中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 日本

1: 孤高の旅人 ★ 2020/02/09(日) 07:24:41.86
スクリーンショット 2020-02-09 20.55.04

中国外交トップ来日延期か 習氏国賓日程に影響も 新型肺炎拡大
毎日新聞2020年2月9日 07時00分(最終更新 2月9日 07時00分)
https://mainichi.jp/articles/20200208/k00/00m/030/259000c

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日中両政府が「2月中」で調整していた中国外交担当トップの楊潔?(ようけつち)中国共産党政治局員の日本訪問が延期される公算が大きくなった。複数の日中関係筋が明らかにした。4月の予定の習近平国家主席の国賓訪日に向けた協議が遅れ、習氏の訪日時期にも影響する可能性がある。
 当初は楊氏が2月上旬に日本を訪れ、約2カ月後の4月上旬で調整している習氏の訪日に向けて日本側と協議する予定だった。安倍晋三首相との首脳会談の議題や、1972年の日中共同声明などに続く「第5の政治文書」への対応などが議題となる方向だった。ただ、中国国内での新型コロナウイルスの感染者が3万人を超えるなど事態が急速に悪化。日中関係筋によると楊氏の訪日に加え、検討していた王毅外相の訪日も白紙の状態という。
 一方、習氏の訪日は、日本側は予定通り実施したい考えだ。中国側にも訪日を成功させて、肺炎への初動対応を巡る批判を抑えたい思惑があるとされる。中国外務省の華春瑩報道局長は3日に「重要な外交日程を順調に進める」と語り、菅義偉官房長官も5日の記者会見で「予定通り行うべく準備を粛々と進めており、日本から延期を求めることは想定していない」と足並みをそろえた。
 ただ、中国国内では3月5日に開幕予定の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が遅れるとの観測も出始めている。仮に全人代の日程変更があれば、習氏訪日の延期も避けがたくなりそうだ。日本政府関係者は「直前で『ドタキャン』になる可能性もある」と話している。【田所柳子、青木純】

続きを読む

1: 名無し募集中 2020/02/08(土) 13:30:44.26 0
スクリーンショット 2020-02-08 14.21.12

新型肺炎、さまようクルーズ船 入港拒否相次ぐ

新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、
日本や中国周辺を回る大型クルーズ船の運航に支障を来す例が相次いでいる。横浜に到着した船の乗客多数が感染していたことを受け、日本やアジアの国や地域で入港を拒否する動きが広がっているためだ。

1月以降に中国を訪れた大型船21隻のうち最大5隻が次の寄港地が決まっていないことが分かった。向かう先で入港できず、次でも断られ、行き場を失う船が出てきた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55373830X00C20A2EA2000/ 

続きを読む

1: 首都圏の虎 ★ 2020/02/08(土) 08:19:10.70
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、小池百合子知事は7日、3月1日に実施予定の東京マラソンについて、中国人の参加自粛を要請する方針を明かした。

 この日の定例会見で小池知事は「(感染拡大で中国行きの)フライトも止まっている。結果として(中国人の参加)自粛という形になる。メールなどで(参加自粛要請の)連絡をしている」などと語った。

 中国在住ランナーをめぐっては東京マラソン財団が6日、一連の問題を受けて、来年大会の出場権を与えると発表している。

 また、小池知事は対策本部会議で「感染防止対策強化と、今後、想定される経済面の打撃を最小限に抑えるという2つの視点を中心に、必要な措置については補正予算を編成したい」などと指示した。

2/8(土) 7:55配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-00000001-san-l13

続きを読む

1: ばーど ★ 2020/02/05(水) 20:28:06.41
 沖縄県石垣市の尖閣諸島沖で5日、中国海警局の「海警」4隻が約1時間40分にわたり、日本の領海に侵入し航行した。尖閣諸島沖での中国公船の領海侵入は1月14日以来で、今年3回目。

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、4隻は午前10時~同20分ごろ、尖閣諸島・南小島の南の領海に侵入。同11時40分~午後0時5分ごろ、同島の東から領海を出た。

2020年02月05日15時31分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020020500858&g=soc

続きを読む

1: 1号 ★ 2020/02/02(日) 13:47:33.80
※土日の政治スレ

   新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がる中国で、日本の対応に注目が集まっている。

   茂木敏充外相が中国に対する支援を表明した動画は2000万回以上再生され、「謝謝」という感謝の声が相次いでいるのに加えて、自民党の二階俊博幹事長は「親戚の人が病になった」という思いを日本人が持っていると説明。「早く奮起をして元気になっていただきたい」などと激励した。

no title

インタビューに答える自民党の二階俊博幹事長(写真はフェニックステレビから)

茂木外相の「全面的に支援」表明の会見動画は2000万回再生

   茂木敏充外相は1月26日夜に王毅(ワン・イー)外相と電話会談し、直後に開いた記者会見で、「感染症の拡大防止について日本として協力できることがあれば全面的に支援したい」などと伝えたことを明らかにした。王氏が肺炎の問題で電話会談を初めて行ったのが茂木氏だ。

   この会見動画を香港フェニックステレビのリー・ミャオ東京支局長が微博(ウェイボー)に投稿したところ、2000万回以上再生され、コメント欄には両手を合わせた絵文字とともに「謝謝」の声が相次いだ。08年の四川大地震でも日本が早い段階で救援隊を送ったことに触れて「政治のことは分からないが、私は真実を知っている」と日本をたたえる声もあった。

支援物資送るのは「隣のうちが火災や急病の時に助けに行くという、そういう気持ち」

   フェニックステレビは1月28日夜、二階幹事長のインタビューを放送。二階氏はその中で、

「親戚の人が病になった、こういう思いで、日本人はみんな思っておりますから、中国の皆さんが1日でも早く奮起をして元気になっていただきたいと願っております」

などと現地に激励のメッセージを送った。
   1月28日夜から29日朝にかけて運航された全日空(ANA)によるチャーター便には、マスク約1万5000個、手袋5万双をはじめとする支援物資を搭載した。二階氏はこの意義について、

「お互いに日常活動で友情を交わしている国に何かがあればね、これは、隣のうちが何か火災に見舞われたとか、急病で困っておられるとかいう時に助けに行くという、そういう気持ちと同じですよ」
「今、マスクとか防護服とか、できるだけのことをね、まさに国を挙げて対応しようとしていますから、必ずお役に立てるように、結果を出せると思っています」

などと話した。このインタビューもリー支局長の微博に投稿され、すでに200万回近く再生。感謝の言葉が次々に書き込まれている。

2020/1/29 15:05
https://www.j-cast.com/2020/01/29378256.html





動画
https://twitter.com/fangyori/status/1222494063632347136
fang @fangyori

「中国のことをまるで親戚かのように助けてあげたいと日本人皆が思ってます」
「まさに国を挙げて対応しようとしていますから」
↑これは自民党の二階氏がフェニクステレビの厚かましい女記者にインタビューされた時の発言。。。
fangは暴言を吐きたい…

https://video.twimg.com/ext_tw_video/1222493966500691968/pu/vid/852x480/Fr9WDcJdTbdNdPCY.mp4
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

続きを読む

↑このページのトップヘ