1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/07/15(日) 08:38:33.94 ● BE:601381941-PLT(13121)
スクリーンショット 2018-07-15 10.00.58
インドネシア大統領「高速鉄道で日本と協力続ける」

インドネシアのジョコ大統領はNHKの単独インタビューに応じ、首都ジャカルタと第2の都市スラバヤを
結ぶ鉄道の高速化計画について実現に向けた日本との協力を今後も続けていく考えを示しました。

インドネシア政府は首都ジャカルタと第2の都市スラバヤを結ぶおよそ750キロの区間の鉄道について、
電化などによって現在の所要時間を半分以下に短縮する高速化計画を進めています。日本は事業化に
向けた調査に協力していて、将来的には車両の納入を請け負うなど大型のインフラ輸出に結びつけたい
考えです。

これについてジョコ大統領は14日、NHKとのインタビューで「日本とは事業化に向けた調査で協力している。
これが終わればすぐにでも工事に着手したい」と述べて、日本との協力を今後も続けて早期の実現を
目指したいという考えを示しました。

日本はインドネシアの別の区間の高速鉄道計画で当初は受注を有力視されながら土壇場で破格の条件を
提示した中国との競争に敗れた苦い経験があります。今回の鉄道高速化計画について日本とインドネシアは
現在、事業費などをめぐる調整を続けています。

ジョコ大統領はまた、先月、河野外務大臣が南シナ海の南端に浮かぶナトゥナ諸島を含めたインドネシアの
離島開発への支援を表明したことについて「離島に住む人たちの生活が豊かになれば国境沿いにすばらしい
とりでができることにつながる」と述べて、日本からの支援を歓迎しました。

南シナ海ではインドネシアと中国の間で管轄権をめぐる対立があり、ジョコ大統領の発言は日本と連携して
海の管轄権を守っていく姿勢を明確にしたものとなります。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180715/k10011534011000.html

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [JP] 2018/07/14(土) 18:15:50.39 ● BE:324064431-2BP(2000)

【7月13日 東方新報】7日午後4時ごろ、
中国・湖南省(Hunan)の湖南農業大学(Hunan Agricultural University)瀏陽(Liuyang)教育実習基地から、
農民が実習基地内でトウモロコシを盗んでいるとの通報が瀏陽市沿溪派出所にあった。

 荒らされた試験畑は、全トウモロコシ試験畑の30%を占め、容疑者4人はいずれも基地周辺の農民で60~80歳の女性で、
調べを受けている。

 同大の学生は先ごろ、瀏陽実習基地で試験栽培していたトウモロコシや綿花などの新種が当地の農民に盗まれた、
とインターネットで発信した。

 同基地の教師の話では、今回盗難被害に遭った作物で最もひどかったのは、認可済みのトウモロコシの新品種で、
いったん市場に流れてしてしまえば、損失は1千万元(約1億7千万円)に上るおそれがあるという。

 湖南省沿溪鎮(Yanxi)の関係機関は9日、容疑者4人がすでに法に基づき調査を受けており、
盗んだ農産品を返還させる手配を進めていると発表した。

■収穫直前のトウモロコシ畑約330平方メートル、ほとんど平らに

 実習基地は、湖南農業大学が瀏陽で設立した試験基地で、敷地面積約53万平方メートル。
主な栽培品種はとトウモロコシ、イネ、綿花、落花生などで、大学教員と学生が研究するためのものだと同大の陳先生は語る。

 今回の盗難で被害が一番大きかったのは、政府から認可を得たばかりの新種のトウモロコシで、
全部で約1330平方メートル栽培していた。収穫まであと10日ほどだったのに、約330平方メートル分が根こそぎ盗られて、
一本も残っていなかったという。このほか、学校で5月に植えたばかりの綿花の苗もほとんど持って行かれたという。

 湖南農業大学では11年から、科学研究のための農作物の栽培を行っており、
これまでにも盗難事件はかなりの頻度で発生してはいたが、今回ほどひどい事件は初めてだという。

 今回は、農民らがバイクと三輪車で来て、麻袋に入れてごっそり持って行った。

 盗難防止のため、学校は基地の周辺で防護柵代わりに植物を栽培し、学生を巡回させるとともに監視カメラを設置した。
今月は、ちょうど学校の試験と重なり、学生たちがこの基地に巡回に来る時間がなかった。
監視カメラも、跡形もなくなっていたという。

続きはソースで

■湖南農業大学の長沙市にある研究用の畑
no title


http://www.afpbb.com/articles/-/3182324

続きを読む

1: しじみ ★ 2018/07/14(土) 17:43:05.06 _USER
ワシントン(CNN) 米国防総省は14日までに、
中国のスパイ船がハワイ沖で実施中の環太平洋合同演習(リムパック)を偵察していることを明らかにした。
中国は南シナ海の軍事化に反対する米国の意向で、リムパックへの招待を取り消されていた。

米太平洋艦隊のチャールズ・ブラウン報道官は声明で、
「ハワイ周辺の米領海外で中国の偵察船が活動しているのを監視中だ」と説明。
この船は今後も米領海外にとどまる見通しだとし、リムパックを妨害する動きは取らないものとみていると述べた。

国防総省は5月に中国の招待取り消しを発表した際、南シナ海の係争水域での「軍事化の継続」を理由に挙げ、
対艦ミサイルや地対空ミサイルシステム、電子妨害装置の配備などに言及していた。

米軍当局者がCNNに明かしたところによると、スパイ船がハワイ沖の海域に到着したのは今月11日。
これまでのところ米国の領海には進入していないという。

演習参加国で作る合同部隊の海上部門司令官も、中国船の出没を批判。
「非参加国の艦船の出没により演習が妨害される可能性があるというのは非常に残念」と述べた。

軍当局者はCNNの取材に、前回の16年リムパックでは、ロシアのスパイ船が同じ海域に出没していたと明らかにした。
この年の演習には中国も参加していた。

米海軍によると、今回の演習には26カ国から艦船47隻、潜水艦5隻、航空機200機以上、
要員2万5000人が参加する予定。

■リムパック2018に参加するために真珠湾に入る米空母カール・ビンソン
no title


CNN
https://www.cnn.co.jp/world/35122485.html

続きを読む

↑このページのトップヘ