中国68年の歴史と野望

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

カテゴリ: 中国

1: 名無しさん 2017/03/28(火) 08:21:40.63 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
名護市の米軍キャンプ・シュワブ前で25日に開かれた辺野古移設反対集会に初参加した翁長雄志知事。
中国の脅威を指摘する辺野古容認派に対し「ネット右翼」という言葉を持ち出し「翁長知事は中国のスパイだ、だからオスプレイ、新辺野古基地に反対するんだという簡単な論理で、沖縄の歴史なども顧みない」と激しく反論、
反基地活動家との〝一体化〟を強く印象づけた。

大会終了後、基地に向かって「基地は要らない」と拳を振り上げる参加者=25日、米軍キャンプ・シュワブ前
no title

https://www.yaeyama-nippo.com/2017/03/26/知事-活動家と-一体化-辺野古容認派を右翼と批判/

27: 名無しさん 2017/03/28(火) 08:40:34.13 
>>1 
国民をみんなネット住民扱いする耄碌 


2: 名無しさん 2017/03/28(火) 08:22:28.71 
尖閣周辺に毎日の様にやって来て挑発行動を繰り返されている所の知事の発言とは思えないな 

続きを読む

1: 名無しさん 2017/03/27(月) 20:07:24.88 _USER
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20170327-00069153/

森友学園問題で「日本極右教育」を攻撃していたはずの中国が、証人喚問以降は籠池氏側に立ち、安倍夫妻への疑惑報道を過熱させている。昭恵夫人にも焦点がシフト。第二のパク(元)大統領を「期待」か。

◆最初は「日本の極右教育」と批判していた中国
3月20日の本コラム「中国、森友学園問題をトップニュース扱い!」でもご紹介したように、籠池氏が国会で証人喚問を受けるまでは、中国の報道は日本の「極右教育」批判に重きを置いていた。
3月16日の外交部定例記者会見で、森友学園に関する質問に対して、華春瑩報道官もまた、おおむね以下のように回答している。
――このたびの事件では、日本にはいつまでも歴史を正視して反省するのをいやがる勢力がいて、侵略戦争を起こした罪を認めず軍国主義への道を再び歩もうとしている。こういった勢力は教育機関を通して青少年に軍国主義思想を植え付けようとしている。(中略)日本の執政者は歴史から教訓を学び、こういった右翼勢力を野放しにすべきではない。(ここまで引用)
つまり、森友学園問題はあくまでも「日本の軍国主義への逆戻り」の何よりの証拠だという論調が主軸だったのである。そこでは、安倍首相と籠池氏を「一体」として「右傾化教育」を批判していた。

◆中国、籠池氏側に立ち、安倍辞任に期待か?
ところが、3月23日に籠池氏が証人喚問を受けてからは、まるで籠池氏が「正義」で、この事件により安倍政権が崩壊するのではないかといった論調に一斉に切り替わっていった。
それまで「安倍総理万歳!」「昭恵夫人頑張れ!」などと園児に叫ばせていた籠池氏が、安倍首相に国会で「しつこい」と言われて失望し、3月16日に100万円寄付に言及したあと、籠池氏の自宅に入って事情を聴いたのが野党議員だったことも関係しているかもしれない。
しかしもっと鮮明なのは、国会における証人喚問で「極右教育」の籠池氏を徹底攻撃したのが安倍政権の与党側だったということだ。これが中国における「ねじれ報道」の分岐点となっている。
本来なら「極右教育」をしているとして森友学園攻撃をするはずの野党側が、どちらかというと籠池氏に好意的なトーンで質問しているということも大いに影響しているだろう。野党にしてみれば、客観的事実を引き出したいという大義名分はあろうが、やはり安倍政権攻撃の証拠をつかみたいという意図が滲み出ている。
こういった日本の国会における「右翼教育」に対する逆転現象を反映して、中国の報道から「軍国主義教育に逆戻りしている!」といった攻撃トーンはすっかり姿をひそめ、「極右教育」の総本山だった籠池氏側に立つという、実に奇妙な「ねじれ現象」が起きているのである。
おまけに安倍夫人に焦点を絞ったものが圧倒的に多い。100万円寄付の真偽が、籠池氏と安倍夫妻の間で真っ向から対立しているからだろう。
たとえば3月24日の人民網の「人民電視(テレビ)」は中央テレビ局CCTV13の報道「安倍、森友学園スキャンダルに深く陥る  籠池――安倍夫人から直接100万円を受け取った」や、「日本:安倍、森友学園醜聞に深く陥る――顔を潰されたか?安倍はスキャンダルとは無関係と言い張る」などを転載している。「人民網」は中国共産党機関紙「人民日報」のウェブサイトだ。
安倍夫人に焦点を当てた報道は数え切れず、動画ではないが、代表的なものを列挙すると以下のようなものがある(動画はアクセスが不安定になるケースが多いので、ここでは省略する)。
●「日本森友学園責任者が“爆弾発言”:首相夫人から寄付金の封筒を受け取った」(中央ラジオ局) 
●「日本森友学園スキャンダル:4野党が安倍夫人の証人喚問を求める」(環球網)
●「安倍、森友学園献金を再び否認  野党による妻の証人喚問要求を拒絶」

