1: 首都圏の虎 ★ 2020/09/13(日) 20:15:46.96
SNSと政治…闇な響き。

アメリカのテッド・クルーズ上院議員による「Twitter炎上事件」から2年が過ぎました。Twitterアカウントでポルノ動画に「いいね!」したことがバレて炎上したクルーズ議員は当時、「秘書がやりました」という王道の弁明を披露。「これって万国共通なんだ!」とある種の感激を与えてくれました。

先日、これと似たような事案が中国でも起きましたが、こちらの対応はアメリカよりもなかなかシャープです。7日、駐英中国大使のTwitterアカウントがポルノ動画および政治的に問題があると思われる投稿に「いいね!」したことが報じられました。現在、中国は「大使のアカウントが攻撃された」としてTwitterに調査を要求しています。

問題視されたのは、ポルノよりも「当局の非人道的行為」
ある朝、同大使のアカウントがポルノ動画に「いいね!」していたことがフォロワーに伝わり、それがTwitterユーザーの間で拡散しました。これだけなら米議員のときと同様なのですが、事態はもう少々複雑でした。大使のアカウントは、新疆ウイグル自治区で中国が行った非人道的な行為を糾弾するツイートにも、「いいね!」していたのです。むしろ、当局が問題視したのはこちらでしょう。

中国最大のイスラム系民族であるウイグル人は今、当局から非人道的な行為を受けていると報じられており、新疆ウイグル自治区は世界中が注目しているデリケートな地区です。家族がバラバラにされて強制収容所送りになったり、女性が人工中絶や不妊手術を強要されるなど、耳を疑うような話も聞かれます。

中国を批判する過激投稿にも「いいね!」
今回「いいね!」された投稿の1つは、新疆ウイグル自治区のキャンプをドローンで撮影した映像でした。囚人と思われる人の群れが目隠ししたままひざまずき、列車に乗せられるという、21世紀と思えないような内容です。今年はじめ、BBCが劉大使にこの映像を見せた際、彼は中国で起こっている不正行為について「何の映像かわからない」と述べています。

他にも、大使のアカウントはがこんな投稿にも「いいね!」しています:

リップサービスを駆使して内政干渉を拒むのが中国の常とう手段。

そうして彼らは世界に避難されることなく、自国民を殺害している。

香港に自由を、満州に自由を、モンゴルに自由を、ウイグルに自由を、

シャン族に自由を、タイの軍事政権を転覆させろ。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/96666d11ec2e7ef6c4f5c432212944768702547f
no title

4: 不要不急の名無しさん 2020/09/13(日) 20:18:53.35
知らなかったアル 

18: 不要不急の名無しさん 2020/09/13(日) 20:27:36.86
ちゃんとアカウント切り替えろwww

28: 不要不急の名無しさん 2020/09/13(日) 20:39:58.43
言い訳すると、確定にしかならへんのやで
ちょっと珍しい病名で体育の授業休むんとは違うんやで

50: 不要不急の名無しさん 2020/09/13(日) 22:07:24.08
人のせいにするあたり
さすが中国人
平常運転ですね

67: 不要不急の名無しさん 2020/09/13(日) 23:12:41.02
自分に都合の悪い事は、全て他人のせいにする。
典型的なヒトモドキの症例ですねwww

72: 不要不急の名無しさん 2020/09/13(日) 23:52:17.91
下半身だけは親日親米

78: 不要不急の名無しさん 2020/09/14(月) 00:20:47.73
>>72
わらったw

81: 不要不急の名無しさん 2020/09/14(月) 08:15:14.46
ほんとこういう時だけ都合いいな

引用元:

https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1599995746/