中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ:日本 > 尖閣諸島

1: 名無しさん 2017/02/06(月) 15:49:54.56 _USER9
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170206/k10010866471000.html

6日午後、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻が日本の領海に相次いで侵入し、海上保安本部が直ちに領海から出るよう警告を続けています。
第11管区海上保安本部によりますと、6日午後2時すぎ尖閣諸島の魚釣島の沖合で、中国海警局の船3隻が相次いで日本の領海に侵入しました。

午後2時20分現在、魚釣島の北西、およそ20キロの日本の領海内を航行しているということで、海上保安本部が直ちに領海から出るよう警告を続けています。

3隻は4日から尖閣諸島沖の接続水域を航行していました。

尖閣諸島の沖合で中国海警局の船が日本の領海に侵入したのは、先月22日以来で、ことしに入って合わせて4日になります。

政府が官邸対策室設置
政府は午後2時すぎ、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻が日本の領海に侵入したことから、総理大臣官邸の危機管理センターに設置している「情報連絡室」を「官邸対策室」に切り替えて、情報収集と警戒監視にあたっています。
187: 名無しさん 2017/02/06(月) 16:30:41.48 
来たか 
ヤマザルども 

3: 名無しさん 2017/02/06(月) 15:50:49.97 
シナチスを非難しない人は平和を愛する諸国民ではない


続きを読む

1: 名無しさん 2017/02/04(土) 01:28:00.72 _USER9
米長官の尖閣防衛発言に反発=「問題を複雑化」と中国外務省

【北京時事】中国外務省の陸慷報道局長は3日夜、マティス米国防長官が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)について、日米安保条約の適用対象と確認したことを受け、「米側は釣魚島の主権問題で誤った発言を停止し、問題をさらに複雑化させたり、地域情勢に不安定要素をもたらしたりすることのないようにすべきだ」と反発する談話を発表した。

 
 陸局長は「釣魚島は中国固有の領土であり、歪曲(わいきょく)できない歴史的事実だ」と改めて領有権を強調。日米安保条約を「冷戦時代の産物だ」と批判した上で、「中国の領土主権と正当な権益を損なってはならない」と主張した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-00000009-jij-cn

57: 名無しさん 2017/02/04(土) 01:44:01.05 
コイツらチュンころどもは、こうやって南京大虐殺も捏造してんだよ。 


5: 名無しさん 2017/02/04(土) 01:29:44.07 
 | 
 | 
 |__∧  / 
 |Д`∩ 尖閣は日米安保の適用対象だぞ! 
 |  ノ \ 
 | / 
 |__) 
            ∧_∧l|l  聞こえないアル 
            (l|l `ハ´) 
           ⊂    つ 
            (  ヽノ 
            レ\__フ 

続きを読む

1: 名無しさん 2017/02/03(金) 19:16:17.28 ● BE:288582569-PLT(14402) ポイント特典
こいよチャイナ


米国のマティス国防長官は3日、安倍晋三首相との会談で「日本の施政権のおよぶ範囲については日米安保条約5条が適用される。これは揺るがない原則だ」と語った。会談に同席した政府高官は「尖閣の話をしている時にそういう発言があった」と述べ、マティス氏が沖縄県の尖閣諸島について、米国による日本防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用範囲であることを明言した、との認識を示した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00000087-asahi-pol 
3: 名無しさん 2017/02/03(金) 19:17:10.54 
うむ。 

7: 名無しさん 2017/02/03(金) 19:17:58.55 
oh・・・ 
トランプもしかして超親日なの?だとしたら安倍首相やるなぁ 

13: 名無しさん 2017/02/03(金) 19:18:41.95 
>>7 
マッドドッグは実務派だから 

63: 名無しさん 2017/02/03(金) 19:27:02.71 
>>7 
ちげーよ。 
アメリカの防衛上日本は中国に渡せないって事だよ。 

184: 名無しさん 2017/02/03(金) 19:51:34.59 
>>7 
親日派というより対中強行派と見たほうが正確じゃね 

パヨク連中は、閣僚が中国に厳しい奴らばかりなのをスルーして、未だにプロレスとか言って現実逃避してるけど、いい加減中国は潰されるってこと理解しないとね 
ニクソンがソ連を潰すために一つの中国を認めるという親中政策をやって懐柔したが、今度はトランプは中国を潰すためにプーチンと和解したわけで 

