中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 日本

1: 幻の右 ★ 2019/08/19(月) 21:33:37.92
スクリーンショット 2019-08-20 8.33.37

東シナ海の公海上で5月、中国軍の戦闘機が海上自衛隊の護衛艦を標的に見立てて攻撃訓練をしていた疑いの強いことが18日、分かった。複数の日本政府関係者が証言した。政府は不測の事態を招きかねない「極めて危険な軍事行動」と判断したが、自衛隊の情報探知、分析能力を秘匿するため、中国側に抗議せず、事案を公表していない。現場での偶発的軍事衝突の懸念があり、緊急時の危機回避に向けた仕組み作りが急がれる。

 東シナ海では中国によるガス田の単独開発や公船の領海侵入が続き、日本が抗議を繰り返している。今回の中国機の行動は、東シナ海の軍事的緊張の一端を浮き彫りにした形だ。

【共同通信】
2019年8月19日 / 06:11 /
https://jp.reuters.com/article/idJP2019081801001589

続きを読む

1: Ψ 2019/08/12(月) 11:21:02.90 ID:xRPlLTLu
防衛省は2020年度予算の概算要求で、5兆3000億円超を計上する方針を固めたという。
防衛費は7年連続で増額しており、来年度は過去最大額となる。
中国メディアの今日頭条は9日、「安倍首相は5.3兆円かけて戦争の準備をしている」と主張する記事を掲載した。

 記事はまず、安倍首相は得意としているはずの外交で最近行き詰っていると分析。
2日には、ロシアのメドベージェフ首相が北方領土の択捉島を訪問し、軍事演習を行ったことに言及し、
日本は抗議しているものの新たな進展が見られないと指摘した。
また、日韓関係も史上最悪と言われるほど悪化しているが、その韓国は竹島(韓国名:独島)の海域で軍事演習を行う予定であると伝えた。

 また、北朝鮮との関係でも「日本海にミサイルを発射して射程内にあることを誇示」した北朝鮮とは現状では改善は見られないと分析し、
「外交が得意という安倍首相だが、令和に入ってからずっと厳しい」と評している。

 さらに米国との関係について、安倍首相の親密な友人であるトランプ大統領も、
「日韓関係の緊張緩和には何の役にも立っていない」と分析。歴史問題にも半導体問題にも米国は関心がなく、
自国の利益のことしか見えていないと論じた。

 それで記事は、「日本はこの外交的に四面楚歌であるのを利用して、2020年度の防衛予算を史上最高となる5兆3000億円にする予定だ」と主張。
これは安倍政権発足以降、7年連続の増加であり、外交協議で得られないものは「こぶし」を使って力ずくで
奪うつもりなのだろう、と推測している。

 確かに日本の防衛予算は過去最大額となっているが、だからと言って「戦争の準備」というのは飛躍しすぎではないだろうか。
とはいえ、日本が各国との板挟みになり難しいかじ取りを迫られているのも確かだ。
しかし、韓国との関係については悪化も懸念されるものの、日本側の意思をはっきりと示すことも必要だと言えるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)

http://news.searchina.net/id/1681519

続きを読む

1: Hikaru ★ 2019/08/01(木) 13:36:35.67
白タク営業で中国人ら2人逮捕 売上げ2千万円か 大阪府警
産經新聞 2019.8.1 12:16
https://www.sankei.com/affairs/news/190801/afr1908010008-n1.html

 中国人観光客らを送迎する無許可のタクシー(白タク)営業を繰り返したとして、大阪府警交通捜査課は1日、
道路運送法違反などの疑いで、大阪府八尾市高美町の無職、趙映雪(ちょうえいせつ)(50)=中国籍=と、
同居する自営業、萩野宏司(53)の両容疑者を逮捕、送検したと発表した。

 送検容疑は昨年12月から今年7月、タクシー営業の許可を受けずに18回にわたり、
59人の中国人観光客らを有償で運送したとしている。いずれも容疑を認めている。

 同課によると、両容疑者は中国のスマートフォンアプリ「皇包車(こうほうしゃ)」などを使って客を集め、
平成28年10月ごろから白タクを営業。関西国際空港や大阪市内のホテルへの送迎や、
京都や奈良などの観光地を案内するチャーターを格安の値段で請け負っており、総額2千万円ほどの売り上げがあったとみられる。

続きを読む

1: ばーど ★ 2019/07/16(火) 13:51:07.22
菅義偉官房長官は16日の閣議後の記者会見で、中国の4~6月の国内総生産(GDP)の伸び率が四半期ベースで遡れる1992年以降で最低となったことについて「先行きをしっかり注視し対応していきたい」と述べた。「中国経済の動向は世界経済全体に大きな影響を与える」と語った。

2019年7月16日 12:22 日本経済新聞
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO47368440W9A710C1EAF000?s=2

続きを読む

1: @くコ:彡 ★ 2019/07/11(木) 12:45:24.87
・尖閣周辺で中国公船が領海侵入 19日目、昨年1年間の総計に並ぶ

 10日午前10時ごろから、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の日本の領海に中国海警局の船4隻が相次いで侵入した。海上保安庁の巡視船が領海を出るよう警告。4隻は同11時55分ごろまでに順次、領海外側の接続水域へ出た。中国公船が尖閣周辺で領海侵入したのは今年19日目で、昨年1年間の合計日数に並んだ。

 第11管区海上保安本部(那覇)によると、領海侵入した中国公船4隻のうち1隻は機関砲のような装備を搭載。接続水域から内側で中国公船が確認されるのは25日連続となった。

 海保によると、平成24年9月に日本が尖閣諸島を国有化してから周辺海域への中国公船の侵入が常態化。25年には最多の計54日の領海侵入が確認されている。近年、1月あたり3日程度の領海侵入が発生。昨年は1月あたり2日程度と侵入頻度が減ったが海保は「原因は不明だ」としている。

(関連)
https://www.cas.go.jp/jp/ryodo/img/senkaku/graf02.gif
https://www.cas.go.jp/jp/ryodo/senkaku/chinaships.html

2019.7.10 20:23 産経新聞
https://www.sankei.com/smp/world/news/190710/wor1907100033-s1.html

続きを読む

↑このページのトップヘ