中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

1: 朝一から閉店までφ ★ 2024/02/01(木) 19:04:27.67
2024年1月31日 22時27分

中国政府は、国の象徴である「国の花」について、最も有力とされてきた「ぼたん」の選定を、ことしも見送り、選定に向けた検討開始から30年がたっても決まらない状態となっています。

「国の花」の選定をめぐって、中国政府は30年前の1994年に行った全国調査をもとに、中国原産で古くから親しまれている「ぼたん」を軸に検討を進めてきました。
しかし、選定を担当する国家林業草原局は30日、「依然として意見の隔たりは大きく、機が熟していない」として、検討開始から30年となることしも、決定を見送ったと明らかにしました。

中国の国の花をめぐっては、政府系の団体が2019年に行った調査で、8割近くの人が「ぼたん」を支持した一方、政府のこれまでの検討では、「梅」のほか、「らん」や「はす」などを挙げる意見も出ていました。

ただ、「ぼたん」は、中国では高級な花というイメージがあり、SNSでも「とても高価で中国人を広く代表できない」といった意見が出ていました。

また、「梅」は、中国大陸を国民党が支配した時代に国の花とされていましたが、その後の内戦で、国民党は共産党に敗れて台湾に逃れました。

中国政府としては、貧富の格差への不満や台湾など、複雑な事情が絡む中で、判断に慎重になっている可能性があり、国の花をめぐる論争はしばらく続きそうです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240131/k10014342321000.html

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(みょ) [SE] 2024/02/20(火) 13:49:31.72 BE:595582602-2BP(3745)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_shii03.gif
SF分野の権威ある「ヒューゴー賞」の審査委員会が中国で問題になりかねない作家を最終選考から除外していたことが判明
https://gigazine.net/news/20240220-hugo-awards-censorship-exclusion-china/

最終選考作から漏れた作品にはR・F・クァン氏の「Babel, or the Necessity of Violence(バベル、あるいは暴力の必要性)」や、Netflixオリジナルドラマ「サンドマン」の原作者であるニール・ゲイマン氏、シーラン・ジェイ・ジャオ氏の「鋼鉄紅女」などが含まれます。これらの作品は中国と関連していたり、作家自身が過去に中国を批判していたりしたため、「ヒューゴー賞の審査プロセスにおいて中国当局に配慮がなされたのではないか」という疑惑が生じていました。


そして2月14日、ジャーナリストでもあるSF作家のクリス・バークリー氏とジェイソン・サンフォード氏の報告書で、2023年のヒューゴー賞審査委員会が「中国当局に不快感を与える可能性がある」として、一部の作品を検閲したことを示すメールがリークされました。

2023年のヒューゴー賞審査委員長だったデイヴ・マッカーティ氏は6月5日付のメールで、「今回は中国で開催されるため、私たちを取り巻く『法律』が異なります」「作品の中で政治的な性質に敏感なものを示す必要があります。すべてを読む必要はありませんが、もし作品が中国・台湾・チベット・その他中国国内で問題になりそうなトピックに焦点を当てているのであればそれを示し、投票用紙に載せても安全か、あるいは法律による行政的な判断が必要かを判断できるようにしなくてはなりません」と述べ、中国当局に目を付けられそうな作品を除外することを示唆していました。

続きを読む

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [KR] 2024/02/18(日) 16:00:04.63 BE:422186189-PLT(12015)
報道によれば、中国の主要な情報機関である国家安全省は最近、中国経済や市場の見通しに関して批判的な見解を広める者を見張っていると明らかにした。
「虚偽の言説」によって「中国経済をおとしめる」言動をするな、という背筋の寒くなるような警告は、アダム・スミスに始まる近代経済理論とはかけ離れた毛沢東的な発想だ。

そしてこれは、中国の影響力が高まるなかで非常に厄介な問題を引き起こしている。

国家安全省は「経済宣伝と世論誘導を強化する」と公言した。だが、本当に気がかりな問題は、具体的にどのような行為が取り締まりの対象になるのかという、発表文の「行間」に隠された部分だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8f5f3ec330fd80ebef58f21bcbabf8a2599f0eb0

続きを読む

↑このページのトップヘ