中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: ロシア

1: AHRA ★ 2019/03/08(金) 14:56:42.76
 【モスクワ=小野田雄一】ロシアの有力紙「独立新聞」は5日、中国の経済成長の鈍化を報じた同紙の記事について、在ロシア中国大使館から削除要求や“脅し”などの圧力があったと伝えた。同紙によると、こうした圧力は初。経済停滞への中国の焦りを反映したとみられる。同紙は「要求は命令口調で、中国はロシアよりも上位だと主張していた。両国政府は蜜月ぶりをアピールするが、この要求が本当の両国関係を表している」と嘆息した。

 問題となったのは、中国政府が発表した統計に基づいて中国経済の停滞の可能性などを報じた記事。この記事をめぐり最近、中国大使館の職員が同紙編集部を訪れ、同紙サイトから記事の削除を要求したという。

 また、執筆した記者に対しても、同大使館幹部から「削除しないと、お前をブラックリストに入れ中国に入国できないようにする」「中国の昨年の経済成長率は6%超だが、ロシアはどうだ? 広東省の国内総生産(GDP)だけでロシアのGDPより上だ」などとの電子メールが送られた。

 同紙は「ロシアの法律は報道機関への圧力を禁じているが、中国側は自身には適用されないと思っているようだ」と指摘した。

2019.3.7 16:53
https://www.sankei.com/world/news/190307/wor1903070022-n1.html

続きを読む

1: すらいむ ★ 2019/02/27(水) 15:01:00.76
スクリーンショット 2019-02-27 22.04.31

ロシア陸軍の軍事能力2028年が最大、中国は2030年=米陸軍長官

[ワシントン 26日 ロイター] - マーク・エスパー米陸軍長官は26日のインタビューで、ロシア陸軍の軍事能力のピークは2028年、中国軍は2030年ごろになるとの見通しを示した。

 エスパー氏は「われわれが目を向けているのは2028年とそれ以降だ。なぜならその時期にロシアの力が最大になる」と語り、中国は2030年が最強だと付け加えた。

 米軍が中東における戦闘に関与している間、ロシアと中国は何年にもわたって軍の近代化を進めてきた。
 エスパー氏は、イラクとアフガニスタンで戦争をしたために米陸軍は中国やロシアなどと対決するための準備が犠牲になったと指摘。
 その結果、40年使い続けてきた各種装備を更新する必要に迫られていると説明した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

ロイター 
https://jp.reuters.com/article/us-pentagon-army-russia-idJPKCN1QG0GT

続きを読む

1: 名無し募集中。。。 2019/01/23(水) 13:29:33.63 0
スクリーンショット 2019-01-23 21.09.35

「中露が手を組む事態だけは避けねば」 安倍首相が目指す日露新時代とは
https://www.sankei.com/politics/news/190123/plt1901230010-n1.html

続きを読む

1: ガーディス ★ 2019/01/12(土) 10:49:04.57
 ロシア外務省は、日本国内からとみられるサイバー攻撃を受けたと発表しました。他の国からの分を合わせると、去年だけで7700万回を超える攻撃があったと主張しています。

 ロシア外務省・ザハロワ報道官:「サイバー攻撃は米国、日本、ウクライナ国内のIPアドレスから行われた」

 ザハロワ報道官は11日、去年1月から9月の期間にロシア外務省のウェブサイトを標的としたサイバー攻撃が日本や欧米などの合わせて14カ国から7700万回以上、行われたと発表しました。1秒間に150ギガバイトを超えるデータが送り付けられ、外務省のウェブサイトが一時的にダウンしたこともあったと訴えています。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15862772/
no title

続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2018/11/07(水) 18:37:01.35 _USER9
ロシア極東のウラジオストクでシロイルカやシャチが大量に捕獲され、「クジラ監獄」に閉じ込められていると報じられ、現地の検察が捜査に乗り出した。

地元メディアの報道によると、ナホトカの街に近いスレドニャヤ湾では、海上の囲いの中に100頭以上のシロイルカなどが閉じ込められているという

RIAノーボスチ通信はウラジオストク環境検察の話として、シャチ11頭とシロイルカ数十頭が閉じ込められていると伝えた。商業目的のシャチ漁は厳格に規制され、教育および科学的な目的に限って認められている。

地元の動物保護団体の活動家は、スレドニャヤ湾の写真を撮ろうとして阻止されたとして、警察に通報したという。

地元の国営テレビは、囲いの中にシロイルカなどが密集している様子をドローンで撮影し、「whale jail」「whales4sale」のハッシュタグを付けて公開。この映像は1800回以上も共有されている。

これに先立ち地元の通信社は、シャチを別のタンクに移している現場と思われる映像を撮影した。シャチを別の場所に移送する準備が行われていた可能性もある。

環境保護団体などによると、ロシアでは海洋生物を捕獲して中国の水族館などに輸出する膨大な額の取引が行われているといい、こうした画像や映像はその一端を映したものと思われる。

地元紙ノバヤ・ガゼタは、ロシア企業4社がシロイルカやシャチを中国向けに販売していると伝えた。

no title

https://www.cnn.co.jp/world/35128269.html

続きを読む

↑このページのトップヘ