中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: ロシア

1: 名無しさん 2018/06/28(木) 19:40:50.19 _USER9
W杯不出場なのにロシアに集結 スタンドで国旗振る中国人の異様
6/28(木) 16:33配信
東スポWeb

五星紅旗を掲げる中国人ファン(ロイター)
no title


ロシアW杯で日本の決勝トーナメント進出をかけた1次リーグ第3戦となるポーランド戦を28日深夜に控え、大盛り上がりの日本列島。
会場となるボルゴグラードには大勢の日本人サポーターがすでに集結している。

一方、今大会は一種異様な光景があちこちのスタジアムで目撃され、話題になっている。
スタンドで、熱戦を繰り広げる当事国以外の国旗を振り回す観客の存在だ。

際立っているのが中国の国旗「五星紅旗」を掲げる人たちだ。
香港の英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは今大会期間中、W杯観戦にロシアを訪れる中国人は約10万人と予測。
中国代表は出場していないにもかかわらず、観客数はホスト国に次ぐ多さになりそうだ。

そんな中国人ファンの姿は、24日のイングランド対パナマ戦のスタンドでも見られた。
両国の応援団に交じり、場違い感たっぷりの五星紅旗を掲げる中国人観客だ。

英紙インディペンデントは、今回は“サッカー発祥の国”英国より中国人の方が多くロシアを訪れると報道。
大会前に発売された前売り入場券の売り上げは、英国で3万1000枚。中国は3万7000枚だった。

同紙によると「チケット購入大国・トップ11」で1位は開催国ロシアの80万枚、大きく離れた2位は米国の8万枚。
その後にブラジル、コロンビア、ドイツ、メキシコ、ペルー、中国、英国などが続いた。
だが、実際にはロシア入国後にチケットを購入する中国人観客が多いとみられ、その数は前売り券購入者の数をはるかに上回りそうだ。

中国の高まるサッカー人気には、同国がブラジルなど“先進国”から有力選手を「中国スーパーリーグ」に引き抜き、発展させた背景があるとされる。
それに加え、前回のブラジル大会(中国人観客数5000人)に比べ、今回は開催国が近いことで、
観戦に訪れる中国人観客が急増した大きな理由だとモーニング・ポスト紙などは伝えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180628-00000045-tospoweb-socc

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [ニダ] 2018/06/19(火) 11:26:09.71 ● BE:887141976-PLT(16001)
今ワールドカップで盛り上がっている中、中国では別の意味で盛り上がっている物がある。
それは偽造チケットの横行だ。中国ではロシアまでワールドカップを見に行きたい人が多い。
しかしチケットがなかなか入手できないことからレアチケットになっているのだ。

そこで中国お得意の偽造チケットの登場だ。ワールドカップの偽造チケット3500枚が中国内で販売され、
それを購入したサッカーファンが被害を被っている。

実際に中国で販売されたチケットは4万枚でその内3500枚と約11分の1が偽造チケットとなる。
購入した人はロシア現地に行くまで偽造だということに気付かず、現地に行って偽造だと知らされ愕然。

この偽造チケットは個人で購入したわけではく、旅行が会社が販売したもの。

観光当局の関係者は「すでにロシアへ行った観光客らに事実を語るように旅行会社に送付した。
被害を受けたならそれ相応の新しいチケットなり補償しなければならない」と明らかにした。

http://gogotsu.com/archives/40874
no title

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2018/06/09(土) 14:40:19.35 BE:448218991-PLT(13145)
1

中国やロシアなど8か国でつくる「上海協力機構」の首脳会議が9日から中国の青島で開かれ、
トランプ政権の動きを念頭にイランの核合意や多角的な貿易体制などについてアメリカと一線を画した立場を打ち出すものと見られます。

上海協力機構は、中国やロシア、中央アジアの国々など8か国でつくる安全保障や
経済協力の枠組みです。10日まで2日間、中国の青島で開かれる首脳会議には、
中国の習近平国家主席やロシアのプーチン大統領のほかオブザーバーのイランからは
ロウハニ大統領も出席します。

会議ではテロ対策など地域の安全保障協力を話し合うほか、アメリカが離脱したイランの
核合意について履行の継続を支持する姿勢を打ち出すと見られます。

また、トランプ政権が保護主義的な政策をとる中、多角的な貿易体制の強化や、
中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」についても議論します。

さらに、今月12日に予定される米朝首脳会談を前に朝鮮半島情勢についても意見が
交わされる見通しです。

上海協力機構は去年、インドとパキスタンの正式な加盟を承認し、加盟国の人口が
30億を超える組織になっています。

議長国の中国は人口が最も多い地域協力の組織だと強調していて、G7サミット=
主要7か国首脳会議がカナダで開かれる中、アメリカと一線を画した立場を打ち出し
国際的な影響力を高める狙いです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180609/k10011470111000.html

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ニダ] 2018/05/28(月) 20:50:03.13 BE:837857943-PLT(16930)
日本からは29位にトヨタ自動車の豊田章男社長、38位に安倍晋三首相、48位に黒田東彦日銀総裁、55位に孫正義氏がランクインした。
米朝首脳会談に関する話題で国際社会から注目される金正恩党委員長は36位に選ばれた 。

このランキングは、地球の人口約75億人の中から、世界を動かす力をもった人物75人を選んだものだ。2018年度の結果は、
少数のエリートが権力を強化している世界情勢が反映している。

no title


20位(2016年順位17位)  カルロス・スリム・ヘル(メキシコ)
19位(19位) ジェームズ・ダイモン(米国)
18位(11位) マリオ・ドラギ(イタリア)
17位(18位) アリー・ハーメネイー(イラン)
16位(15位) ウォーレン・バフェット(米国)
15位(12位) 李克強(中国)
14位(13位) テリーザ・メイ(英国)
13位(10位) マーク・ザッカーバーグ(米国)
12位(初登場) エマニュエル・マクロン(フランス)
11位(初登場) ジェローム・パウエル(米国)

10位(8位) ラリー・ペイジ(米国)
9位(9位) ナレンドラ・モディ(インド)
8位(初登場) ムハンマド・ビン・サルマーン(サウジアラビア)
7位(7位) ビル・ゲイツ(米国)
6位(5位) フランシスコ(アルゼンチン)
5位(14位) ジェフ・ベゾス(米国)
4位(3位) アンゲラ・メルケル(ドイツ)
3位(2位) ドナルド・トランプ(米国)
2位(1位) ウラジーミル・プーチン(ロシア)
1位(4位) 習近平(中国)

https://zuuonline.com/archives/185361

続きを読む

1: 名無しさん 2018/05/24(木) 21:29:58.71 _USER9
<尖閣情勢>24日、中国海警4隻が領海侵入
no title

no title

中国船が尖閣諸島水域でパトロール
スプートニク 2018年05月24日 16:24
https://jp.sputniknews.com/incidents/201805244909351/

24日、日中の係争水域である東シナ海の尖閣諸島の周辺に中国の沿岸警備艇4隻が入り、パトロールを行った。中国の国家海洋地理課が発表した。

同課の表した短い声明には、「中国の警備艇船団2307、2401、2101、33115は5月24日、釣魚群島(日本名で尖閣諸島)の領海でパトロールを行った」と指摘されている。

尖閣諸島は2012年9月、日本政府が諸島を国有化。これがきっかけで中国社会は激しく憤慨し、日中関係は深刻に悪化した。

続きを読む

↑このページのトップヘ