中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

1: ミクソコックス(愛媛県) [US] 2020/08/12(水) 10:25:18.13 ● BE:135853815-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
TikTok、無断で情報収集か
グーグルスマホの識別番号

 【ニューヨーク共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は11日、中国系動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」が、米グーグルの基本ソフト(OS)搭載のスマートフォンの識別番号を収集し、利用者の情報を追跡できるようにしていたと報じた。

 利用者に無断で収集していたとみられ、グーグルの規約に違反した可能性があるとしている。ティックトックは昨年11月、識別番号の収集を停止した。

 ティックトックを巡り、収集された個人情報が中国政府に流出する懸念が出ている。トランプ米大統領は米国事業を米企業に売却しなければ米国内の事業展開を禁止すると表明している。

https://this.kiji.is/666082289312269409

続きを読む

1: フソバクテリウム(茸) [ニダ] 2020/08/12(水) 21:14:17.40 ● BE:271912485-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
中国共産党機関紙 周氏を激しく非難

中国共産党の機関紙「人民日報」の海外版は、香港の民主活動家の
周庭氏について、「香港の秩序を乱す者たちからは民主化運動の『女神』などと呼ばれていたが、その実態は、日本の反中国的な政治家らにひざまずき、外国にこびる無能で暴力的な人物だということは、香港のインターネット上の一致した見解だ」などと激しく非難するとともに、厳しく罰せられるべきだとしています。

流ちょうな日本語を使い、香港の民主化運動への支持を訴える周氏について、中国の指導部は、日本を巻き込んで反中国的な動きを引き起こそうとしているとして、強く警戒しているものとみられます。
超党派議連 中国共産党や香港当局に抗議の緊急声明
香港で国家安全維持法に違反した疑いで民主活動家らが逮捕されたことを受け、超党派の議員連盟は、思想や言論の自由など基本的人権をじゅうりんする行為は許されないとして、中国共産党や香港当局に抗議する緊急声明を取りまとめました。

国会内で開かれた議員連盟の会合には、自民党の中谷 元防衛大臣や国民民主党の山尾志桜里衆議院議員らが出席しました。

日本で暮らしているという香港市民もマスクなどをつけて参加し、民主活動家の周庭氏らの逮捕を受け、「国家安全維持法は威嚇ではなく人権と自由を奪い取る道具になった」などと訴えました。

そして、会合では「思想や言論の自由など基本的人権をじゅうりんする行為は許されない」として、中国共産党や香港当局に抗議する緊急声明を取りまとめました。

また、日本政府に対して、香港当局からの国家安全維持法違反を理由とした捜査の協力に応じないことや、香港市民がビザなしで日本に滞在できる期間を延長することなどを求めました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200812/k10012563631000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

続きを読む

1: 樽悶 ★ 2020/08/12(水) 19:02:25.51
台湾の吴钊燮(ジョセフ・ウー)外相は9日、ツイッターでソマリランドの駐台代表Mohamed Omar Hagi Mohamoud氏が台湾に到着したことを発表した。台湾とソマリランドが2月、2カ国間議定書に調印し代表処の相互設置に同意した。一方、中国がソマリランド政府に圧力を掛け、翻意を促したが、拒否された。

外相はツイッターの投稿で「中国からの圧力を恐れず、Mohamed Omar Hagi Mohamoud氏は無事7日台湾に到着したことを確認した。主権と友情は売り物ではない」と投稿し歓迎の意を表明した。

Mohamed氏も同日、自身のツイッターに、「7日夜に無事に台湾に到着した。台湾外務省から温かく迎えられ、そしてソマリランドと台湾との関係は永遠に強固なものである」などの内容を投稿した。

同氏はさらに、「ソマリランドはすべての国と良好な関係を築くことを望んでいるが、我々と民主主義的価値観を共有できる国はより特別な意味を持つ」と強調した。

台湾外交部は以前、「台湾とソマリランドは公式代表機関を相互設置することで合意しており、その名称はそれぞれ「台湾代表処」(Taiwan Representative Office)と「ソマリランド代表処」(Somaliland Representative Office)」と発表した。

その約1週間後、米ホワイトハウスの国安保会議(NSC)は、「この時期に台湾とソマリランドが友好関係を構築することを肯定する」コメントをツイートをした。

ソマリランドは1991年にソマリアからの独立を宣言し、現在に至るまでどの国や国際機関からも正式に「国家」として承認されていない。

台湾外交部は同国を「台湾と民主主義や自由の理念が近い国家」だとし、「ソマリランドが『実質的に独立した』国であることや、8つの国や国際機関に駐在員事務所を設置していること」などを指摘した。

台湾とソマリアの関係構築を妨害するために、中国外務省から派遣された高官の代表団は4日の夜にソマリランドの首都ハルゲイサに到着し、同国のアブドラヒ大統領と会談した。中国代表団は「道路や空港のインフラ建設や同国に連絡事務所を設置する」などの一連の開発計画を提案し、その条件に同国は台湾との関係を直ちに終了させることを要求した。

しかし、アブドラヒ大統領は中国の要請を拒否し、中国代表団に対し、「ソマリランドは台湾との関係を断絶しない。台湾との国交強化に取り組んでいる」と伝えた。

台湾当局はこれまで、ソマリランド代表が台湾に到着した後、正式な看板除幕式の日程について話し合いを行うと明らかにしたが、最新の進展としては「感染症流行がもたらす変数を考慮に入れた上で、事務所設立に関する事項を8月か9月中に完了させる予定である」と数日前発表した。

2020年8月11日 12時26分
https://news.livedoor.com/article/detail/18716826/
no title

続きを読む

↑このページのトップヘ