◆第二の韓国パク(元)大統領にしたい中国の願望
こういった流れを受けて、安倍首相はかつて「もし森友学園事件と自分および妻が関わっていたら、すぐ辞職する」と言ったではないかという報道が、中国では目立つ(この発言には「文脈」があるが、中国では取り敢えず、それは無視)。
たとえば中央ラジオ局のウェブサイト「安倍はかつて森友学園を関わっていたら辞職すると言い放った 専門家:その可能性は排除できない」などがある。
「となれば、ひょっとしたら、第二の韓国のパククネ(元)大統領」になり得るのではないか」という期待が中国の報道に滲み出るのは、自然の流れだろう。

以下ソース
14: 名無しさん 2017/03/27(月) 20:21:31.62 
中国と野党の言い分が同じってところか、もうねw 

4: 名無しさん 2017/03/27(月) 20:09:35.81 
第二のパクwww 

日本国内は冷めてるんだが


続きを読む

1: 名無しさん 2017/03/25(土) 11:26:52.01 _USER
 日本国憲法第41条によると、国会は「国の唯一の立法機関」である。従って、構成員たる国会議員が最優先で果たすべき職責は「立法」、つまり法案を審議して新しい法律を制定したり、不具合が生じている既存の法律を改正することだ。

 衆院のサイトによると、現在開かれている第193回通常国会には、衆院56件、参院102件の議員立法と、内閣からの閣法70件、計228件の議案が提出された。

 召集日から約2カ月が経過した22日現在、衆法2件が撤回され、1件の閣法「地方交付税法及び特別会計に関する法律の一部を改正する法律案」が成立したが、残りはすべて審議中である。

 学校法人「森友学園」(大阪市)の問題ばかりを取り上げる民進党や共産党、社民党などの議員は、国会議員の職責を果たす意思がないのだろうか。安倍晋三内閣を倒すことを「唯一の目標」と定め、火のない所に煙を立てて審議を妨害しているように思える。

 おかげで、日本を除くすべての先進国が当然と考える、テロ等準備罪を新設する「組織犯罪処罰法改正」や、返還不要の給付型奨学金の創設に関する「日本学生支援機構法改正案」、東京電力福島第1原発の廃炉費用を安定確保する「原子力損害賠償・廃炉等支援機構法の改正案」といった重要法案の審議は、すっかり脇に追いやられた。

 事実を伝えるべき、テレビなどの報道も相変わらずひどい。

 確かに、籠池(かごいけ)泰典理事長の教育は過大評価されていたが、教育勅語や安全保障法制、安倍晋三首相夫妻の人格などを、まとめて貶めようとする雑で執拗(しつよう)な報道は、放送法を遵守すべき免許事業者とは思えない。

 「国権の最高機関」たる国会の監視役を自称する気なら、審議時間と税金の無駄遣いを指摘し、良識ある国民の「うんざり感」も報じるべきだ。

 先週も書いたが、北朝鮮は弾道ミサイル4発を同時発射した後、「在日米軍基地を攻撃目標として行われたことを隠さない」との朝鮮人民軍戦略軍・報道官談話を発表した。ICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験準備も最終段階にあるという。日本と米国への武力攻撃を準備中との、明確な意思表示である。

 それでも、一部野党やメディアは「政局」「倒閣」を最優先に考えているようだ。「頭の中に『国益』や『国防』の概念すら存在しないのか?」と問いたい。

 もっとも、17日の衆院外務委員会で、日本維新の会の足立康史議員は「安保情勢が厳しい中で、安倍首相や稲田朋美防衛相の足を引っ張るのは、北朝鮮や中国と通じているのではないかと疑われても仕方ない」と指摘していた。

