1: 名無しさん 2017/08/17(木) 07:47:25.17 _USER9
1

中国公船体当たり、ベトナム漁船沈没…南シナ海
2017年08月17日 07時36分


 【ハノイ=吉田健一】
中国とベトナムなどが領有権を争う南シナ海のパラセル(西沙)諸島海域で今月上旬、中国海警局の公船がベトナム漁船に体当たりして沈没させていたことがわかった。

 漁船が所属する同国中部クアンガイ省の漁業組合関係者が16日、本紙に明らかにした。

 南シナ海の一層の軍事拠点化を進める中国が、ベトナム漁船襲撃を今年に入って再び活発化させていることを改めて示した形だ。

 関係者によると、中国公船は7日夕、操業中のベトナム漁船を追跡し、体当たりしてきたという。

 漁船は程なく沈んだが、乗員6人は近くの僚船に救助され、無事だった。

 また12日午後には、同じ中国公船搭載の小型艇2隻が、同組合所属の別の漁船(乗員11人)を襲撃。
漁業設備を破壊したほか、魚や食料の保管庫に薬品を投入して使用できないようにしたという。

(ここまで357文字 / 残り83文字)
2017年08月17日 07時36分 Copyright © The Yomiuri Shimbun

http://www.yomiuri.co.jp/world/20170817-OYT1T50033.html
13: 名無しさん 2017/08/17(木) 07:52:55.84 
ひでーな海賊かよ 

3: 名無しさん 2017/08/17(木) 07:48:44.75 
どけどけアル~♪ 

4: 名無しさん 2017/08/17(木) 07:48:53.67 
ベトナム泣き寝入り 

5: 名無しさん 2017/08/17(木) 07:48:58.60 
中国はもう何年も前から、相手国の漁船に銃撃かまして漁民を殺害してるでしょ 

6: 名無しさん 2017/08/17(木) 07:49:24.14 
日本も領海侵犯してくる漁船にはこれくらいやるべきだ 


続きを読む

1: 名無しさん 2017/08/13(日) 07:59:54.28 _USER9
尖閣諸島周辺の警戒強化へ 中国側の漁解禁で
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170813/k10011098191000.html

政府は、沖縄県の尖閣諸島周辺で中国側がまもなくことしの漁を解禁する見通しとなっていることから、中国海警局の船による領海侵入が繰り返されるおそれがあるとして、海上保安庁の巡視船を増やすなど警戒を強化する方針です。

沖縄県の尖閣諸島周辺の海域では、日本と中国の漁業協定に基づき中国の漁船は日本の領海の外で操業することが認められていて、去年は、中国側が漁を解禁した8月初旬以降、中国海警局の船による領海侵入が相次ぎました。

ことしは、中国側がまもなく漁を解禁する見通しとなっていることから、政府は、再び中国海警局による領海侵入が繰り返されるおそれがあるとして、警戒を強化する方針です。

具体的には、総理大臣官邸の危機管理センターに設置している「情報連絡室」で中国の船の動向などに関する情報の集約や分析を進め、海上保安庁の巡視船の数を増やすことにしています。

政府関係者によりますと、去年は、海警局の船のほか200隻~300隻程度の中国漁船が付近を航行し、中には、武装した漁民などの「海上民兵」と見られる乗組員が乗船していたことも確認されているということで、慎重に対応を進めることにしています。
143: 名無しさん 2017/08/16(水) 18:09:51.74 
>>1 
でも大群できたら逃げるんでしょ? 
でも海警きたら逃げるんでしょ? 

海保はすっこんで早く海自に任せろ 

141: 名無しさん 2017/08/16(水) 12:52:11.77 
>>1 
どうせ何もせずで、資源を献上するだけだろ? 

