1: どこさ ★ 2021/02/18(木) 17:41:58.12
中国、レアアースの輸出を制限することで米国防産業を制約できるか検討―仏メディア
Record China 2021年2月18日(木) 6時40分
https://www.recordchina.co.jp/b872171-s25-c100-d0192.html

no title


仏RFIの中国語版サイトは16日、レアアース(希土類)について、
「米国の防衛請負業者にとって極めて重要で、
 ロッキード・マーチンがF-35戦闘機などの先端兵器を製造する際に不可欠な素材だ」
とした上で、
「中国は、レアアースの輸出を制限することで米国の国防産業を制約できるかどうか検討している」
と報じている。

記事はまず、
「英紙フィナンシャル・タイムズが関係者の話として伝えたところによると、
 中国政府当局者は、2国間紛争の際に中国がレアアースの輸出を制限した場合、
 米欧の企業にどの程度影響が及ぶかについて業界幹部に質問を行った」と伝えた。

続いて、
「台湾・中央社によると、中国は先月、レアアースの管理を強化する条例案を公表した。
 中国の工信部(工業情報化省)はホームページで、レアアースについて、
 再生不可能な重要戦略資源だと述べている。
 レアアース資源大国である中国は、レアアースの生産と利用で中心的な地位にある。
 条例を制定してレアアース管理の各種制度を法律上明確化することは、
 国家の利益と戦略資源産業の安全を守るのに資する」と伝えた。

記事は、レアアースについて、
「スマートフォンから戦闘機までに使用され、米国が輸入するレアアースの8割が中国から来ている。
 中国が輸出を制限すれば、米国のサプライチェーンに影響が及ぶことになるだろう。
 中国のレアアース埋蔵量は世界全体の35~40%を占めており、その生産量は世界全体の6割以上に上る。
 米地質調査所(USGS)によると、2019年の世界のレアアース鉱石生産量に占める割合は、
 中国が62.9%、米国が12.4%、オーストラリアが10%、ミャンマーが10.5%だ」と伝えている。
(翻訳・編集/柳川)

106: ニューノーマルの名無しさん 2021/02/18(木) 18:25:56.24
>>1
日本領海や近郊の海底鉱床からレアアースが採掘できる
中国が必死に占領に来てる理由の一つがこれ

特に沖縄近海の海底熱水鉱床から採取して地金の製造に成功してるから商用化される前に叩き潰すか占領したい

2: ニューノーマルの名無しさん 2021/02/18(木) 17:43:18.94
検討した時点で敵対行為だな

3: ニューノーマルの名無しさん 2021/02/18(木) 17:43:34.67
すぐに代替品をつくるさ

9: ニューノーマルの名無しさん 2021/02/18(木) 17:44:46.11
>>3
てかネオジム磁石って日本が希土類の代替品でより強力なヤツ開発してたよね

6: ニューノーマルの名無しさん 2021/02/18(木) 17:44:03.84
それは日本にやって失敗しているだろ
日本にすら通じないのにアメリカに通じるわけがない

14: ニューノーマルの名無しさん 2021/02/18(木) 17:45:33.36
>>6
だから「検討」しかカード出せないんやろw

37: ニューノーマルの名無しさん 2021/02/18(木) 17:54:41.91
>>6
日本にレアアース輸出制限してWTOで中国は負け輸出再開したが
中国はその間の日本側の機会損失を補償していない
WTOルール上も補償する義務は無い

中国は負け上等でやってくるぞ
一時的にでも嫌がらせできるし

13: ニューノーマルの名無しさん 2021/02/18(木) 17:45:18.66
へ?懲りない奴等だな中国人って。
日本にお仕置きだってそれやって大変な目にあったの忘れてんの?

15: ニューノーマルの名無しさん 2021/02/18(木) 17:45:49.58
深海のレアアースにチャンス到来。
値段が上がればペイする。

25: ニューノーマルの名無しさん 2021/02/18(木) 17:49:27.24
認知症国家か?

41: ニューノーマルの名無しさん 2021/02/18(木) 17:55:02.18
取れるか取れないかじゃないと何度言わせるんだ
誰がその程度でやるかっての共産国の奴隷しかないだろ

44: ニューノーマルの名無しさん 2021/02/18(木) 17:56:36.34
レアアース好きやな

96: ニューノーマルの名無しさん 2021/02/18(木) 18:18:37.96
こういう政治的資源の禁輸と言うのは新しい科学と技術を育てるんだよね。

ドイツでも、硝石を禁輸されたら、ドイツの化学者「ハーバー」「ボッシュ」が
空気中の窒素を固定化する「ハーバー・ボッシュ法」を生み出した。
それによりアンモニアを大量に生産できて、ドイツの化学者「オストワルト」が
生み出したオストワルト法で、アンモニアを硝酸に変える事で火薬の化学合成を
可能にした、結果、第1次世界大戦をドイツ皇帝が決意したという。
日本でも、先の中国のレアアース禁輸で代替法を開発した。科学技術を持っている
米国がレアアースの禁輸で困る訳がない。備蓄もあるし、その間に代替法を生み出す。

112: ニューノーマルの名無しさん 2021/02/18(木) 18:28:43.46
やることが幼稚

引用元:

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1613637718/