中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 中国

1: みつを ★ 2019/11/14(木) 06:04:31.43
https://www.afpbb.com/articles/-/3254629


北京で肺ペスト発生 感染力強く致死性も
2019年11月14日 0:15 
発信地:北京/中国 [ 中国 中国・台湾 ]


【11月14日 AFP】中国・北京市の病院で、患者2人が肺ペストと診断された。病院のある区の当局が12日、ウェブサイトで明らかにした。肺ペストは発生こそまれなものの感染力が強く、治療を怠れば死に至る。

 当局によれば、患者らは同国北部の内モンゴル(Inner Mongolia)自治区の出身で、現在は北京市内の病院で治療を受けている。当局はまた、すでに「予防・管理措置が取られている」と説明した。


 北京市の人口は2100万人を超える。AFPは市当局にコメントを求めたが、回答はなかった。ただし世界保健機関(WHO)は、中国の当局から肺ペスト発生の報告があったことを確認している。

 肺ペストは一般的な腺ペストよりも危険性が高い。WHOによると、「ペストの中で最も悪性の形態」で、患者は24~72時間で死に至る可能性がある。また、極めて感染力が強く、「人から人へ飛沫(ひまつ)感染し、深刻な流行を引き起こす可能性がある」という。症状としては、発熱、悪寒、嘔吐(おうと)、吐き気などが見られる。(c)AFP
img_48ceb017c6da8d3259fd6ee91d12eb2e214680


続きを読む

1: 目潰し(茸) [CN] 2019/11/16(土) 13:20:57.86 ● BE:271912485-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
北大・岩谷教授、拘束解かれ帰国 中国は「保釈」と説明

 政府は15日、中国当局に9月から拘束されていた岩谷將(いわたにのぶ)・北海道大学法学研究科教授(42)が解放され、同日帰国したと発表した。健康状態に問題はないという。

 日中関係筋によると、岩谷氏は9月3日に中国に入国し、北京滞在中に拘束された。政府系シンクタンク・中国社会科学院近代史研究所の招きで北京を訪れていた。岩谷氏は中国近現代史が専門。過去に防衛省防衛研究所や外務省に勤務した経験がある。

 日本側は繰り返し中国側に解放を要求。安倍晋三首相が10月23日に、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に参列した中国の王岐山(ワンチーシャン)国家副主席と会談した際にも、直接解放を求めていた。
また、今月4日には訪問中のタイで李克強(リーコーチアン)首相にも前向きな対応を求めていた。安倍首相は15日、「政府としてはあらゆるレベルで早期帰国に向けて働きかけを行ってきた。
私自身、一日も早くご家族の元に帰れるように強く要請をしてきた。無事に帰国され、ご家族と再会できたことは本当に良かった」と記者団に語った。

 中国外務省の耿爽副報道局長は15日の定例会見で、岩谷氏が国家機密にかかわる資料を集めていたとした上で、保釈したことを明らかにした。

 耿氏は「9月8日、国家安全当局が(岩谷氏の)滞在先のホテルを捜査し、(岩谷氏が)収集した中国の国家秘密に関わる資料を押収した」と説明。その後の取り調べで、岩谷氏が「過去も含めて大量の機密資料を収集していたことを認めた」として、当局は反スパイ法と刑法の違反に当たると認定したと述べた。
ただ、岩谷氏が容疑を認め、反省の意思を表明する手続きに応じたため、保釈したと説明した。菅義偉官房長官は会見で、拘束理由について「事柄の性質上、詳細についてコメントは控えたい」と述べた。(楢崎貴司、北京=高田正幸)

https://www.asahi.com/articles/ASMCH5DZLMCHUTFK01F.html

続きを読む

1: ガーディス ★ 2019/11/17(日) 10:24:37.21
香港に駐留する中国の人民解放軍の兵士が、デモ隊が作ったバリケードを撤去した。デモの対応に人民解放軍が関わったのは初めて。

政府への抗議活動が続く香港。デモ隊は各地でバリケードを作って交通を妨害している。こうした状況に、ついに一部の市民から不満の声があがった。

市民らは自らの手でバリケードを撤去。車が通れるようになると歓声が上がった。

香港市民「政治とは関係なく、生活に影響が出たから、市民としてやるべきことをやっているだけだ」

こうした動きに突如、加わったそろいの半ズボン姿の男性たち、香港に駐留する中国の人民解放軍の兵士数十人。市民を手伝う形でバリケードを撤去した。一連のデモの対応に人民解放軍が関わったのは初めて。

人民解放軍が香港市民のために作業する姿を見せることで、中国への反発を和らげるとともにデモ隊をけん制する狙いがあるとみられる。

no title

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17392448/

続きを読む

1: トラースキック(茸) [CN] 2019/11/10(日) 17:13:43.97 BE:422186189-PLT(12015)
sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
香港デモで警察に集団性暴行された16歳女子中学生が中絶
https://gogotsu.com/archives/54921/amp

香港の大規模デモに参加していた16歳の少女が警察から集団性暴行し妊娠したという衝撃的な報道が挙がってきている。
10日、香港メディアHK01など複数のメディアは匿名の16歳の少女がデモに参加していたが、警察署に監禁されたあと集団性暴行された事実が確認されたという。

報道によると少女が監禁されていたのは9月27日で、この監禁中にチンワン(荃灣)警察署ににて警察官から集団性暴行を受けたという。

その後妊娠の事実を知った少女はクイーンエリザベス病院で中絶手術を受けたという。

先月今回の事件と関連し、弁護士が警察に告訴状を送りつけ、警察は捜査に着手した。
しかし警察側は「これまでの捜査内容は告訴人の主張と一致していない」と明らかにし、双方の主張が食い違っている。

なお、病院曰く妊娠していたのは事実で妊娠期間は拘束されていた期間と一致するという。

続きを読む

1: ばーど ★ 2019/11/08(金) 18:03:41.83
【ソウル聯合ニュース】米シンクタンクのシカゴ・グローバル評議会が米国で実施した外交政策に関する世論調査で、米国人の64%が「北朝鮮が日本を攻撃する場合、日本を保護するための米軍の出動を支持する」と答えたことが分かった。米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が8日、伝えた。

 シカゴ・グローバル評議会は18歳以上の国民2059人を対象に実施した調査の結果を4日(現地時間)に発表した。2015年の調査では北朝鮮の攻撃から日本を守るため米軍の出動を支持するとの回答は48%だった。それに比べると今年は支持する人の割合が大きく上がった。

 シカゴ・グローバル評議会は「インド太平洋で日本は米国の中核的な同盟国であり、米軍駐留国として域内の米国の安全保障において重要な役割を担っている」と説明した。

 一方、今回の調査で55%の米国人が「日本と中国が領土紛争で衝突する場合、米軍の関与に反対する」と回答した。

11/8(金) 11:06
聯合ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191108-00000008-yonh-kr
no title

続きを読む

↑このページのトップヘ