中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: アメリカ

1: みつを ★ 2018/04/21(土) 20:30:27.98 _USER9
1

https://jp.reuters.com/article/usa-rights-0420-idJPKBN1HR34Y

2018年4月20日 / 23:37 / 14時間前更新
[ワシントン 20日 ロイター] - 米国務省は20日、中国、ロシア、イラン、北朝鮮の政府を「道徳的にふらち」と名指しで批判した上で、当該国では人権侵害が日常的に行われており、人権状況の不安定化が目立つと指摘した。

2017年版の世界人権報告書で明らかにした。シリア、ミャンマー、トルコ、ベネズエラについても人権侵害がみられるとした。

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/04/18(水) 12:19:45.71 _USER9
no title


アメリカ軍でアジア太平洋地域を統括する新しい司令官に指名されたデービッドソン大将は「中国との将来的な戦いにアメリカが勝利する保証はない」として、中国の軍備増強に強い危機感をあらわにし、アジア太平洋地域にアメリカ軍の部隊を増強させる必要性を強調しました。

アメリカ太平洋軍の新しい司令官に指名されたデービッドソン大将は、17日、議会上院の公聴会に出席しました。

デービッドソン大将は、提出した書面の証言で、「中国は、アメリカに防衛の手段がない超音速のミサイルなど、最新の兵器システムの獲得に動いていて、アメリカ軍は今後、一段と危険な状況に陥る」と指摘しました。

そのうえで、「中国との将来的な戦いにアメリカが勝利する保証はない」として、強い危機感をあらわにし、アジア太平洋地域にアメリカ軍の部隊を増強させる必要性を強調しました。さらに、アジア太平洋地域には、監視や偵察の装備が、必要とする能力の4分の1しかないと訴え、中国に対抗するためにはアメリカ軍の兵器や装備の更新を急ぐべきだという考えを示しました。

また、デービッドソン大将は、中国が人工島を造成した南シナ海について、「中国は、前方展開する基地を完成させたようで、今や南シナ海を支配する能力がある」という見方を示し、これに対抗して、アメリカ軍が南シナ海での活動を続ける重要性を強調しました。

4月18日 7時54分
NHK NEWS WEB
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180418/k10011407871000.html

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/04/18(水) 09:43:09.34 _USER9
1

 【ワシントン=鳳山太成】米連邦通信委員会(FCC)は17日、国内の通信会社に対し、安全保障上の懸念がある外国企業から通信機器を調達するのを禁じる方針を決めた。対象企業は今後詰めるが、華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の中国大手2社を念頭に置く。中国政府のスパイ活動に使われることを警戒する。激しい貿易摩擦を抱える米中の新たな火種となりそうだ。

 FCCが全会一致で決めた新規制は、全国に通信回線を普及する目的で設けられた同委員会の補助金を使う通信会社が、安保上の懸念がある外国企業の製品を買うのを禁じる。企業など一般から意見を募って禁止対象の企業や製品を確定し、その後に規制を導入する。

 FCC高官は「華為技術と中興通訊の2社が候補だ」と明言する。米議会は2012年、2社の通信機器が中国政府のスパイ活動に使われる恐れがあるため米国企業に使わないよう求めた。国防総省は既に2社からの調達を禁じられている。

 AT&Tなど大手通信会社は自社の通信網に華為技術などの製品を組み込むことを避けてきた。安い中国製品を使っている地方の中小通信会社が影響を受けそうだ。

 FCCのパイ委員長は「敵対的な外国勢力は通信機器に仕掛けたバックドア(裏口)を使ってウイルスを侵入させ、米国人から情報を取ったり基幹インフラを攻撃したりできる」と述べ、規制の意義を強調した。

 米国の政府や議会は中国のIT(情報技術)企業に対して安保上の懸念を深めている。商務省は16日、米国企業に対し、イランや北朝鮮に米国製品を違法に輸出したZTEとの取引を7年間禁じると発表した。

2018/4/18 4:15
日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO29518200Y8A410C1000000/

関連記事 
【経済】米国、中国通信大手ZTEに輸出禁止措置 米中対立激化か
http://china-aggressor-nation.blog.jp/archives/31094033.html

続きを読む

1: ガーディス ★ 2018/04/18(水) 09:31:11.55 _USER9
CIA Director Pompeo met with North Korean leader Kim Jong Un over Easter weekend

https://www.washingtonpost.com/amphtml/politics/us-china-trade-dispute-looms-over-trump-summit-with-japans-abe/2018/04/17/2c94cb02-424f-11e8-bba2-0976a82b05a2_story.html


CIA長官が金正恩氏と面会と報道

2018/4/18 09:27

一般社団法人共同通信社

 【パームビーチ共同】米紙ワシントン・ポスト電子版は17日、トランプ米政権のポンペオ中央情報局(CIA)長官が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と数週間前に面会したと報じた。

https://this.kiji.is/359133433274385505

続きを読む

1: みつを ★ 2018/04/18(水) 07:13:43.20 _USER9
1

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180418/k10011407831000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_005

4月18日 6時17分
アメリカのトランプ大統領は、日本時間18日朝早くから始まった安倍総理大臣との首脳会談で、北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)委員長との首脳会談を6月上旬までに開く考えを強調するとともに、日本人の拉致問題を提起する考えを明言しました。

17日午後(日本時間18日早朝)からアメリカ南部フロリダ州で始まった日米首脳会談で、トランプ大統領は「北朝鮮のキム・ジョンウン委員長との会談を楽しみにしているし、成功を望んでいる。行方を見てみよう。北朝鮮は、われわれに敬意を払っており、われわれも彼らを尊重している」と述べました。

そして、「われわれは、拉致問題を取り上げるつもりだ。日本にとって、重要な事柄だと理解している」と述べ、米朝首脳会談で日本人の拉致問題を提起する考えを明言しました。

また、トランプ大統領は、北朝鮮との首脳会談について、「おそらく6月上旬か、うまくいけばその前だ」と述べました。そして、「われわれは、北朝鮮と、極めて高いレベルで、協議を進めている」と述べたうえで、首脳会談の開催地については、「5か所を検討している」と述べ、アメリカ以外の5つの場所を候補地として検討していることを明らかにしました。

同時にトランプ大統領は、米朝首脳会談について、「うまくいかないこともありえるし、会談を開かないこともありえる」と述べ、慎重な姿勢もにじませました。

また、トランプ大統領は、今月下旬に予定されている南北首脳会談にもふれ、「韓国と北朝鮮が会談する。戦争状態の終結につながるのか見てみよう。私は願っている」と述べ、会談の成果に期待を示しました。

さらに、トランプ大統領は「北朝鮮問題で、日本とアメリカは、団結している」と述べ、日米両国が連携して、北朝鮮に対応していく考えを強調しました。

一方、トランプ大統領は、日本との貿易について、「日本はアメリカから大量の軍の装備品を購入している。アメリカは、日本から大量の自動車などを購入している。貿易について、われわれはまだ話さなければならないことがある。安倍総理大臣もそのことを理解している」と述べ、アメリカの貿易赤字の削減に向けて、日本側にさらなる努力を促したいという考えも強調しました。

続きを読む

↑このページのトップヘ