1: 名無しさん@涙目です。(茸) [IT] 2018/12/14(金) 12:45:56.65 BE:422186189-PLT(12015)
スクリーンショット 2018-12-14 14.04.05

中国外務省は13日、カナダ人2人を拘束していることを認めました。

拘束されたのは、元外交官のマイケル・コブリグ氏と、非営利団体を運営するマイケル・スパバ氏で、
2人とも、「中国の国家安全に危害を与える行為に関わった疑い」で、取り調べを受けているとしています。

カナダでファーウェイの孟晩舟副会長が逮捕されたことへの報復とみられ、
孟晩舟氏の無条件の解放などを要求するための、事実上の“人質”という見方も広がっています。

https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/nms/news/post_168339

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/12/13(木) 22:42:05.98 _USER9
中国の華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)の最高財務責任者(CFO)がカナダで突然逮捕され、日本政府が同社製品を国家調達から排除する決定を下した後、華為は日本の供給業者「安川電機」に対して行っていた全ての発注を凍結した。

安川電機の小笠原浩社長はブルームバーグとのインタビューで、設備に対する全ての発注が一旦停止されていると述べた。

安川電機は、華為の複数の工場向けに産業用ロボットを供給している。

昨年度、全体で4485億円に上った安川電機の収益のうち、23%が中国からのものだった。同社は、個別の顧客ごとの割合を示していない。

ブルームバーグによる報道について、華為はコメントを拒否した。

複数の日本メディアは今週、同国で電気通信業界をリードするNTTドコモとソフトバンク、KDDIの3社が、中国企業である華為と中興通訊(ZTE)が製造する電気通信設備について、今後その利用を断念すると報じている。

2018年12月13日 20:27
スプートニク
https://jp.sputniknews.com/business/201812135703502/
no title

続きを読む

1: ばーど ★ 2018/12/13(木) 20:02:56.31 _USER9
経営再建中の液晶パネルメーカー「ジャパンディスプレイ」が、中国の企業やファンドで作るグループから大規模な出資を受け入れる方向で交渉を進めていることが分かりました。

昨年度まで4年連続で最終赤字になっている「ジャパンディスプレイ」は、海外メーカーとの激しい競争などで、今年度の中間期も最終赤字となり、抜本的な経営の立て直しを迫られています。

こうした中、関係者によりますと、中国の部品メーカーや投資ファンドなどで作るグループから、総額500億円規模の支援を受け入れる方向で交渉を進めていることがわかりました。

中国側としては、支援によってジャパンディスプレイの株式の33%以上を持つとともに、このほかにも5000億円規模の資金を拠出してジャパンディスプレイの技術を活用した最新の有機ELパネルなどの新工場を中国国内に建設することも検討しているということです。

また、ジャパンディスプレイの筆頭株主で国が主導する官民ファンド「INCJ」も資金面で新たな支援に乗り出す方向で調整を進めていることもわかりました。

ジャパンディスプレイは早ければ年度内の合意を目指す方針です。

実現すれば、大手電機メーカー3社の液晶パネル事業を統合したいわゆる“日の丸液晶メーカー”として技術を受け継いできたジャパンディスプレイが中国の支援を受けることになり、日本の液晶産業は大きな転換期を迎えることになります。

2018年12月13日 18時50分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181213/k10011746121000.html
no title

続きを読む

↑このページのトップヘ