中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: アメリカ

1: みつを ★ 2019/10/12(土) 05:01:10.29
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50931120S9A011C1000000/

トランプ氏「中国と第1段階の合意に達した」
2019年10月12日 4:52



【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は11日、ホワイトハウスで劉鶴(リュウ・ハァ)副首相と会談した。トランプ氏は「中国と重大な第1段階の合意に達した」と述べ、部分合意したことを明らかにした。中国が大豆など米農産品の購入を再開する代わりに、15日に予定していた中国製品への関税引き上げの延期などで合意したとみられる。

続きを読む

1: アンドロメダ ★ 2019/09/18(水) 14:24:16.35
▼米議員、台湾支援の法案成立に期待=ソロモン断交受け

中華民国(台湾)が16日、南太平洋のソロモン諸島と断交したのを受け、米議員からは台湾の国家承認や台湾との非政府間交流を各国に促すよう米政府に要求する法案「台北法」(Taiwan Allies International Protection and Enhancement Initiative Act、略称:TAIPEI Act)の成立に期待する声が上がっている。

同法案は昨年9月、共和党のコリー・ガードナー上院議員らによって提出された。
台湾に不利となる行動をとった国に対し、外交関係のレベルの引き下げや、軍事的融資など支援の一時停止または変更の措置をとる権限を米国務省に与えることも提言されており、中国の圧力を背景にした断交の連鎖に歯止めをかける狙いがある。

ガードナー議員はツイッターで、ソロモン諸島が台湾との外交関係を断ったことは「非常に理解しがたく、残念な過ちだ」と言及。
この決定は取り消されるべきとの考えを示した。
その次の投稿で、議会は自身が提出した台北法について迅速に検討するべきだと訴えた。

ガードナー議員と共に法案を提出したマルコ・ルビオ議員(共和党)もツイッターで、ソロモン諸島は中国の圧力に直近で屈した国となったと指摘。
米国と国際社会は北京のいじめや台湾を孤立させる行為を制止しなければならないとし、議会は台北法を可決させる時が来たとつづった。
蔡英文総統が2016年5月に就任して以来、台湾と断交した国は6カ国目で、外交関係を結ぶ国は16カ国となった。

no title

https://news.livedoor.com/article/detail/17095418/

続きを読む

1: サバトラ(茸) [NL] 2019/09/12(木) 12:47:28.62 ● BE:271912485-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
米中、通商協議を前に譲歩 中国は追加関税を一部免除・米は延期

[ワシントン/北京 11日 ロイター] - トランプ米大統領は11日、ホワイトハウスで記者団に対し、中国が一部の米国製品を追加関税対象から除外すると発表したことについて「大きな動き」であり、米中通商協議を前にした「良いしぐさ」として歓迎する意向を示した。

トランプ氏はその後、米政府が10月1日に予定していた一部中国製品への関税引き上げを10月15日に延期したと、ツイッターで明らかにした。

両国は貿易摩擦解消に向け、9月半ばにワシントンで次官級協議を行い、10月に閣僚級協議を行う予定だが、日時は公表されていない。

トランプ氏はイベントの席で「中国がいくつかの動きを見せた。それはとても良いものだった」とした上で「大きな動き」だと評価。
「私は中国と取引しているし、彼らのことを知ってる。私は彼らのことが好きだ。われわれは何かやれると希望している」と語り、合意実現に期待を込めた。

中国財政省は11日、米国からの輸入品に対する追加報復関税について、16品目を免除の対象とすると発表。
これには乳清(ホエイ)やフィッシュミールなどの飼料や一部の抗がん剤、潤滑油などが含まれる。免除は9月17日から来年9月16日までの1年間適用される。

トランプ氏は11日、米政府が2500億ドル相当の中国製品に対する関税の引き上げ時期を10月1日から10月15日に延期することで合意したとツイート。延期は「友好の意思表示」とした。

トランプ氏は延期について、中国の劉鶴副首相の要請に基づくものだとし、中国が建国70周年を迎えることも理由に挙げた。

対象の中国製品への関税は25%から30%に引き上げられる予定だった。

双方の譲歩で、通商協議の前に緊張が和らぐ可能性はある。だが、専門家の間で米中の早期合意に懐疑的な見方は根強い。

https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-trump-idJPKCN1VW2MV

続きを読む

1: みつを ★ 2019/09/12(木) 21:57:09.34
【トランプ速報】「中国がすごい量の(米国産)農産物を買うっぽい」ツイート
2019/09/12

トランプ米大統領ツイート
https://twitter.com/realdonaldtrump/status/1172129122979581952?s=21

It is expected that China will be buying large amounts of our agricultural products!
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

続きを読む

1: みつを ★ 2019/08/31(土) 04:00:40.20
https://jp.reuters.com/article/china-wsj-idJPKCN1VK25S

ワールド
2019年8月30日 / 19:30 / 1時間前更新
中国、米紙WSJ記者のビザ更新せず 事実上の国外退去
Reuters Staff
[上海 30日 ロイター] - 米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)を傘下に持つダウ・ジョーンズは30日、中国の習近平国家主席のいとこを巡る調査に関する記事を共同執筆した北京駐在のWSJ紙記者の記者証が更新されなかったことを明らかにした。

この記者はシンガポール国籍のChun Han Wong氏で、2014年から北京に駐在し、政治問題について取材していた。同氏のビザは30日に期限が切れたため、事実上の国外退去となる。

ダウ・ジョーンズの広報担当者は「中国当局はWong記者の記者証の更新を拒否した」とし、この件に関して調査を続けていると表明。WSJ紙のマット・マレー編集局長は、記者証の更新が拒否されたことに遺憾の意を示し、「WSJ紙は中国を巡る重要な案件の報道に引き続きコミットしている」と述べた。

Wong記者はオーストラリア国籍のPhilip Wen記者とともに6月30日、オーストラリア当局が組織犯罪やマネーロンダリング(資金洗浄)に関連して習主席のいとこも調査しているとする記事を執筆。関係筋によると、中国外務省はこの記事に不快感を示していたという。
(リンク先に続きあり)

続きを読む

↑このページのトップヘ