中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 日本

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/12/02(木) 07:49:03.05 _USER
(写真)
no title

▲ 海外でも注目度の高い小室眞子さんと圭さん夫妻。
_______________________________________________________

秋篠宮家の長女・眞子さんが小室圭さんと結婚し、アメリカ・ニューヨークでの新生活を始めて2週間が経過した。夫婦が渡米し新婚生活を始めたまさにその日、彼の国で、夫婦に関するある重大な出来事が起きていた。中国で「小室圭」という名称の商標登録申請がなされていたのである。

 特許庁に相当する「中国国家知識産権局商標局」のウェブサイトによると、「小室圭」は商標の国際分類の3類(化粧品や室内用芳香剤、防臭剤など)と5類(おむつや栄養補助食品など)でそれぞれ、11月15日に登録申請されている。

申請者は福建省晋江市(しんこうし)にある栄金婦幼用品有限公司なる企業。同社ウェブサイトによると、2002年に設立されたベビー用品メーカーのようだ。

 商標登録については、事実上の早い者勝ちとなる先願主義を取る中国では、商標権の横取りが横行している。海外企業の有名ブランドなどの商標が、中国国内で無関係な第三者に登録され、“本家”のブランドが商標権侵害で逆に訴訟を起こされた挙句、賠償金を支払うハメになった例もある。

 日本の皇族の名称も例外ではない。これまでに、「秋篠宮名品」や「佳子公主(公主は『姫』の意)」、「真子龍顔(龍顔は『位の高い人物の顔』を指す)」などが申請され、現時点でもそれぞれ中国企業が商標権を保持している。ただ、小室圭さんに関連する商標の登録は、今回が初とみられる。中国でも小室さんが「皇室関係者」として認められたということか……。

 申請を行った企業にその目的や商品化の予定などについて質問状を送ったが、期日までに返信はなかった。

 一方、中国事情に詳しいフリーライターの奥窪優木氏は、申請企業の狙いについてこう話す。

「将来お二人の間にお子さんが誕生すれば中国でも話題になる。その際にこの企業は、小室圭の名を冠したベビー用品を売り出すために商標の登録申請をしたのでは。この企業の主力商品は子供用紙おむつのようなので、近い将来『小室圭おむつ』が販売される可能性もある」

 小室さんは現在、ニューヨーク州の司法試験に再チャレンジするために猛勉強中と思われるが、自身の名前を守るため、中国の法律も学ぶ必要があるかもしれない。

(写真)
no title

▲ 「佳子公主」とは佳子プリンセスの意。同名がついたナプキンがすでに販売されている。

no title

no title

▲ 国家知識産権局の「中国商標網」のウェブサイトでは、登録されている商標の検索などができる。

ソース:NEWSポストセブン
https://www.news-postseven.com/archives/20211202_1711162.html?

続きを読む

1: ニライカナイφ ★ 2021/12/01(水) 00:44:59.28 _USER9
◆ 中国メディアが眞子さんと小室圭さんのために使用した税金の詳細公開を要求

 中国メディアが眞子さんと小室圭さんのために使用した税金の詳細を公開するよう強く要求した。

 小室夫妻の動向が渡米後も注目を集める中、中国メディア「網易」は2人に〝投入〟された税金に着目して特集を組んだ。

 同メディアはまず、日本のネット上で寄せられている国民の声を紹介。「1人で出かけることができるなら、生活を続けるために警備費は必要ないと認識して自力で生きてください。仕事を通じてお金を稼ぐ必要があるだろう」と皇室から離脱した後も警備などに血税が使用されていると指摘する声が。また「意図的にメディアに写真を撮らせ〝私たちが自分の力で生きている〟とみんなに知らせた! 陰でボディーガードがいるに違いない。やっぱり演じるのが大好きな女性なんですね。とにかく後ろに(日本人の)税金がある」との意見も伝えた。

 こうした点を踏まえて同メディアは、血税の使用について持論を展開。「持参金は辞退したが、それ以上のお金が使われている。持参金は必要なくとも、住居費や警備費に2億円を費やした可能性も指摘されている」としたうえで「皇室は詳細を公開する必要がある」と税金の使途の詳細を公にするよう強く求めた。

 血税は国家の土台を成すだけに、中国メディアも隣国での話題に関心が高いようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0e80dd20b3665b280d2dd0758487ca8fcad3fb09

続きを読む

1: アルゼンチンバックブリーカー(栃木県) [US] 2021/11/21(日) 17:04:57.31 BE:886559449-PLT(21000)
sssp://img.5ch.net/ico/8toushinnomonar32.gif
林外務大臣 訪中し対面での外相会談を調整へ

