八重山日報の取材に応じ「中国は本気で尖閣諸島を取りに来ていると感じる。何もしなければ、日本はさらに厳しい状況に追い込まれるのではないか」と危惧した。
海保によると、この日は中国公船2隻が領海侵入した。

写真:no title


八重山日報 2019/5/25
https://www.yaeyama-nippo.co.jp/archives/7129



続きを読む

1: みつを ★ 2019/04/27(土) 17:35:42.65
1

尖閣沖 中国海警局の船4隻が接続水域を航行
2019年4月27日 16時23分

第11管区海上保安本部によりますと、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行しています。

4隻は午後3時現在、魚釣島の北西、およそ32キロから36キロを航行しているということで、海上保安本部が、領海に近づかないよう警告と監視を続けています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190427/k10011898991000.html 

続きを読む

↑このページのトップヘ