1: 名無しさん 2017/02/21(火) 14:20:58.12 _USER
 中国メディアの今日頭条は19日付で、世界で最も人口が多い国家である中国には優秀な人材も多いはずなのに、なぜ日本よりもノーベル賞受賞者の数が少ないのかというテーマについて論じている。

 記事は、2000年以降だけでも17人の日本人が立て続けにノーベル賞を受賞しており、平均すれば1年に1人のペースでノーベル賞受賞者が誕生していると説明。また、欧米諸国を除けば「日本はノーベル賞受賞者の数が最も多い国だ」と指摘した。

 日本は2001年に「第2期科学技術基本計画」を策定したが、この科学技術政策のなかには「50年間にノーベル賞受賞者30人程度」を輩出するという目標も含まれていたと説明。現在のペースでいけばこの目標は想定よりも早く現実のものになるだろうと論じた。

 中国本土の国籍を持つノーベル賞受賞者は2010年平和賞を獲得した劉曉波氏、12年文学賞の莫言氏、15年医学・生理学賞の屠ユウユウ氏の3人だ。1957年ノーベル物理学賞の受賞者である楊振寧氏は、安徽省合肥市生まれではあるものの米国の市民権を獲得している。

 楊振寧氏のみならず、優秀な科学者が世界最先端の研究ができる米国へと渡っているが、記事は「中国ではそもそも知識を重んじる風潮に欠けているうえ、他国の市民権を獲得した中国人を敵視する傾向がある」と主張。こうした排斥の感情が国外の優れた知識を中国に持ち帰るうえでの障害になっているとの見方を示した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://news.searchina.net/id/1629679?page=1
68: 名無しさん 2017/02/21(火) 14:58:47.52 
>>1 
だってゴキブリしかいねえじゃんw 

75: 名無しさん 2017/02/21(火) 15:04:03.48 
>>1 
あんたら、学者になるよりも官僚になるほうが蓄財できるからだろ 

136: 名無しさん 2017/02/21(火) 15:37:43.27 
>>1 
パクリしかできない中国人が研究に人生を捧げられる他国の研究者に 
勝てる訳ねーだろアホ


続きを読む

1: 名無しさん 2017/02/19(日) 23:31:20.42 BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
韓国ロッテに報復警告=THAAD配備で中国国営メディア
http://www.afpbb.com/articles/-/3118425

中国国営新華社通信(英語版)は19日の論評で、韓国ロッテグループが在韓米軍の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」
配備のための敷地を提供した場合、「中国の顧客と市場を失うことになる」と報復を警告し、配備に協力しないよう強く要求した。

ロッテは韓国南部・星州に所有するゴルフ場をTHAAD配備用に提供することで基本合意している。論評はロッテが敷地提供を決定すれば、「中国人を傷つけ、深刻な結果を招きかねない」と強調。
ロッテが中国国内で幅広い事業を手掛けていると指摘した上で、「ビジネスのパイを大きく失うことになる」と報復を示唆した。

102: 名無しさん 2017/02/20(月) 10:13:01.66
中国戦争する気満々じゃねーかw

86: 名無しさん 2017/02/20(月) 01:39:50.41 
>>1 
中国抜きの事業展開を計算して計画すればいいだけだろ。中国は10億人の土人を 
抱えながら自国の評価が高すぎる 


109: 名無しさん 2017/02/20(月) 14:55:32.98 
>>1 
>「中国人を傷つけ、深刻な結果を招きかねない」と強調。 

THAADって大陸間弾道ミサイルを迎撃するミサイルだよね? 


111: 名無しさん 2017/02/20(月) 16:21:32.80 
>>109 
no title

続きを読む

1: 名無しさん 2017/02/17(金) 18:52:59.71 BE:479913954-2BP(1931)
<金正男毒殺>韓国国情院「中国が金正男氏の家族を保護」

13日にマレーシアのクアラルンプール空港で殺害された金正男(キム・ジョンナム)氏の長男キム・ハンソル氏(22)は中国当局の身辺保護を受けていると、国家情報院(国情院)が明らかにした。

李炳浩(イ・ビョンホ)国情院長は15日の国会情報委員会懇談会で「キム・ハンソル氏を含む金正男氏の家族はみんな中国当局の保護を受けている」と述べたと、朱昇鎔(チュ・スンヨン)国民の党院内代表が伝えた。

金正男氏の最初の夫人シン・ミョンヒ氏と息子クムソル氏は北京に、2人目の夫人イ・ヘギョン氏と1男(ハンソル氏)1女(ソルヒ氏)はマカオに居住していると、国情院は伝えた。
金正男氏は6日にマレーシアに入国し、13日にマカオに戻ろうとしたところ殺害された。金正男氏の「2つの家での生活」に関し、李院長は「金正男氏は(依然として)相当な資産家」と報告したという。

李チョル雨(イ・チョルウ)国会情報委員長も記者会見で「金正男氏がそれ以前(張成沢氏の処刑前)にかなり準備し、資金問題は不便な点がなかったはず」と話した。
叔母の夫の張成沢(チャン・ソンテク)氏が生きている間、相当な資金を作っておいたという意味だ。

キム・ハンソル氏は金日成(キム・イルソン)主席-金正日(キム・ジョンイル)総書記-金正男氏を継ぐ金氏一家の長男にあたる。金正恩(キム・ジョンウン)委員長の「リスト」で金正男氏の次に挙がっている可能性が高いと、情報当局は判断している。
キム・ハンソル氏は2011年にボスニアの国際学校ユナイテッド ワールド・カレッジ・モスタル分校、2013年に仏パリ政治学院ル・アーヴルキャンパスに入学し、卒業した。昨年9月に英国の大学院に合格したが、登録はしなかったという。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/12680299/

17: 名無しさん 2017/02/17(金) 19:01:37.31 
人質? 


22: 名無しさん 2017/02/17(金) 19:05:01.85 
>>17 
人質というより、北が逆らうと、正男の子供を擁立するぞという切り札
続きを読む

↑このページのトップヘ