林外務大臣はBS朝日の番組で中国を訪問して対面での外相会談を調整していく考えを示しました。

 林外務大臣:「日中外相電話会談でも招請は受けましたので、(訪中の)調整はしていこうと」

 林大臣は18日の中国・王毅外相との電話会談で訪中の打診を受けたと明らかにしました。

 そのうえで、台湾海峡を巡り、対立を深める米中双方と対話を重ねていく考えを示しました。

 また、人権問題への抗議から北京オリンピックに政府の要人を派遣しない「外交的ボイコット」について日本の対応を問われると、「現時点では何も決まっていない」と述べるにとどめました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4b54100a768e31da044cd6649913878cb4fcc9a1

続きを読む

1: 蚤の市 ★ 2021/11/19(金) 22:08:52.36
 中国の王毅国務委員兼外相は18日、日本の林芳正外相との電話協議で歴史や台湾問題に触れ、「両国関係の政治的基盤や信頼に関わる重要な問題であり、一線を越えてはならない」と要求した。中国外務省が発表した。

 王氏は一方で来年の日中国交正常化50周年にも言及し、「2国間関係を正しい方向に進める機会とすべきだ」と関係改善を呼びかけた。中国外務省の発表によると、林氏も「相違を適切に管理し、安定的かつ建設的な日中関係の構築を推進したい」と述べたという。

 また、王氏は「日米は同盟国で、中日は引っ越しできない隣人だ」と指摘したうえで「中国と米国は将来に関する戦略的な問題について話し合っている。日本も状況を把握し、中国や米国との関係を適切に処理することを期待する」とけん制した。【北京・岡崎英遠】

毎日新聞 2021/11/19 11:30(最終更新 11/19 11:31) 342文字
https://mainichi.jp/articles/20211119/k00/00m/030/083000c
★1 2021/11/19(金) 13:43:42.00
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637308549/

続きを読む

1: 新種のホケモン ★ 2021/10/26(火) 15:40:05.83 _USER
2021年10月26日、中国紙・環球時報は、秋篠宮さまの長女眞子さまの結婚に対する世論のバッシングについて、人権活動家から「封建時代のようだ」との批判が出ていると報じた。

記事は、眞子さまが小室圭氏と26日に結婚して皇室を離れ、今後米国で新生活を始める準備を進めると紹介。2017年に婚約が発表された当初は18年に結婚の予定だったが、小室家の債務トラブルによって結婚は再三延期となり、一度は破談との情報も流れたとしたほか、時間の経過とともに小室氏に対する日本世論の唾棄が激しくなっていったと伝えた。

その上で、米CNNが25日、眞子さまの結婚について「大志を抱く弁護士が現実の生活でプリンセスと結婚し、なおかつプリンセスが東京の宮殿を離れてニューヨークで新生活を送る」という童話のようなストーリー要素を持っていると伝える一方で、「2人の結婚はスキャンダル、世論の反対、ゴシップの餌食という状況に陥ってしまった」と評し、英紙ガーディアンも25日に「小室家の金銭スキャンダルが両人につきまとい続けていることは、両人の結婚が各種の誤った理由により大衆やメディアの注目を集めてしまったことを意味する」とし、本来慶事あるいはロマンチックなストーリーとして歓迎されるべき皇族の結婚が違った形で脚光を浴びている現状を報じたことを紹介している。

また、CNNが「一部の日本人は、単親家庭の息子とプリンセスは釣り合わないと認識している」と伝え、日本の皇室問題研究者が「日本の皇室は金銭、経済、政治に絡む面倒がないという点が、(結婚相手である)小室家の金銭トラブルが注目される原因の一つになっている。日本人は道徳的に完璧さを求める傾向があり、日本には小室氏に適した場所がない。それゆえ眞子さまも家族のことを愛していながら日本に留まることができない。眞子さまと小室氏が眞子さまの家族とケンカ別れした、ということではない」との見解を示したことを伝えた。

さらに、日本の人権活動家からは「結婚とロマンは幸福に直接関係する重要な選択。社会が眞子さまと小室氏の幸福を否定しようとしているのは、まるで時計の針が封建時代に戻ってしまったかのようだ」といったように、日本社会による眞子さまと小室氏へのバッシングを批判する見方も出ていると紹介したほか、2人に対する批判の声が多く聞かれる一方で、2人の結婚について祝意を示す人や、「新たな時代におけるメルヘンストーリーだ」と評価する日本国民も存在すると伝えた。(翻訳・編集/川尻)

Record China 2021年10月26日(火) 15時20分
https://www.recordchina.co.jp/b884116-s25-c30-d0193.html

続きを読む

↑このページのトップヘ