それがまずいリベラル勢力が必死に、トランプが弱み握られてるとか嘘を垂れ流してるけど


続きを読む

1: 名無しさん 2017/01/27(金) 01:14:46.54 _USER
no title

尖閣諸島周辺で、海上保安庁(手前)は、中国公船の侵入を阻止している(山本皓一氏撮影)

 今、東シナ海の緊張が増幅している。

 ドナルド・トランプ米大統領は選挙中、「沖縄からの米軍撤退」を示唆した。それに影響されたのか、武装した中国海警艦などによる沖縄県・尖閣諸島周辺の領海侵犯や、中国軍機の飛来による自衛隊機のスクランブル(緊急発進)が増加した。

 2016年の中国公船による領海侵犯は延べ121隻、接続水域内入域は752隻に及んだ。昨年4~12月のスクランブルの回数は883回で過去最多を更新した。中国機が7割以上だ。

 トランプ氏が共和党の大統領候補に決まった直後の昨年8月には、接続水域に147隻、領海に23隻の侵入が確認された。200隻を超える中国漁船とともに、過去最多15隻もの中国公船が同時に接続水域や領海に侵入する事態も発生した。

 「8月15日に魚釣島上陸」という情報も飛び交い、まさに尖閣周辺海域は「開戦前夜」といった様相だったのだ。

 この時、米海軍は「動き回る要塞」との異名で知られる、世界最大級の強襲揚陸艦「ボノム・リシャール」を投入した。それを察知した侵入漁船群は、クモの子を散らすように姿を消し、一触即発の危機を免れた。当然、海上保安庁の巡視船も尖閣を必死に守った。

 安倍晋三政権の日米同盟強化の成果だろう。民主党政権時代に起きた中国漁船体当たり事件などの対応とは雲泥の差だ。

 今月23日までで、中国公船37隻が接続水域に入域し、10隻が領海侵犯している。

 最近、尖閣海域の漁業調査に筆者を同行させてくれた石垣島のウミンチュー(漁師)から、悲鳴のような電話が入った。

 「尖閣の海には怖くてもう行けないよ。中国の海警艦が1時間も追いかけてくるのだから」

 彼の話を要約すると、海警艦は逃げる日本漁船を撮影して、「自国の領海から密漁船を追い払った」という国内向けのプロパガンダに利用しているようだという。

 さらに、日台漁業交渉で締結された尖閣海域の共同管理の合意で、台湾漁船が押し掛けているのだ。

 「向こうは大型船で乗組員も10人前後。はえ縄の長さも80キロ。こちらは10トン未満で2人乗り。縄も30キロがやっと。お祭りすれば(縄が絡まれば)、細い縄はズタズタにされる。漁具300万円分が吹っ飛ぶ」

 事実、クロマグロの漁獲高は半減した。台湾船が捕った魚の大半は中国へと売られる。中国資本の台湾漁船も多く、中国人の海洋民兵も紛れ込んでいるらしい。現在、尖閣の海に日本漁船の姿はない。

 こんな現状で、トランプ氏の対日、対中政策は不透明だ。だからこそ中国はさまざまな挑発の手を使って、「日米の絆」をシミュレートしているのだろう。

 早急な日米首脳会談が待たれる。

 ■山本皓一(やまもと・こういち) 1943年、香川県生まれ。日大芸術学部を卒業後、渡米。出版社を経て、フリーランスのフォト・ジャーナリストに。世界各国のルポルタージュや、湾岸戦争、ソ連崩壊、北朝鮮などをカバー。近年は尖閣諸島や北方領土、竹島など、日本の国境の島々を取材する。著書に『日本人が行けない「日本領土」』(小学館)、『日本の国境を直視する1、2』(ベストセラーズ)、『日本人がもっと好きになる尖閣諸島10の物語』(宝島社)など。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170126/dms1701261130005-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170126/dms1701261130005-n2.htm
2: 名無しさん 2017/01/27(金) 01:16:12.58 
チキンレース 

10: 名無しさん 2017/01/27(金) 01:26:02.85 
機雷の訓練区域に指定してどんどん沈めろ。 
支那におどされたら堂々と核保有を宣言して 
北京と上海を焼き払えばよい。 

11: 名無しさん 2017/01/27(金) 01:26:36.26 
漁船しか相手に出来ないヘタレ豚 
護衛艦浮かべて漁船に近づいてきたら射てばいい


続きを読む

↑このページのトップヘ