 これが図星であれば、一部野党やメディアは「見事な仕事ぶりだ」と誉められるのだろう。

 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。著書に『儒教に支配された中国人・韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、『トランプ大統領が嗤う日本人の傾向と対策』(産経新聞出版)、『日本覚醒』(宝島社)など。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170325/dms1703251000003-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170325/dms1703251000003-n2.htm

no title

籠池氏(中央)と、野党議員ら=16日、大阪府豊中市

125: 名無しさん 2017/03/25(土) 13:43:37.67 
>>1 
みんな知ってるw 


146: 名無しさん 2017/03/25(土) 14:16:41.60 
>>1 
前から疑っていた(棒) 


229: 名無しさん 2017/03/25(土) 15:14:25.00 
>>1 
もはや普通の日本人なら誰でも思う疑念ですわ。 
政治家もマスコミにも官僚にもスパイがいるとね 

続きを読む

1: 名無しさん 2017/03/24(金) 06:26:58.48 _USER
http://news.searchina.net/id/1632019?page=1

 2017年は日本と中国の国交正常化から45年目の節目にあたる年だが、日中関係は小康状態にあるものの、決して良好とは言えない状態が続いている。中国メディアの環球網は23日、日中関係が低迷しているのは日本側の責任であると主張する一方、中国を敵視することは日本にとって利益とはならないと論じる記事を掲載した。

 記事は、中国社会科学院の関係者の見解として、日中関係は2014年11月に行われた日中首脳会談をきっかけに改善の方向に向かうと思われたとしながらも、近年は再び関係が低迷していると指摘。その原因はあくまでも日本側にあると主張した。

 続けて、中国を敵視することは日本の利益に合致しないことは明らかだと主張。周囲に敵国が存在せず、東アジアが安定することは日本にとっての利益であると論じる一方で、日中関係の低迷は米国が日中の接近を拒んでいることが理由であると主張した。さらに、尖閣諸島(中国名:釣魚島)は日中関係における政治的な地雷となり、日本は米国の手先となり、中国の平和的な勃興をけん制するための駒になったと論じた。

 一方で、米国の大統領に就任したトランプ氏が環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)からの離脱を決めたことや、在日米軍の撤退の可能性に言及したことなどを指摘。日本と米国の関係が変わりつつある可能性を示唆したうえで「冷戦中に対立していた米国と旧ソ連ですら、関係は改善した」と指摘、日本と中国には歴史問題や領土をめぐる対立は存在するものの、経済面では密接な関係が存在し、日本が中国を敵視する政策を変えれば日中関係は改善する可能性が高いと論じている。
55: 名無しさん 2017/03/24(金) 07:00:25.75 
>>1 
ハンマー持ってガラス窓をガスバーナーで熱しながら 
「俺を敵視することは家主にとって利益とはならないアル」とか 
馬鹿かよ支那は?w 


79: 名無しさん 2017/03/24(金) 07:13:13.79 
>>1 
バカジャネーノ 
自分から日本に対して軍事的挑発繰り返してる癖にどの口がぬかしてんだよ 
話にならん 


82: 名無しさん 2017/03/24(金) 07:14:39.95 
>>1 
いや、お前らは明確な敵だよ 
敵対行為や挑発繰り返しているのだからな 


136: 名無しさん 2017/03/24(金) 07:33:38.20 
>>1 
>中国の平和的な勃興 

ここ笑うとこねw 

1948年以来、8,000万人以上虐殺しまくってきた山賊帝国主義の 

寝言ですなあw 

続きを読む

1: 名無しさん 2017/03/23(木) 18:30:24.75 _USER9
中国が主導する国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)は23日、
新たにカナダや香港など13カ国・地域の加盟申請を承認したと発表した。

加盟国・地域は70になり、日米が主導するアジア開発銀行(ADB)の67カ国・地域を上回る。
先進7カ国(G7)で参加を見送っているのは日米だけとなる。

AIIBが新たに申請承認したのは香港、カナダのほか、ベルギーやハンガリー、アイルランド、ペルーなど。
今後、国内手続きなどを経て正式に加盟する。

AIIBは「今回の発表は新規加盟の第1陣だ」(広報)としており、加盟国は今後さらに増える可能性がある。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017032300645

2017/03/23(木) 14:20:44.95
16: 名無しさん 2017/03/23(木) 18:34:40.02 
>>1 

ガソリンのないバスww 

40: 名無しさん 2017/03/23(木) 18:38:57.27 
>>16 
そもそもエンジンがありませんw 

239: 名無しさん 2017/03/23(木) 19:42:40.34 
>>40 
タイヤも付いてないっぽい 


続きを読む

↑このページのトップヘ