当サイトは侵略国家、中国が行ってる蛮行・謀略を明らかにすることを目的とした2ちゃんねるまとめブログです。

以下、中国の華麗なる侵略の歴史↓
 1949年 東トルキスタン侵略、占領(ウイグル大虐殺)、民族浄化継続中(テロで抵抗)
 1950年 大躍進、文化大革命3000万人大虐殺
 1950年 朝鮮戦争参戦
 1951年 チベット侵略、占領(チベット大虐殺)、民族浄化継続中
 1959年 インド侵略(中印戦争)アクサイチン地方を占領
 1969年 珍宝島領有権問題でソ連と武力衝突
 1973年 中国軍艦が佐渡島に接近、ミサイル試射
 1974年 ベトナム、パラセル諸島(西沙諸島)を軍事侵略、占領
 1976年 カンボジア、クメール・ルージュによる大虐殺を強力支援
 1979年 ベトナム侵略(中越戦争)、中国が懲罰戦争と表明
 1988年 スプラトリー諸島(南沙諸島)を軍事侵略、占領
 1989年 天安門事件
 1992年 南沙諸島と西沙諸島の全てが中国領土と宣言
 1995年 フィリピンのミスチーフ環礁を軍事侵略、占領
 1996年 台湾総統選挙恫喝、台湾沖にミサイル攻撃
 1997年 フィリピンのスカーボロ環礁の領有を宣言
 1997年 日本の尖閣諸島の領有を宣言
 2000年 中国の軍艦が日本列島を一周
 2005年 反分裂国家法を制定し台湾に対して武力行使を明言
 2005年 台湾問題に介入するなら核攻撃を行うとアメリカを恫喝
 2005年 沖縄は歴史的に中国のものと主張
 2007年 チベット暴動制圧
 2008年 韓国の離於島の領有を宣言
 2008年 日本の尖閣諸島領域の管轄を強化する。実行支配が重要と表明

戦後、日本に対して中国が行った仕打ち一覧
・沖縄独立派に対する煽り行為及び援助
→最終目標は民主主義を利用した沖縄独立そして併合
no title



・国連などを利用し女系天皇の誕生を煽る
→連綿と続く万世一系の皇室を廃止、国体を破壊し日本弱体化を目論む(ネパールは既に中国の謀略に嵌り王制を廃止した。中国にとってはアジア支配のために王制というものは邪魔な存在でしかない)
1
2


・アメリカサンフランシスコ、フィリピンなど世界各国で慰安婦像の建立し日韓、日米、日比分離工作を仕掛ける
2



・日本が戦後中国に対して行った技術供与や援助に恩義を一切示さず、新幹線をはじめとした日本の先人の血と汗の結晶である発明品を根こそぎ特許ごと盗み自分らが発明したものだと嘯く。(最近ではデンソー発明のQRコードも中国独自規格のものだと主張)


・日本が戦後行った援助は全て中国を侵略した賠償金の代わりとして当然行うべきものであり、これから先も戦争責任として当然に謝罪と援助を行う必要があると主張。
→これは中共が民衆の不満を日本へ逸らす目的+感情的に日本許すまじという思いがある。結局のところ、どれだけ日本が援助・謝罪を繰り返し行ったとしても、現在の中国の為政者と民衆は日本がやったように我々も日本を侵略しない限り絶対に許せないという憎しみが捨てきれないのである。
4


・日本国沖縄県石垣市に属する尖閣諸島付近を中国海警局(軍指揮下)の船が連日航行
→常態化することで領土問題の存在を内外に示し、侵略への前段階として既成事実を作り上げてる真っ只中である。
6


日中の歴史を振り返ってみると・・・
中国は常に日本にとっての脅威だった
7世紀:白村江の戦いで唐の朝鮮半島侵略を防ぐため百済を支援
             →唐の日本侵略を警戒して九州に防人を派遣
13世紀:元寇
     →建国以来の亡国の淵に立たされる
20世紀:支那事変
              →関東軍は中国は強大化したら必ず日本を侵略する(結果は後の歴史が語る)のでその前に叩いておこうと考え中国大陸への進出を決断した。
21世紀〜:日本侵略を着々と準備

中国という国は古来より複数の民族が共存していたため、どの民族(ハードウェア)が中心となって国を建てたかではなく、あの膨大な大陸の土地に建てた中華思想(ソフトウェア)を引き次いだ国が近隣諸国を脅かすのが歴史の常となっている。
中国があの膨大な面積の土地と人口を支配してる限り、中国皇帝の威光を広めないとならないという脅迫観念、地政学、国政の維持のため侵略することをやめられないのである。つまり例え、現在の中共王朝が倒れてもまた「天命」を継きついだ某が国を建て、近隣諸国を侵略することは自明の理である。
日本にとって中国が脅威でなくなる日。それは、中国大陸が複数の国に分裂でもしないと訪れようがないというのが現実である。

相互リンク・RSSの登録よろしくお願いします。

URL:http://china-aggressor-nation.blog.jp

RSS: http://china-aggressor-nation.blog.jp/index.rdf