中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

1: 動物園φ ★ 2023/02/06(月) 17:18:34.48
TBSテレビ
2023年2月6日(月) 14:31

アメリカ上空で中国の気球が撃墜されたことについて、中国共産党系メディアは専門家のコメントを引用する形で「中国側は賠償を主張していい」などと伝えました。

アメリカ政府は4日、サウスカロライナ州の沖合でアメリカ軍の戦闘機が中国の気球を撃墜したと発表しましたが、これについて中国メディアも6日の紙面で大きく伝えています。

「環球時報」は専門家のコメントを引用する形で「民間の気球で、危険性がないものと知らされたにも関わらず、武力を行使したことは明らかに限度を超えている。中国側は賠償を主張していい」などと伝えました。

中国外務省は「明らかに過剰な反応だ」として強く反発していて、北京にあるアメリカ大使館に厳正な申し入れを行ったことも明らかにしています。

https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/313865?display=1

続きを読む

1: 蚤の市 ★ 2023/02/05(日) 08:02:48.96
 【ワシントン共同】米軍は4日、米本土上空を飛行していた中国の偵察気球を東海岸沖で撃墜した。回収を試みる。米主要メディアが報じた。撃墜に先立ち、バイデン大統領は記者団に「対処する」と話していた。

 米政権は偵察気球の飛行に反発し「主権侵害だ」と非難。ブリンケン国務長官の初訪中延期を3日に決めた。

 気球は米本土を西部から横断する形で東に向けて飛行。米軍は当初も撃墜を検討したが、落下する破片で地上に被害が及ぶのを懸念していったん見送っていた。

 中国外務省報道官は3日夜、自国の民生の気象研究用だと認め「不可抗力により米国に迷い込んだことを遺憾に思う」と表明した。

共同通信 2023/02/05 05:30 (JST)
https://nordot.app/994697573589712896
★1 2023/02/05(日) 05:36:12.76
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1675542972/

続きを読む

1: プロピオニバクテリウム(東京都) [SK] 2023/02/03(金) 18:16:01.40 BE:902666507-2BP(1500)
sssp://img.5ch.net/ico/samekimusume32.gif
はるか上空に浮かぶ、白い球体。

月にも似たこの謎の物体をめぐり、2つの大国が応酬を繰り広げる事態になっている。

2月1日にアメリカ北西部のモンタナ州上空で撮影された映像。

この映像には、月も収められていて、この球体が月とは別のところにあることがわかる。

さらによく見ると、この球体には、ソーラーパネルのような装置が付いていた。

この謎の物体について、アメリカ国防総省の報道官は驚きの見解を示した。

米国防総省・ライダー報道官「アメリカ政府は現在、本土上空にある“高高度偵察気球”を発見し、追跡している」

これは、スパイバルーン。
つまり偵察用の気球だという。

さらに驚くことに、国防総省の高官は、「このスパイバルーンが、中国のものであると確信している」と断言したのだ。

アメリカ政府関係者などの話を総合すると、このスパイバルーンは、中国からアリューシャン列島そして、カナダ上空を飛行して、モンタナ州に到達したという。

モンタナ州には、重要な軍事施設などがあり、国防総省も、「スパイバルーンが数日前から、機密性の高い地域を飛行している」としている。

アメリカ国防総省は、このスパイバルーンが中国のものであるとする根拠については、明言していない。

一方で、バルーンが現れたモンタナ州の議員は、「撃ち落とせ」と怒りのツイートを発信した。

スパイバルーンの出どころとされる中国。
SNSでは「(アメリカの)自作自演でしょ」、「根拠がないのに無理やりでっちあげるのか」、「日本人がやったのでは?」などという声が上がっていた。

そして、日本時間3日午後、中国外務省の毛寧報道官は、「事実関係を確認中。推測やいたずらに騒ぎ立てることは、問題解決のためにならない。中国は責任ある国家なので、他国の領土・領空の侵犯をするつもりはない。双方が冷静に、慎重に、問題を処理することを望む」と反応した。

アメリカを見下ろす、このスパイバルーン問題。
米中間に新たな緊張をもたらしそう。

https://www.fnn.jp/articles/-/480908
no title

no title

続きを読む

↑このページのトップヘ