1: 名無しさん 2017/01/29(日) 21:01:29.67 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
中国が遼寧省大連で建造している初の国産空母の全容をとらえた写真を北海道新聞は入手した。
船体と艦橋(ブリッジ)など外観はほぼ完成し、船首部には艦載機が飛び立つ「スキージャンプ台式」と呼ばれる傾斜が確認できる。
中国共産党機関紙、人民日報は昨年12月、進水は今年初頭になるとの海軍少将の見方を報じている。
就役はさらに数年かかるとみられる。

中国の空母は、ウクライナから購入した船体を改修し2012年に就役した「遼寧」(排水量約6万7千トン、母港・山東省青島)に続き2隻目で、国産は初めて。
基本的な設計は遼寧を継承し、原子力ではなく通常動力を採用。
排水量は約5万トン。南シナ海に近い海南島を母港にするとみられる。
1月下旬に撮影された写真では、船首部の傾斜を含めて外観が遼寧に酷似していることが分かる。

習近平指導部は空母を南シナ海など海洋権益拡大の中核に位置づけ、近い将来は4~6隻の保有が目標とされる。
中国国防省は公式には認めていないが、上海で3隻目(国産2隻目)を建造中との情報もある。

http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/international/international/1-0362754.html
no title
2: 名無しさん 2017/01/29(日) 21:02:47.09 
なぜ道新が 

3: 名無しさん 2017/01/29(日) 21:03:34.67 
今の時代にスキージャンプか… 
さすがにカタパルトはパクれる見本が無いと造れないのね 

12: 名無しさん 2017/01/29(日) 21:07:33.09 
>>3 
蒸気カタパルトは原子力じゃないと無理じゃねーの 
電磁カタパルトはどこも開発中 

256: 名無しさん 2017/01/30(月) 06:45:33.01 
>>12 
電磁はアメリカが完成してたろ 
レールガンできたのもうなずける


続きを読む

1: 名無しさん 2017/01/31(火) 11:58:55.40 _USER
 札幌市などで2月に開かれる冬季アジア大会の組織委員会が、中国の選手団が宿泊するホテルを、南京大虐殺を否定する書籍が置かれた同市南区のアパホテルから、市内の別のホテルに変更する方向で調整に入ったことが31日、分かった。

 組織委によると、市内ではアパホテルの他、札幌プリンスホテルが選手村となる予定だが、他のホテルも候補になる可能性が浮上しているという。大会を主催するアジア・オリンピック評議会(OCA)と中国オリンピック委員会から、アパホテルに宿泊させないよう求める要請があった


(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.sankei.com/life/news/170131/lif1701310029-n1.html
54: 名無しさん 2017/01/31(火) 12:17:51.51 
>>1 
なんだ、ボイコットしないの? 

111: 名無しさん 2017/01/31(火) 12:35:48.94 
>>1 
変更するならボイコットしろよ。 
チャンコロなどいない方が良い大会になる。 

190: 名無しさん 2017/01/31(火) 13:29:18.77 
>>111 
スポーツに関しては前科のあるサッカー以外は 
チョンより支那人の方がマシじゃないか? 
ドーピング臭いところはあるがw 

まぁ~アパは願ったり叶ったりだな


続きを読む

1: 名無しさん 2017/01/30(月)20:05:29 ID:???
中国、北朝鮮を「仮想敵」視
米に次ぐ脅威に、3番目は日本

 【台北共同】中国人民解放軍の作戦専門家が軍事演習に関する最近の文書で、
北朝鮮を米国に次ぐ「中国の脅威」と位置付けていることが30日分かった。
北朝鮮は外交的には依然中国の「友好国」だが、核・ミサイル開発などにより
軍事的には「仮想敵」に匹敵する脅威と見なしていることを示唆している。

続き 共同通信
https://this.kiji.is/198735777143209987

79: 名無しさん 2017/01/31(火)07:06:12 
なんで専守防衛で無害な日本がこのメンツで三位なんだ
頭おかしいのか

攻めてこない日本が?北朝鮮やアメリカに次ぐ?ロシア以上の脅威??
マ ジ で 頭おかしいのか

まさか中国が日本を侵略したら反撃してきそうとか
そういうくだらねー理由じゃねえだろうなあ 


80: 名無しさん 2017/01/31(火)07:17:56 
>>79
侵略目標も「敵国」なんだよ
侵略する気の無い日本の常識で考えてはイカン
続きを読む

↑このページのトップヘ