1: ばーど ★ 2018/04/15(日) 14:53:58.70 _USER9
中国は最新鋭ステルス戦闘機J-20の配備を開始したと2018年2月に発表、同国はJ-20でアメリカとの軍事的なギャップを埋めることを狙っている。

2016年、珠海エアショーで初公開されたJ-20は、戦略国際問題研究所(CSIS)によると、空対空、空対地の両方のミッションをこなすマルチロール機。

J-20の性能についてはまだ不明点が多いが、アメリカのF-22ラプターやロシアのスホイ57としばしば比較される。

多くのアナリストが、現時点ではまだF-22に及ばないと分析しているが、Military Watch Magazineのチーフ・エディター、アブラハム・エイト(Abraham Ait)氏はDIPLOMATに「すぐにF-22を上回るかもしれない」と記した。

J-20について、現時点で分かっていることを見てみよう。

初めて確認されたのは2010年、2016年に初公開された。

当初、ロシアのAl-31をベースとした第4世代エンジンのWS-10Gを搭載していた。しかしその後、F-22のF119にも匹敵する第5世代エンジンのWS-15 Emeiが搭載されたと伝えられた。

複数の報道によると、2017年に朱日和(Zhurihe)訓練基地で行われた訓練ではWS-15 Emeiエンジンを搭載していたようだ。

WS-15エンジンの最高推力は4万4000ポンド、F119の3万5000ポンドを上回ると言われる。

WS-15エンジンはアフターバーナーを使用しなくても超音速巡航、いわゆるスーパークルーズが可能とされる。

だがWS-15の現状については否定的な声もある。WS-15は大きな問題を抱えており、J-20への搭載は2020年まで遅れるとも言われる。

「航空機の要はエンジン。エンジンがすべて」とシンクタンク、CNAのマイケル・コフマン(Michael Kofman)氏は以前、Business Insiderに語った。「他の部分も興味深いが、やはりエンジンに尽きる」

■ステルス性能にも疑問が。

「機体の大きさを知っているか? 表面積は大きく、両サイドからの反射率もかなり高そうに見える。ステルス性能には、かなりの疑問がある」

元アメリカ空軍のデビッド・デプチューラ(David Deptula)中将は2016年後半に、J-20は「前方からのステルス性能は高いかもしれない。だが他の方向は違う」と語った。

「設計者がステルス・デザインを完全には理解していないことは明らか」とあるロッキード・マーティンの研究者は以前、Business Insiderに語った。

だが最近、J-20は敵機や敵ミサイルのレーダーの探知を防ぐ吸収材が使われているとも伝えられた。

兵装は、サイドウエポンベイに小型の空対空ミサイル、メインウエポンベイに各種ミサイルを搭載。

ラムジェットエンジンを搭載した新型のPL-21、PL-12Dなどの空対空ミサイルも搭載される予定。

だが様々な憶測があるものの、高品質なアビオニクス(飛行電子機器)とソフトウエアが搭載されていることは間違いないようだ。

J-20は「様々な最新鋭の電子システムを搭載する予定」とCSISは2017年にレポートしている。

「アクティブ電子走査アレイ、機首には赤外線/電子光学目標補足・追跡センサー、防御用に機体の周り360度全方向をカバーするパッシブ式電子光学探知システムなどが搭載される。これらのシステムは、F-35のシステムに匹敵するものと思われる」

だが多くのアナリストは、ドッグファイトではF-22に及ばないと見ている。

J-20は「戦闘機ではなく、遊撃機あるいは攻撃機」であり、アメリカ空軍の戦闘機と空中戦をする機体ではないとオーストラリア戦略政策研究所のマルコム・デイビス(Malcolm Davis)氏は以前にBusiness Insiderに語った。

一方、アブラハム・エイト氏はDiplomatに、F-22の調達は終了しているため、J-20は急速にF-22を凌駕するだろうと記した。

「J-20の性能の飛躍的な向上ペースは、F-22を上回ってる」

また中国はステルス戦闘機J-31も開発中で、2014年に初めて公開された。いずれ、中国空軍の一翼を担うだろう。

no title

no title

no title


BUSINESS INSIDER JAPANApr. 12, 2018, 04:00 PM
https://www.businessinsider.jp/post-165210

207: 名無しさん@1周年 2018/04/15(日) 16:03:19.98
>>1
いずれっていつだよ?
越えた時にはアメリカはF-44辺りか?

245: 名無しさん@1周年 2018/04/15(日) 16:16:28.72
>>1
まず中国独自なオリジナル軍事兵器を開発してみようか

358: 名無しさん@1周年 2018/04/15(日) 16:51:10.47
>>1
支那って言う色眼鏡無しで見ても
ステルス機?
う~~~~んって感じだなぁ

370: 名無しさん@1周年 2018/04/15(日) 16:56:53.95
>>1
対外的には嘘がバレバレでも国内的にはこれで押し通すつもり

100: 名無しさん@1周年 2018/04/15(日) 15:22:10.58
> 「設計者がステルス・デザインを完全には理解していないことは明らか」

そりゃそうだろう。
パクりなんだから。

112: 名無しさん@1周年 2018/04/15(日) 15:26:21.73
何を導入しようが無駄だよ。中国はすでに完全独自開発した「殲99」を
極秘裏に実戦配備し終わってる。殲シリーズの最新・究極・最終機体で
番号が一気に飛ぶのはこれ以上の機体は絶対に開発できないし不要なため。
F-22×15機編隊と500回もの模擬戦闘を行い撃墜記録8900機、被撃墜記録ゼロという怪物。
最大巡航速度マッハ5.9。戦闘速度マッハ11.4。兵装は中距離空対空ミサイル×24または500kg爆弾×12。
戦闘行動可能な最大高度が50万mだからやろうと思えばICBMでも撃墜できる。巡航距離5000m。
日本終わったな。

160: 名無しさん@1周年 2018/04/15(日) 15:43:06.69
>>112
こわいよー

176: 名無しさん@1周年 2018/04/15(日) 15:50:35.36
>>112
やっと見れた!

238: 名無しさん@1周年 2018/04/15(日) 16:13:04.87
>>112
おせーよ

179: 名無しさん@1周年 2018/04/15(日) 15:51:04.19
パヨク
中国の軍拡はキレイな軍拡
こんな事をやってるから普通の人から見放されて
新聞に一面広告出しても4000人しか集まらないんだよ

216: 名無しさん@1周年 2018/04/15(日) 16:05:52.78
中国の歴史感からしたら
いずれって数百年くらいのスパンで考えてそう

223: 名無しさん@1周年 2018/04/15(日) 16:08:31.63
>>216
数百年とか千年単位でみたら中共は滅んでて違う王朝なってるかもしれないけど
アメリカ抜いてる可能性もあるね

218: 名無しさん@1周年 2018/04/15(日) 16:06:32.56
敵の戦力を過小評価するのは
ダメ絶対!!

引用元:

http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1523771638/