中国 ~100年遅れの帝国主義~ まとめ

侵略国家チャイナの愚かな野望を糾弾するためのまとめブログ

1: ゆりも(東京都) [CN] 2019/06/23(日) 16:17:37.80 ● BE:448218991-PLT(14145)
sssp://img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif
【ハノイ=田中洋一郎】カンボジア南部の港湾都市シアヌークビルで22日未明、中国企業が建設中の
7階建てビルが崩落する事故があった。がれきの下敷きになるなどして少なくともカンボジア人作業員
18人が死亡、24人が負傷した。死傷者はさらに増える可能性がある。地元当局は、工事を
監督していた中国人ら4人を拘束し、原因を調べている。

 シアヌークビルはビーチリゾートとして知られる。近年は中国人観光客が急増するのに伴い、
中国企業が相次いでカジノやホテルの開発を進めており、事故現場のビルもホテル用とみられる。
https://www.yomiuri.co.jp/world/20190623-OYT1T50110/

続きを読む

1: ばーど ★ 2019/06/24(月) 09:48:06.67
[23日 ロイター] - 米宅配大手フェデックス<FDX.N>は23日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)による米国宛ての荷物を「業務上のミス」で配達しなかったと発表した。

フェデックスは5月下旬、ファーウェイ宛ての小包を間違った宛先に送ったため、中国政府から問題視されている。今回またファーウェイ絡みの誤配送が起きたことで、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報はツイッターで、同社は中国が「信頼できない」とみなす企業のリストに加えられる公算が大きいとの見方を示した。

フェデックスはロイターに電子メールで「問題の荷物は手違いで送り主の元に戻された。われわれは業務上のミスをおわびする」と述べた。同社の広報担当者も、この荷物が米国宛てだったと認めたものの、中身は明らかにしていない。

中国は、自国企業の利益を損なっている「信頼できない」外国の企業や団体、個人をまとめたリストを近く公表する方針だ。

2019年6月24日 8時41分
ロイター
https://news.livedoor.com/article/detail/16667413/
no title

続きを読む

1: りんかる(東京都) [CN] 2019/06/24(月) 12:09:06.15 ● BE:448218991-PLT(14145)
K10011966181_1906240838_1906240843_01_02

アメリカと中国によるハイテク分野をめぐる争いが激しさを増す中、アメリカのエネルギー省は、
中国政府による海外の研究者を招致するプログラムでアメリカの最新技術が流出するおそれが
あるとしてこのプログラムへの参加を禁止しました。

アメリカのエネルギー省が参加を禁じたのは、中国政府が、高度な専門知識を持つ海外の
研究者を対象に講演などで一時的に招いたり中国に移り住んでもらったりする「千人計画」などと
呼ばれるプログラムです。

エネルギー省によりますと、省内の複数の研究者が「千人計画」に関わって中国から資金を
得ていたことが判明したということで、アメリカの最新技術が流出するおそれがあることから、
参加を禁止したということです。

アメリカ政府内では、先月、ロスアラモス研究所の科学者が「千人計画」への参加をめぐって
アメリカのFBI=連邦捜査局に対して虚偽の証言を行った疑いで逮捕されています。

また、去年は、アメリカの海洋大気局に勤めながら中国の大学でも教えていた中国系アメリカ人の
研究者が「千人計画」を通して米中両政府から二重に給与を受け取っていた罪で有罪と
なっています。

アメリカ政府は中国政府が最新の技術を得るためアメリカの研究者をねらって「千人計画」による
好待遇をもちかけていると警戒していて、FBIは、違法性がないか捜査を強化しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190624/k10011966181000.html

続きを読む

↑このページのトップヘ