中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 日本

1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/02/12(金) 23:17:46.74 _USER9
2/12(金) 21:44配信
デイリースポーツ

 八代英輝弁護士(2016年撮影)

 八代英輝弁護士が12日、TBS系「ひるおび!」に出演し、東京五輪・パラリンピック組織委員会の会長を辞任した森喜朗氏をめぐる問題について発言した中国の記者に対して不満を示した。

 森氏の問題に対する海外の反応として、番組では海外の記者に取材。その中で、中国「環球時報」の特約記者・孫秀萍記者が「“(森氏を)辞めさせて勝利(解決)した”で終わりにしないでほしい。何が本当の男女差別なのか。いかに平等な社会を築いていくかのきっかけになればよいと思います」とコメントした。

 これに八代弁護士は「中国の記者さんに言われると、北京オリンピックはどうなんだって言いたくなりますけど」と苦笑い。「ウイグルの問題とか香港の問題とか、それはオリンピック精神に適合してるのかって言いたくなります。記者の方の個人のご意見はごもっともなところはありますけども…」とくすぶる人権問題を引き合いに出し、2022年に冬季五輪をひかえる中国の記者に苦言を呈した。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/fa46932a49883b5b97a79e614d449a06dbb56df2

続きを読む

1: バチルス(愛媛県) [JP] 2021/02/12(金) 14:15:04.05 ● BE:135853815-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
日本の国会議員を脅迫した中国、その中国がウイグルの人々の頭を剃り、目隠しをし、鎖で繋いで列車に押し込める動画が、国会内で公開されました

▼きょう2月10日水曜の正午、国会内の衆議院・議員会館の会議室にて、「日本ウイグル国会議員連盟」の総会が開かれ、参加しました。
 国会は衆参両院とも開会中ですから、どの議員も午前、午後とも日程が詰まっていて、正午から1時前までのふつう昼休みとなる時間を活用したわけです。

▼非常に衝撃的な総会となりました。
 写真は、感染症対策として広い会場を使った現場です。
 右奥に、ひとりだけ立っているひとが居るのが分かっていただけますか。
 マイクを持ってらっしゃるのも、分かるでしょうか。
 このひとは、日本ウイグル協会・副会長のレテプ・アフメットさんです。日本の大学院で学び、日本国籍もとり、今はぼくらと同じ日本国民です。

 このアフメットさんが、いわば証拠として動画や写真をスクリーンに映し出して語られました。
 あまりに深い悲しみと、抑えた怒りを込めて語る、その内容は凄絶そのものです。
 たとえば、インテリジェンスから中国によるウイグル人弾圧の実態を聴いているぼくであっても、あらためて強いショックを受けるものです。

▼現在、世界は、中国がウイグルのひとびとを教育施設というの名の強制収容所に閉じ込めていることを非難し、アメリカをはじめ諸国が「そこではジェノサイド ( 民族への大量虐殺 ) が行われている」とすでに認定しています。
 ところが日本政府は、自由民主党・外交部会でのわれわれの追及に、外務省の中堅官僚が「日本はジェノサイド条約を批准していないので・・・」と曖昧に答え、認定も何もしていません。
(以下略)

https://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=2552




ジェノサイド条約
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%B8%E3%A7%E3%8E%E3%B5%E3%A4%E3%89%E6%9D%A1%E7%B4%84
日本は日本国憲法第9条の問題(芦田修正)や国内法の未整備(例えば条約では「集団殺害の扇動」も対象であるが、日本の国内法では扇動だけでは処罰できない点)の問題もあり未加入[1][2]。

続きを読む

1: かわる ★ 2021/02/06(土) 20:55:50.36
 現在は福津市、昔は宗像郡津屋崎町の海岸線突端にある恋の浦は、「スピードパーク恋の浦」「恋の浦ダイビングスポット」といったマリンスポットとして少数のマニアに重宝がられている。しかし、この自然遺産から見ればもったいない。もう少し大型投資を行えば、興味あるリゾート基地になるのだが。

 この土地が呪われた開発候補地であったことはあまり知られていない。鹿児島にある城山観光ホテルが福岡へ進出してきた。恋の浦での一大リゾート基地建設に、このホテルのオーナーがのめり込んだのだが、あえなく失敗し、本体の倒産の引き金となった。情報通の連中ほど、恋の浦へのアプローチを敬遠してきた。

 ところが今回、驚くべき情報が飛び込んできた。恋の浦一帯の不動産100万坪を金持ちの中国人が買い占めたというのである。

買い占めたのはよいが、この場所に「IR誘致建設実現」という話が後ろについてきているのである。事業母体はマカオ・香港で有名なスタンレーホー一族という。視察した関係者に「お買い上げ金額は50億円か?」と打診したが、「もう少し高買いした」との返答をもらった。今後の成り行きに注目したい。
https://www.data-max.co.jp/article/39913?rank

続きを読む

1: NEO ★ 2021/02/06(土) 22:54:05.53
日本、米国、オーストラリアの3カ国政府がインドも加えた「クアッド」の枠組みで、
テレビ電話方式の首脳会談を開催する方向で調整に入ったことが6日、分かった。

実現すれば初めて。日米豪3カ国は前向きに検討しており、インド政府が同意すれば実現する。複数の政府関係者が明らかにした。

 4カ国首脳会談が実現すれば「自由で開かれたインド太平洋」を目指して連携を強化し、
「航行の自由」などを基調とした国際秩序に挑戦する中国を牽制する意味を持つ。

 菅義偉首相は先月28日にバイデン米大統領と行った電話会談で、クアッドの協力を強化することで一致。
バイデン氏はクアッド構築に対する日本の貢献を評価した。

4カ国は一昨年9月に初の外相会談を開き、昨年10月には東京で2回目の会談を行った。
関係国の間では首脳会談の実施にも期待する声が上がっていた。

 ただ、インドは中国を過度に刺激する事態を避けたい意向をにじませており、当初は外相会談にも消極的な姿勢を示していた。
日本政府関係者は6日、首脳会談について「インドの反応を探っているという状況だ」と語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ad1d1bf4162e2108bced24d3557c9ad5b4f7672a

続きを読む

1: 頭皮ちゃん ★ 2021/02/06(土) 10:25:49.29
 第11管区海上保安本部(那覇)は6日、沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に午前4時45分ごろから中国海警局の船2隻が侵入したと発表した。中国海警局の武器使用を認める海警法施行後で初めて、中国当局の船が尖閣周辺領海に侵入した。

 11管によると、尖閣諸島周辺の領海には日本漁船2隻が航行している。海保が漁船の周囲に巡視船を配備し、安全を確保した。

 別の中国船2隻も領海外の接続水域を航行した。

https://www.sankei.com/politics/news/210206/plt2102060004-n1.html

続きを読む

↑このページのトップヘ