中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: アメリカ

1: ポラリス(茸) [CA] 2021/12/07(火) 11:19:14.39 BE:271912485-2BP(1500)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
ソース
no title


アメリカさん、外交ボイコットって中途半端じゃないの?中国はそもそもあんたらを招待もしてないから、理屈立たないじゃないの?あんたらが来ないのは北京五輪に悪影響ゼロばかりか、アスリート中心の五輪とその成功につながるプラスの要因ともなるのよ。🎉🎉🎉🤗🤗🤗




【速報】アメリカが北京五輪の外交的ボイコットを発表
https://news.yahoo.co.jp/articles/ee3fdf7d2da4ab5b4729465dfa6592c1b2bd1a5a

続きを読む

1: 影のたけし軍団 ★ 2021/12/04(土) 14:16:01.54
ブリンケン米国務長官は3日、オンラインのイベントで、台湾情勢について「中国はこの数年間、台湾への圧力を高め、
ステータス・クオ(現状)を変更しようとしている」と述べたうえで、中国が台湾に侵攻すれば「多くの人々にとって恐ろしい結果となる」と強い口調で警告した。

ブリンケン氏は、台湾を「力強い民主主義」をもっていると評価。

米国は中国を正当な国家として認める「一つの中国」政策を維持する考えを改めて表明し、
「台湾が自主防衛する手段を確かなものにするために、米国は台湾に断固として関与する」と強調した。

そのうえで、「中国の指導者が慎重に考え、危機を引き起こさないことを期待している」と語った。
https://www.asahi.com/articles/ASPD446Q1PD4UHBI00K.html

続きを読む

1: 少考さん ★ 2021/11/27(土) 10:00:16.00
米の議員団が訪台、蔡総統と会談 中国外務省「かすかな雑音」
https://www.asahi.com/articles/ASPCV7GK0PCVUHBI00V.html

台北=石田耕一郎2021年11月27日 9時00分

米連邦議会の超党派の下院議員5人が台湾を訪問し、26日、蔡英文(ツァイインウェン)総統と会談した。蔡氏は米議会による台湾への支持に謝意を示し、軍事や経済面でのさらなる関係強化への期待を語った。米議員の訪台は今月2度目となる。

 訪問団は日系で民主党のマーク・タカノ下院議員ら同党4人、共和党1人で構成。

(略)

 中国外務省の趙立堅副報道局長は26日の定例会見で「台湾独立勢力を支持する動きで、14億の人民が憤っている」として、米側に厳正な申し入れを行ったと表明。「中国統一の過程の、かすかな雑音に過ぎない。身の程知らずで、必ず失敗するだろう」と語った。(台北=石田耕一郎)


(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

続きを読む

1: Ikh ★ 2021/11/17(水) 11:11:46.99
 【ワシントン時事】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は16日、中国政府の人権侵害への対抗措置として、バイデン政権が来年2月の北京冬季五輪に公式の代表団を送らない「外交ボイコット」を近く発表する見通しだと報じた。最終決定はされていないが、バイデン大統領が月内にも承認する見通しという。

 バイデン政権は同盟国に決定を知らせる方針。米国に従うかどうかは各国に委ねるが、米国の対応が決まれば日本や欧州などの判断に影響する可能性もある。
 政権が採用する外交ボイコットの適用範囲などは多くの選択肢があるとされ、どのような形態を取るかは決まっていないもようだ。

時事通信社 2021年11月17日10時09分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021111700373&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

続きを読む

1: 木ノ葉の蓮華は二度咲く ★ 2021/11/13(土) 14:03:58.27
バイデン政権は米インテルによる中国での増産計画について、安全保障上の懸念を理由に退けたことが事情に詳しい複数の関係者の話で分かった。米国の半導体不足問題の解決策として打ち出された同案は頓挫した。

 関係者が匿名を条件に話したところでは、半導体メーカー最大手のインテルは四川省成都にある工場を使ったシリコンウエハー製造を提案。
2022年末までに稼働させ、世界的な供給不足の緩和を図る計画だった。同社は一方で、米国での研究と生産を強化するため連邦政府の支援も求めている。

バイデン政権は半導体供給不足への対応を急ぐ一方で、重要部品の生産の米国回帰を目指している。
インテルの中国計画はこうした目標にはそぐわないことから、当局者は提示された計画を思いとどまるよう強く求めたと関係者は話した。
インテルは発表文で、「技術革新や経済に不可欠な半導体に対する旺盛な需要への対応に役立つ別の解決策」に引き続きオープンな姿勢であることを明らかにした。
 
 ホワイトハウスの報道官は具体的な取引や投資に関してコメントを控えた上で、人権侵害や米国の国家安全保障を脅かす活動に資する可能性のある
「最先端の能力を、中国が米国の技術やノウハウ、投資を利用して開発するのをバイデン政権は阻止することに重点を置いている」と説明した。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-11-13/R2HQUJDWLU6801

続きを読む

↑このページのトップヘ