1: ■忍法帖【Lv=21,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2018/06/30(土)05:24:10 ID:???
スクリーンショット 2018-07-01 9.03.52

 奈良時代に漆(うるし)の生産拠点「漆部造(ぬりべのみやつこ)」が置かれ、「漆発祥の地」とされる
奈良県曽爾(そに)村が、長年廃れていた村産漆の復興に取り組んでいる。古くから塗料や接着剤など多様な
用途に使われ、英語で「japan」と訳されるほど日本を象徴する素材の漆だが、実は現在国内で使う97%が
中国などからの輸入。
国宝や重要文化財建造物の修復にすら外国産漆を使わざるを得ない現状に、「日本の宝は日本の素材で守る」と、
発祥の地の誇りを胸に立ち上がった。(田中佐和)

漆文化の発信拠点完成
 奈良市から車で約1時間半。三重との県境に位置する曽爾村で5月25日、ものづくり工房「漆復興拠点ねんりん舎 
Urushi Base Soni」の完成式典が行われていた。
 20年間空き家だった古民家を改修して作られた同施設は、県内外の漆作家らが活用するシェア工房であるとともに、
観光客向けの漆製品の展示やカフェスペースを設けた、漆文化の発信拠点にもなっている。
 村産漆の復活に取り組み始めて13年。式典で芝田秀数村長は、「文化の復興、継承には若い力が必要。
この工房がそのための場所となるよう、村を挙げて取り組む」と高らかに宣言した。

職人が住んだ漆部郷
 人口約1500人の小さな村、曽爾村は「ぬるべの郷(さと)」の愛称で親しまれる。「ぬるべ」は「漆部」
と書き、漆塗り職人を指す。ここは漆が多く自生する土地として、奈良~平安時代に朝廷に献上する漆や漆器の
生産拠点「漆部造」が置かれた、漆発祥の地とされている。

 鎌倉初期までに成立した辞典「伊呂波字類抄(いろはじるいしょう)」には、漆部造設置にいたる漆塗りの起源が、
こんな伝承で紹介されている。

 《倭武皇子(ヤマトタケルノミコ)が山で狩りをしていたとき、獲物に矢を射たがとどめを刺すことが
できなかった。それならばと、漆の木を折って木汁を矢先に塗り込めて再び射ると、見事仕留めることができた。
手が黒く染まっていることに気付いた皇子が持っていた品物に木汁を塗ると、黒い光沢を放って美しく染まった》
 曽爾村は他にもさまざまな時代の文献で「漆部郷」の名で登場するが、時代とともに漆塗りの文化は廃れ、
いつしか職人もゼロに。戦後はスギやヒノキの植樹のために大量の漆が伐採され、村には「ぬるべの郷」と
いう名前だけが残った。

(以下略)

https://www.sankei.com/west/news/180629/wst1806290001-n1.html


2: 名無しさん@おーぷん 2018/06/30(土)05:35:24
日本の方が品質が良いらしいね
てか自給出来るならそれに越した事はない

4: 名無しさん@おーぷん 2018/06/30(土)06:19:38
>>2
中国産は直ぐに割れが入るらしい。日本産の方が長持ちするんだって。

5: 名無しさん@おーぷん 2018/06/30(土)06:23:43
>>4
ネットで割れてリアルでも割れるのかwww

6: 名無しさん@おーぷん 2018/06/30(土)06:56:19
なんや、支那産ってどんなもんでもパチもんやねんなwww。

7: 名無しさん@おーぷん 2018/06/30(土)07:50:22
> 長年廃れていた村産漆の復興に取り組んでいる

> 村を挙げて取り組む」と高らかに宣言した。

1970年 3,189人
1995年 2,645人
2005年 2,193人
2015年 1,549人

人口減少が加速している、漆復興より先に村が消滅するわ

8: ■忍法帖【Lv=21,まほうつかい,Fbp】 2018/06/30(土)08:00:44
>>7
ま、だからこそ起爆剤の一つとして期待をかけてるんでしょうな。

9: 名無しさん@おーぷん 2018/06/30(土)08:18:07
中国産の品質が悪い理由として、樹液の採取方法や流通・保存に問題があるそうな。
国産にこだわりたい気持ちは分かるけど、中国で技術指導した方が現実的だと思う。

11: 名無しさん@おーぷん 2018/06/30(土)08:22:22
>>9
>中国で技術指導した方が現実的だと思う。

この御時世に、あの国に技術指導?。
冗談じゃない!。

62: 名無しさん@おーぷん 2018/06/30(土)19:13:19
>>9
現実的かも知れないが、それで品質が向上したらなぜか
日本の採取方法(○し掻き)は残酷だと海外から非難殺到
って展開になるんじゃないのかな

63: 名無しさん@おーぷん 2018/06/30(土)19:29:05
>>9
中国産の品質に問題があるのは国民性の問題だから
技術指導したところでその場限りに終わってすぐに元に戻るから
海外依存すると実質技術が絶えることになる

結論:日本のものは日本人の手で日本で守れ

13: 名無しさん@おーぷん 2018/06/30(土)08:59:02
中国産はこれから関税かけりゃ良い
日本の産業を守るためにも是非政府は実行に移すべき
そしてその為にも、国内企業は中国から少し距離を取るべき
政府の考えている事と財界の考えていることが真逆すぎる
政府は対中包囲網に躍起なのに、財界は中国べったりすぎる

40: 名無しさん@おーぷん 2018/06/30(土)11:37:56
中国との貿易量減らすしかないんだよなぁ
こういうのを守るってさ

66: 名無しさん@おーぷん 2018/07/01(日)00:31:08
文化財に使う漆は日本産の漆じゃないと劣化が早いらしいな。
だもんで、歴史的建造物の大規模な改修工事が始まると
民間に出回る量が極端に減る。

68: 名無しさん@おーぷん 2018/07/01(日)00:33:54
>>66
湿度とか気温とか順応して育ってきた環境も重要なんだろうな

71: 名無しさん@おーぷん 2018/07/01(日)07:44:40
>>68
中国産漆は成分から違うらしい。
ゴムみたいな成分が多いから塗っても伸びず、分厚いぼってり質感になって
ゴム質がすぐに劣化するし硬度も低いから、強く爪が当たったくらいでも傷がつくような品質で
すぐに駄目になるとのこと。
同じ日本産でも東北産の漆だとそんな感じになるものが多いらしいから、気候が重要みたい。
関東以南の漆が薄く硬く耐久性もある、つややかな仕上がりになるらしい。

61: 名無しさん@おーぷん 2018/06/30(土)19:00:13
いい加減「対中貿易必須論」には辟易として来たわな。
ぶっちゃけ明日突然、中共が交戦国になって
交易がいっさい途絶えたとしても
個々の製造業自体は別に滅亡しない。

こういうことにグダグダ言ってくるのどうせ「対中貿易の当事者」だろうがよ?

引用元:

http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1530303850/