4: 名無しさん 2017/08/13(日) 08:03:42.69 
警戒って見てるだけじゃん結局。 

81: 名無しさん 2017/08/13(日) 17:59:43.52 
>>4 

見てるどころか 

漁船に加えて中国の公船が護衛してるからな 
下手すりゃ逃げ出す 


続きを読む

1: 名無しさん 2017/08/15(火) 16:30:07.78 _USER
急速な軍備増強を進める中国が2030年までに500隻を超える海軍艦艇を保有するとの分析がある。米国も海軍艦艇を増やす方向だが、その目標は最大で355隻にとどまり、中国が「量」で優位に立つ可能性が高い。

揺らぐアジア太平洋地域の軍事バランスを保つため、日米協力のさらなる強化が求められることになる。(編集委員・早川俊行)

揺らぐ米の優位 日本の役割重要に

米太平洋艦隊で情報作戦部長を務めたジェームズ・ファネル退役海軍大佐らは今年1月、ウォール・ストリート・ジャーナル紙への寄稿で、中国海軍は2030年までに主要水上艦艇を430隻以上、潜水艦を約100隻保有するとの分析結果を明らかにした。

ファネル氏らは「中国艦隊は15年以内に規模と能力で米海軍を劇的に上回るだろう」と主張。中国の艦艇建造ペースは落ちていくとの見方もあるが、同氏らは「今後15年以上は衰えない」と断言した。

これに対し、米海軍は270隻台に落ち込んだ艦艇数を308隻まで戻すのが現在の計画だ。「米軍再建」を掲げるトランプ大統領は350隻に増やすことを主張し、海軍も昨年末にまとめた戦力構成評価で355隻が必要との見解を示した。

仮に355隻の目標を達成できたとしても、猛烈な勢いで海軍戦力を増強する中国の500隻にはとても追い付かない。しかも、米議会予算局(CBO)の試算では、355隻体制を構築・維持するには予算を3割以上増やす必要があり、厳しい予算の制約下で実現するのは容易でない。

中国海軍は「量」だけでなく「質」も高めている。有力シンクタンク、新米国安全保障センター(CNAS)は、5月に発表した報告書で、中国海軍は30年までに東シナ海、南シナ海、黄海を越えて太平洋、インド洋でも作戦を展開できる「ブルーウォーターネイビー(外洋海軍)」になると主張した。

報告書は「米国が数十年にわたり享受してきたほぼ無競争の海軍の優位は、中国海軍の急速な台頭によってもうすぐ終わる」と指摘。中国が世界中に戦力を投射できる能力を備えることは、「国際政治を大きく変え、安全保障面での米中の競争をグローバル化させる可能性がある」と警告した。

こうしたトレンドの中で、重要になってくるのが海上自衛隊の存在だ。米海軍と海上自衛隊が協力して中国海軍の拡張に対峙(たいじ)していくことがより求められるからだ。

日本国際フォーラムの坂本正弘・上席研究員は

「西太平洋のバランスが中国有利の方向に移行する状況の中で、日米協力が一段と重要になる。20年に海上自衛隊が持つ艦艇はディーゼル潜水艦22隻、護衛艦54隻だが、日米を合した時の優位は注目だ。30年に向けて日本も海上保安庁を含め、海上勢力をどう増強するかが改めて問われる」と指摘した。

http://www.worldtimes.co.jp/world/asia/79984.html

no title

4月26日、中国遼寧省大連で進水式が行われた同国初の国産空母(UPI)
49: 名無しさん 2017/08/15(火) 16:59:01.53 
>>1 
つーか、こんなん維持できんの? 
おい、ミリオタども、教えて下さい。 

65: 名無しさん 2017/08/15(火) 17:07:10.71 
>>49 
世界の工場として世界の製造業を牽引し輸出で今のように膨大な利益を出し続けることができるなら可能 
でもその前に世界が中国経済を維持できなくなると思う… 
アメリカを大幅に上回る規模を誇る国内市場で消費する内需型へと変化できるとは思えないし 
資源大国といえどそこまでの資源はない 

66: 名無しさん 2017/08/15(火) 17:07:14.32 
>>49 
今後の中国経済の動向による。 
ただ、今の米軍の倍も船を造ったとしても、どこに配備してどこで整備するのかという問題が出てくる。 
その為にスリランカの港を掠め取ったりしているんだろうけど、それでもどうにかなるとは思えない。 


続きを読む

↑このページのトップヘ